スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←遠鳴りのする音とは? →我が楽団のフルート談義
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

クリスマスコンサート終了!

 ←遠鳴りのする音とは? →我が楽団のフルート談義
去る12月13日(日)に私の所属する埼玉県草加中央吹奏楽団のクリスマスコンサートがありました。普段練習している中央公民館のホールでの演奏会です。そんなに収容人数の多いホールではないのですが、大勢の立ち見のお客さんが出て、公民館の館長さんがアセってました。

私は入院手術のため、練習に参加できず客席から鑑賞と相成りました。こんなにたくさんのお客さんの前でやりたかったなあ。ザンネン…。

プログラムは、今の時期を意識した選曲で、聞いていて楽しいものでした。オープニングは今年のNHK大河ドラマのテーマ曲「天地人」からスタートしました。大河ドラマのテーマ曲が知られているのって、その年限りのことが多いので、タイムリーでした。続いて酒井格の「大晦日」。読んで字のごとく、まさしくタイムリーヒット!「もぉ~い~くつ寝ると~お正月~」というメロディーが入ってますので、このメロディーを聞くだけでもなんとなく楽しいですね。最後はリードの「第1組曲」から第3楽章と第4楽章です。第3楽章はラグタイムというアメリカのジャズの前身になった音楽です。第4楽章は「ギャロップ」で非常に元気のいい曲ですが、どちらも古き良きアメリカをイメージできる曲です。まあディズニーランドに行ってウェスタンランドに行ったと思えばいいでしょう。

第2部は、なぜかドリフターズの全員集合を劇付きでやりました。みんな役者やのぉ~。第3部はテレビアニメの「クレヨンしんちゃん」と「ちびまるこ」後はお約束のクリスマスソングでした。

なんかみなさん、すごく上手になったような気がしました。特に第1組曲は私が指揮する予定で練習の指揮をしていた頃と比べると格段の進歩です。スバラシイ(ぱちぱちぱち)。フルートのソロがいくつかあったのですが、ばっちりでした。もっとも後で、「たかさんがいないから、ソロが全部回ってきて大変だったわよー」と言われてしまいました。ごめんなさ~い。

団の次の目標は2月の埼玉県東部地区の演奏会です。それに向けて頑張りますのでよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【遠鳴りのする音とは?】へ
  • 【我が楽団のフルート談義】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。