スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←吹奏楽ってバンドによってピッチが違う? →音楽がキライになるのは指導者のせい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

フルートでピアニシモを出すには…

 ←吹奏楽ってバンドによってピッチが違う? →音楽がキライになるのは指導者のせい
 以前の記事で、フルートの鳴らすポイントをつかむには弱い息を入れて鳴るポイントをつかむのが大事と書きました。同じ息の入れ方をしても一段と鳴るスィートスポットがあるとも書きました。「ではそのスィートスポットで鳴る音よりももっと小さい音を出したい時はどうすればいいのか」というご質問をいただきました。

 さて、これには困りました。答えは「さらに息を絞る」なんですが、これを不用意にやると体に力が入ってしまい、かえっておかしくなります。アンブシュアに力が入るとロクなことがありません。ピッコロも同様です。ffだろうがppだろうが、「軽く軽く」が大事だと私は思っています。どうやって「息を絞る」のかということですが、アパチュア(上唇と下唇のすきまの息の通る部分)の大きさと歌口のエッジとの距離とが大きく関係してきます。詳しいことをお知りになりたい方はこちら

 アパチュアが歌口よりも横に大きければ無駄な息が増えるわけですし、タテに大きいのも同様です。しかもタテに大きいのはエッジに当たる確率が増えますので、音が出やすいのです。息は持ちませんが…。それとアパチュアと歌口とのエッジの距離が遠すぎる人も多いのです。これだと歌口への息のコントロールが思うようにできなかったりします。大して弱い息でもないのに、弱い息しか歌口に当たらなかったりするわけです。息を効率よく使って、さらに息を絞るには、①アパチュアを狭くする。②※アパチュアと歌口のエッジの距離を近くする。ということが必要になると私は考えます。これが出来るとすごく弱い息でも最高音のCまで出せます(つい最近も実験してみました)。その代わり息の当たるポイントと量が安定していないと、すぐ音がかすれて出なくなってしまいます。

 ※記述に間違いがありましたので訂正させていただきました。申し訳ありません。

 さきほども述べましたが、これは弊害も大きいので信頼できる指導者にみてもらいながら練習する必要があります。でも普通はこんな極めて小さい音を使う事はあまりないですから、弱い息を当てて音が出れば十分だと思います。それよりも先にやらなくてはいけないのが、正しいアンブシュアを作れるようにすることです。興味深いブログ記事があります。ストローを使った練習方法です。こちらこちらです。これに関して、ブログ仲間のSonoreさんが、注意点をまとめてくださいました。そのまま転載させていただきます。


ストローを軽く潰したサイズは、アパチュアがどのような大きさと形状であるかを確認するにはちょうど良いと思います。ただし、ストロー無しでその形状とサイズを自前唇のみで実現させるヒントとならないことも考えられます。ストローを唇で潰すときの注意点として、

1. ストローが触れていない部分は空気が漏れないために上下の唇は「しっかり、ただし軽く」合わされていること。ストローが触れてアパチュアを形成する部分の唇は、脱力状態だと細かいシワが存在するので、口紅を塗るときのようにごく軽く左右に引いてシワ延ばしをする。

2. ストローが唇に触れている部分の周囲だけをコントロールしてストローを潰すこと。これは軽い力で行われるべきで、その潰し加減も弱く潰す~やや強く潰すまでコントロールできるように。

3. これらを行う時に、上下の歯は指をくわえられるくらいの間隔を保っていること。

などが考えられます。ストロー使用の問題点ですが、ストローをくわえている場合、アパチュア形成に絶対不可欠な要素「アパチュア部分の唇粘膜で空気の流れをキャッチしながらアパチュアをコントロールする」ことを確認できないことです。


 私が大病を患って、体がマヒしてフルートが全く吹けない状態になった時、リハビリの一環としてこのストローを使っての練習をしました。注意点に気をつけながらやれば、効果はあると思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

スウィートスポットをつかんだ時にどんな唇の状態、アパチュアだったか?を見定める必要がありますね。


それとppを出そうとしているのがどの音域か?によっても条件に違いがあります。
低音域(其音域)でしたら「弱い息」でも楽々ppが出せますが、中音域、高音域(倍音域)ですと低音域のようにはゆかない要素があります。低音域に対して中、高音域は息のスピードは高くなければなりませんが、これを息の絶対量を増やすことで対応している吹き方ですと、確実に大きな音になってしまいます。

ppと言っても、様々なシーンがありその表現方法は1通りとは限りませんが、それはもっとレベルアップしたときのこととして、一般論的に考えれば、

①アパチュアを狭くする。

これは、必要かと思います。もちろん広いアパチュアのppも可能ですし、必要な場面もあります。
ただし、mf、mpが「緊張していない唇の状態」で出ていなければなりません。これらがすでに緊張が高い状態ですと、それいじょう緊張を増加させてしまっては、音が死んでしまいます。

②歌口とエッジの距離を近くする。

僕の場合ですが30年この方やったことがありません。

その理由は、距離を詰めればピッチの低下が起きてppとして音量以外の大事な要素が壊れてしまい、音楽的に使い物にならないと考えるからです。また、エッジ部分の壁と息の角度を全く変えずに距離を狭くする方法がわかりません。距離を狭くする動作で、他の要素も変化すると考えられます。それは僕的には音量増加、そして音のフォーカスがより絞られる方向と考えられます。僕はダイナミックスを変化させる方法の一つの要素として、エッジ部分とアパチュアの距離を「狭くする=ff方向」「広くする=pp方向」というコントロールを使っていて、これと間逆の発想になってしまいます。

また、スウィートポイントを掴んだと思った時の、エッジとの距離がどのあたりなのか?が、この話題にとって重要だと思います。そこから押しても、引いてもきちんと発音可能な位置であればいいのですが、それ以上引いたら音にならない位置だったり、それ以上押すことは不可能なほど狭い距離であっては、コントロール幅がありません。

「はやぶさ」のイトカワからの帰還が大きな話題になりましたが、宇宙空間から地球の大気圏に突入して燃え尽きずに帰還するための「突入角度」ってありますよね?
角度が深すぎると大気との摩擦で燃え尽きてしまい、角度が浅すぎると大気にはじかれて地球に戻れないそうですね。
僕はppを演奏するときのイメージはその大気にはじかれないぎりぎりの角度あたりと感じています。

こんにちは[e:44] 

いつも質問ばかりですいません

ピッコロで音量やピッチを変えたい時に楽器を口に押し付けるやり方があると聞いたんですが、それはどうなんですかぁ

NoTitle 

ケーナの3オクターブ(場合によっては2オクターブの上の方も)は、爆音系の音量でしか音が出せません。だから、フルートの3オクターブは、ケーナに比べると随分弱い息で、小さい音が出せるなと思います。
もちろん、3オクターブといっても音によって違いますが。レは本当に小さな音が出せますね。私は、フルートでは2オクターブの上の方より3オクターブのレの方がよほど安定的に小さな音が出せます。ソから上は、やはりどうしても音量を上げないと音が出ない傾向があるように思います。

Re: こんにちは 

よっちゃんさん

> いつも質問ばかりですいません

そんなことありませんよ。いつも核心をついた「率直な」質問なので大歓迎です。

さて、ご質問の件ですがアパチュアとエッジの距離とも関係していますので、詳しくはあとで記事に書こうと思います。結論だけ先に言いますと、間違いではないと私は思います。試してみたらいかがですか。気をつけて欲しいのは、力を入れ過ぎないことです。

Re: NoTitle 

inti-solさん

音量や音程のコントロールは横笛の方がやりやすいかもしれませんが、高音域のpは相当な技術がないとできません。ちなみに低音域のfも同様です。以前に何かで書きましたが、あのカラヤンは、ベルリンフィルのフルートのオーディションで高音域のpと低音域のfを吹かせるそうですから、表現力をつける上では必須なのでしょう。

あの高木綾子さんは、リサイタルで第4オクターブのDをppで吹いたそうですから、それはもう驚異的です。私はCまでだったらppを出せるんですが、本番だとどうだかわかりません。Dは爆音だったら本番で出したことがあります。耳が痛くなりました。(笑)

Re: NoTitle 

Sonoreさん

まず②の記述に間違いがありました。すみません。②はアパチュアと歌口のエッジの距離を近くする。でした。もちろんそのようにご解釈いただいたことに感謝しております。

さて、この部分なんですが、音が出なくなるくらい、もしくはピッチが下がり過ぎてどうしようもなくなるくらい近づけたりするのは、やり過ぎでしょう。でもゴールウェイはびっくりするくらい近いです。よくあれで吹けるなあと思っています。この方法は日本人の体格と口の形だと難しいかなと思ってはいます。

ただ、本文でもちょっと述べましたが、多くのアマチュアフルーティスト(日本人)は「外吹き」で、アパチュアとエッジの距離が遠すぎる人が多いと思います。「外吹き」は音量が出てピッチが上がるので、頭部管をかなり抜かないとピッチの合わない人には、この方法は試してみる価値があると思いますよ。近づけるといってもコンマ何ミリの単位ですので、あとは感覚だけが頼りでしょう。

どのように近づけるかですが、本文中に写真入りで解説されているHPにリンクを張りました。あまり難しいことをあれもこれも説明すると、結局訳がわからなくなってしまうと思いますので、まずはこの二つのポイントを確かめたらどうかと私は考えました。ちなみに「外吹き」だと高音域のEとFisのpが出にくいというのが私の感想です。


NoTitle 

ますは、つい、いきなり多くを書きすぎたことをお詫びいたします。
たかさんが展開しようとされた、この件に対してより多くの方々が議論したり考察したりする腰を折るような行為にとられなかったかと、心配しております。

「アパチュアと歌口のエッジの距離を近くする」ということに関して、たかさんの文章をひょっとしたら読み違えていたかもしれません。

アパチュアと歌口エッジの距離がより「近く」になる奏法にする(変更する)。

という意味でしたら、大きな異論はありません。基本が「遠め」過ぎる奏者はppをどうやって実現するかで苦労している人が多いと感じます。
エッジに近いアパチュアは、息のスピードが最速のうちに、また拡散してしまう前にエッジや壁に息を届けることが出来ます。中音域のオクターブは「遠い」場合より、はるかに楽に出せるようになるはずです。たかさんが指摘されたE、F#なども同様です。

この利点を活かすためには、歌口穴を塞ぎすぎずに、いかに近づくか? という問題をクリアーしてゆく必要はありますが。

Re: NoTitle 

Sonoreさん

いえいえ、私の方こそ分かりにくい文章だったと反省しております。アップする前に結構推敲をしていたつもりなんですけど、難しいものですね。Sonoreさんのようにお詳しい方からコメントをいただいて、気付いた次第です。感謝しております。朝早くにコメントをいただいて、レスが夜遅くになってしまいました。今日一日の仕事を終えた後、楽団の練習を夜九時過ぎまでやっていたものですから…。今どきの若い者と違って、携帯でまとまった文章を打つのが苦手で。(笑)

NoTitle 

いつもご教示をありがとございます。どこまで理解できたかはさておき、とても参考になりました。エッジとの距離は多少意識しているつもりですが、距離の大小でピッチを変えるというのは感じたことはありませんでした。相手が形のないエアリードなだけに可変要素が多く、しかもそれが微妙としかいいようのない加減の問題なのでわかりにくいのかと思います。ストローは、はじめた頃、確か佼成ウィンドのメンバーの方のQ&Aで、成功体験をさせるための方法として紹介されていました。当時は(?)、スカスカでしたので、「ほうほう、なるほど。楽器が壊れているわけじゃないんだ」と感心したのを覚えています。息のコントロールに、より敏感になるよう練習したいと思います。疑問をとりあげていただいてありがとうございました。

Re: NoTitle 

gou56さん

こちらこそ、いつも拙ブログをご覧いただいてありがとうございます。

エッジとの距離は個人個人の唇の形とも関係して来ますので、なかなか難しいです。近づけたらピッチが下がるという人も勿論いらっしゃいますが、私がこの間、先生から教えたもらった近づけ方だと、ピッチは下がりませんでした。基本的にはエッジとの距離の近い方が、さらに弱くて小さい息を当てやすいと私は思います。あとは試行錯誤を繰り返して自分のものを見つける以外ないかもしれませんね。それから「唇とエッジとの距離」については、後日稿を改めて書きたいと思っています。どこまでご参考になるかわかりませんが…。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【吹奏楽ってバンドによってピッチが違う?】へ
  • 【音楽がキライになるのは指導者のせい】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。