スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←一年半ぶりにパールフルートギャラリーで試奏しました →吹奏楽コンクールの指揮者は誰でもOKは変!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

アルトフルートで「ア二ー・ローリー」を吹きました

 ←一年半ぶりにパールフルートギャラリーで試奏しました →吹奏楽コンクールの指揮者は誰でもOKは変!
 2/19に買ったアキヤマのアルトフルート頭部管を、翌日、じっくりと吹いてみました。試奏の時に感じたように、なかなか密度の濃い音です。この頭部管は巻き管なのですが、機械で巻いてハンダ付けしたものと違い、全て秋山さんの手作り「手巻き」だそうです。たとえれば、日本刀のように鍛えられた頭部管と言えるでしょう。素材の金属にどんな加工をするかによって、金属の組成が変わってくるというのは科学的にも証明されています。

 下手な加工をすれば金属にストレスをかけるだけですが、金属を鍛えることもできるわけです。頭部管の場合は「擦り」の作業がすごく大事なようで、これで「音」の良し悪しが決まると言っても過言ではないと思います。「吹く」だけでは金属の組成に影響がないように思われる向きもあるかもしれませんが、「雨だれ石を穿つ」のことわざもあるように、長年吹いてきたフルートの金属はやはり変化します。吹くことで管を振動させるわけですし、吹き終わった後で管を拭いたりするのは、長い目で見れば「擦り」の作業と似たようなものですから。ちなみに私、自分のピッコロにも同じような念をかけて吹いていますし、拭き終わった後、自分の指で管を撫でています。木に艶が出て来て音にも変化が出て来たと自分では思っています(笑)。

 さて、頭部管を買った翌日、じっくりと吹きました。ファーストコンタクトではこの頭部管の力を全て出すことは難しいと思いましたが、せっかくなので、録音をしてみました。もちろん自分の研究のためでもあります。同じ日に買ったTHE FLUTE別冊の「First Meeting with The Favorite Songs」の中から、「アニー・ローリー」を吹いてみました。
im.jpg
 こちらです。→アニー・ローリーbyアルトフルート

 この曲集は当然のことながら、グランドフルートのために作られています。楽譜はinCですし、ピアノ伴奏もフルート用にアレンジされていて、音域の低いアルトフルートだと伴奏のかげに隠れてしまうような気がしました。実際に私が吹いた時は、自分の音よりもアンプから出る伴奏の音が大きく聞こえました。録音されたものを聞くとそれほどではないので、「そば鳴り」はしない頭部管なのでしょう。(アンプの音量は下げてません)

 収録された曲の中から、アルトフルートの音がわかりやすい曲として選んだのが、「ア二―・ローリー」です。ワンコーラスを低音域で吹いて、ツ―コーラス目を1オクターブ上げて吹くと、最低音のド(実音G)から、第3オクターブのミ(実音H)までの音を使います。この頭部管に完全に慣れているわけではないのですが、前の頭部管から比べると、低音域の倍音が非常に豊富で、高音域の音色も豊かになっています(当社比)。

 音楽表現が物足りないのはご容赦ください。慣れてくればもっと表現が付けられると思うんですけど、音量や音色を重視すると音程が外れてしまったり、なかなか難しいです。もっと修行が必要だと思いました。アルトフルート自体の設計も伝統的なスケール設計かもしれません。パールだけじゃなくて、他メーカーのアルトフルートに着けたらどんな音がするのか興味が出て来ました。機会があったら、ムラマツやサンキョウのアルトフルートに挿して、吹いてみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

アルト・フルートの音色、良いですねえ。私も欲しくなってしまいます。多分、アルトフルートの音ならピッコロと違って近所迷惑にならないし。でも、使う機会が・・・・・・。
アルトフルートも、普通のフルートと同様3オクターブ全部出るんでしょうか。

Re: NoTitle 

inti-solさん

アルトフルートは甘い音も渋い音も出せますから、表現力はあります。使う機会がなかなか無いですよねえ。フルートよりは大きいし…。

> アルトフルートも、普通のフルートと同様3オクターブ全部出るんでしょうか。

私のアルトはパールの一番安いものですが、3オクターブ出ますよ。大丈夫です。

NoTitle 

>3オクターブ出ますよ。大丈夫です。

そうですか。フルートの場合はアルトフルートも音域の広さは変わらないんですね。
実は、ケナーチョ(低音用ケーナ)の場合は、ケーナより音域が狭いのです。3オクターブ目は1音しか出ません(最低音がレならミまで)。私の吹き方では、ですけれどね。
アルトフルートにしてもケナーチョにしても、低音の魅力、というのはありますねえ。

Re: NoTitle 

inti-solさん

アルトフルートやバスフルートは、ものによっては低音重視で高音域が犠牲になっているものもあります。(一応は出るんですけど…)最近のものはずいぶんよくなったと思います。アルトフルートはフルートよりは音域が低いんですけど、実はヴァイオリンと変わらないのです。でもヴァイオリンより音が低く感じます。不思議…。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【一年半ぶりにパールフルートギャラリーで試奏しました】へ
  • 【吹奏楽コンクールの指揮者は誰でもOKは変!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。