スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アルトフルートの頭部管を買っちゃいました! →アルトフルートで「ア二ー・ローリー」を吹きました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・本体

一年半ぶりにパールフルートギャラリーで試奏しました

 ←アルトフルートの頭部管を買っちゃいました! →アルトフルートで「ア二ー・ローリー」を吹きました
 昨日の記事の続きですが、調整に出したアルトフルートを取りにギャラリーに行ったついでに頭部管の試奏をしてきました。セカンドフルートになっているアルタスに、マエスタと同じForte頭部管をつけてマエスタと交互に吹きたいというのが目的です。やっぱり20年吹き続けたアルタスにも愛着がありますからね。

 応対していただいたエプロンおじさんに、いろいろと伺いながら試奏しました。まずはマエスタの限定モデル(Ag970ドローントーンホール)にライザー銀と金のVivaceを着けて吹かせてもらいました。パールの頭部管の正統派はPHN-1だと私は思ってます(今は標準ではなくなりました)が、PHN-1だと音色は良くても、鳴らしにくいんですよね。

 Vivaceは、パールご自慢の頭部管です。ライザー銀のVivaceはそんなにパワーがなくても十分に鳴るように作られていると改めて感じました。PHN-1で音量不足に悩んでいたり、立ち上がりをはっきりさせたいと思っている人には、良い頭部管だと思います。これがライザー金だとオーバーブローになる限界が上がる感じです。今は限定モデルがライザー金のVivaceですから、ライザー銀のVivaceと吹き比べられるはずです。どちらがいいかは人によって違うと思います。銀のvivaceの方が鳴る人、どちらでも変わらなかった人なら、銀ライザーのVivaceがいいと思います。金ライザーの方が鳴ると思ったら、ちょっと高くても金ライザーの方がいいでしょう。頭部管の交換を検討なさっている人は、試してみるといいと思います。

 VivaceはForteほどは鳴りませんが、Forteほど難しくはなく、PHN-1よりは音量が出やすいという印象です。絶妙なバランスですね。パールのエプロンおじさんが言うには、Forteは体がでかくて体力のある外国人向けなので、体力のある日本人でないと難しい頭部管だそうです。うーむ、そうですか…。

 残念ながら私が持参したアルタスにパールの頭部管は太すぎて入りませんでした。そこで限定モデルにAg970のForteを挿して試奏してみました。最初は鳴らすポイントが掴めなかったものの、すぐに鳴るようになりました。「ああ、Forteの音だ」と思わずうなってしまいました。私のマエスタと良く似た音が出ました。でも正直言いますと、私のForteと比べると試奏したForteは最高馬力にちょっと劣るかなと思いました。その差が金メッキによるものなのかはわかりません。一昨年に試奏した時にはPHN-1の銀と金メッキで、はっきり馬力が違いましたから、もしかしたら金メッキの効用かもしれません。

 エプロンおじさんが言うには、Forteには「個体差」が結構あるそうで、私のForteは「当たり」だそうです。試奏したForteを最初から鳴らすことが出来なかったのは、私のとクセが違うからでしょう。次の日に私のマエスタを吹いたら、この日試奏したフルートよりも良く鳴っていました。「慣れ」の問題も大きいと思うのですが、自分と相性の合ったフルートにめぐり会うと、他のフルートを買わなくてもすみますね。これが一番安上がりだったりして(笑)

 「私のForteと同じ性格の頭部管にめぐり会ったら、買います」とエプロンおじさんには言いました。エプロンおじさんは、「アルタスは管厚が0.38mmでしょう。パールは0.4mmだから、そこがどうかなあ」と言いました。ううむ、鋭い。それも気になってたんですよね。「0.02mmだったら調整できるよ。0.01mmだときついけど」「ほんとですか!ありがとうございます。じゃその時が来たらお願いします」

 比較のために、アルタスをオリジナルの頭部管で吹いてみましたが、アルタスはアルタスで良い音でした。頭部管を変えたらアルタスっぽい音はしなくなるんだろうなと思いました。パールとは全然クセが違うので、両方を一緒に吹いていくことは難しそうです。まあもう少し考えようと思ってギャラリーを出ました。

 山野楽器で試奏したアキヤマのアルトフルートの頭部管(銀製・巻き管)は、パールの頭部管(洋銀製リップ銀)とは全然音が違いました。ちょうどヤマハ281の洋銀オリジナル頭部管と銀製のサンキョウ頭部管の音の違いくらいありました。281にサンキョウの頭部管だと、頭部管がパワフル過ぎて音が暴れ気味でしたが、パールのアルトは大丈夫そうです。音程・音色の面ではアキヤマの方が圧倒的に勝れていました。音量の面について言うと、アキヤマの方が鳴らしにくいのですが、密度の濃い音なのでホールではこちらの方が響くだろうと思いました。それで思わず買ってしまったのですが、これでフルートの頭部管はしばらくお預けだなあ。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アルトフルートの頭部管を買っちゃいました!】へ
  • 【アルトフルートで「ア二ー・ローリー」を吹きました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。