スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←金の音、銀の音 →新・フルートを持って街に出る時は…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

新・金管楽器の銀メッキ

 ←金の音、銀の音 →新・フルートを持って街に出る時は…
前回の記事で、金メッキの効用について述べましたが、銀メッキは音色にどういう影響を及ぼすのか考察してみました。お断りしておきますが、これはもちろん、私の個人的な感覚です。

 洋銀のフルートに銀メッキを施すと銀のフルートの音と表現力に近くなると思います。これは一昔前のヤマハYFL211の銀メッキありと銀メッキなしのフルートを吹いて見た感想です。銀のフルートに銀メッキを施しても音色が変わると思います。詳しいことはわかりませんが、メッキする銀と管本体の銀の成分が微妙に違うのではないかと思われます。以前に述べたことですが、クラリネットはリガチャー(リードを固定する金具)にどういうメッキをかけるかで音色が違ってきます。メッキは管楽器の音色にかなりの変化を与えるということですね。 

 それでは金管楽器の方はどうでしょうか? 金管楽器はブラス(真鍮)で出来ています。ブラスで出来ているサックスも同じです。このブラスは何のコーティングもされていないと、すぐに変色してしまいます。そこで管の表面をラッカーを焼き付けてコーティングすることが一般的です。このラッカーのコーティングも音に影響を与えると思います。最近の楽器は進歩していて、ほとんど悪い影響は感じられないのですが、昔のラッカー仕上げの楽器は音色にいい影響を与えなかったと思います。金属の響きを邪魔する感じでした。それを嫌った人はわざわざラッカーを剥がしたり(私もトランペットを吹いている時にやりました)、ノーラッカーの楽器をオーダーしたりしてました。

今は、ノーラッカーの楽器をラインアップしているのは、私の知る限りでは、ホルトンのホルンくらいだと思います。(ヤマハでもノーラッカーをオーダーできるそうです)そのホルトンのホルンをラッカー仕上げの楽器とノーラッカーの楽器で吹き比べてもらったことがあります。(奏者はプロの方です)比べてみると、ノーラッカーの楽器の方が素直に鳴ってました。決してラッカー仕上げが悪いというわけではありませんが、ホルンはノーラッカーがいいなあ…、なんて素直に思ってしまいました。

 さて、金管楽器に銀メッキをしたらどうでしょう。銀メッキをすると、しない時より鳴らしにくくなると思います。もともとの管体の厚さにメッキの厚さが加わって、管厚が増すわけだから当然だと思うんですが、銀という素材は不思議な素材で、表現力に優れていて遠達性(遠くまで音が届く)もあります。絶対的な音量は少し無くなるが、それを補ってあまりある表現力があると、私は思っています。

 でも、銀メッキの楽器がポピュラーなのは、トランペットとユーホ二ウムくらいで、他の楽器では銀メッキの楽器がラインアップされているものの、吹いている人はあまり見かけません。トロンボーンやホルンはハーモニー楽器です。ラッカーの楽器の中に銀メッキの楽器があっても、セクションとして音をまとめにくいのではないかと思われます。まあ、すごく上手なら何でもいいかもしれませんが…。チューバは、鳴らすのが難しい楽器なので銀メッキ無しが普通です。E♭バスは銀メッキが普通なのですが、多分B♭チューバとの響きとの兼ね合いでしょう。このあたりは専門家に聞いてみたいところです。

 個人的には、ノーラッカーで管厚のある楽器がいいと思っていますが、今はそんな楽器は少ないだろうと思います。今の管厚薄めの楽器だと金属疲労が早くて、耐用年数が短そうです。ブラスで出来た楽器は何となくそういうイメージがあります。ある期間が過ぎると音色や響きが悪くなる感じです。製作技術の進歩で金管楽器は新しい楽器の方が鳴らしやすくなっていますが、そのために管厚が薄くなって耐用年数に影響しているのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【金の音、銀の音】へ
  • 【新・フルートを持って街に出る時は…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。