スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートアンサンブル倶楽部に再び参加しました →音楽は口でやるもんじゃないでしよう…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・本体

頭部管変えようかな…

 ←フルートアンサンブル倶楽部に再び参加しました →音楽は口でやるもんじゃないでしよう…
 1/29の記事で、頭部管について述べたのですが、これは私自身が頭部管を変えてみようかなと思ったことが記事を書こうと思った動機です。メインで使っているマエスタの頭部管を変えるのではなく、サブフルートの頭部管をマエスタと同じ頭部管(Forte)にしようと考えています。

 Forte頭部管は能力が高くて自在に操るにはそれなりのコントロールが必要だと私は思っています。サブフルートを吹いていると、Forte頭部管のマエスタとは違う傾向なので、マエスタに戻った時にちょっと違和感があるのです。全然違うピッコロやアルトフルートからマエスタに変えて吹く時とは違い、微妙な違いなので、却って戸惑うのではないかと考えています。

 この間のアンサンブル倶楽部で、マエスタゴールドを吹いている先生と一緒に吹きました。どんな頭部管を着けているか聞かなかったのですが、鳴り方からすると私と同じForte頭部管ではないかと思っています。低音域の出し方が私とは違っていて、先生の方はびっくりするくらいに鳴ります。一緒に吹いてもらったのが、とても参考になりました。

 後日、その吹き方を試してみました。ちょっと外すと全く鳴らないものの、ツボにはまると今までにないくらいの鳴りです。なんとかして、この音の出し方を自分のものにしたいと思いました。楽団の方ではサブフルートを吹かなければならない時もありますので、その時でもForte頭部管の音の出し方を忘れないようにしたいと考えたわけです。

 問題はサブにしているヤマハとアルタスのどちらの頭部管を変えるかです。ヤマハの洋銀ボディにハンドメイドクラスの頭部管は、ちょっとバランスが悪く音が暴れ気味です(サンキョウFTで経験済み)。それなりにコントロールできれば良い音だと思うんですが、その微妙なコントロールをしなくても済むように、マエスタと同じ頭部管にしたいというズボラな考え(爆)なのです。アルタスも相当コントロールの難しい楽器です。オリジナルの頭部管以外のものを着けて果たして音がどうなるのか、想像もつきません。

 考えていても仕方がないので、実際に試してみようと思います。パールのForte頭部管の銀の含有率が925のものと970のものを、アルタスとヤマハの双方に挿して吹き比べるのも面白いでしょう。違う楽器を同じ吹き方で吹きたいというズボラな考えが果たして通用するでしょうか…笑。(通用するわけないでしょ…by影の声)

 それにしても、先生が使っているのがForte頭部管じゃなかったら、どうしましょう。まあ、いいか。今度のアンサンブル倶楽部で聞いてみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

PSに悩んでいたどん底の頃(笑)、頭部管を替える…と頭をよぎったことがあります。
アルタスはスケールが他のメーカーと違う、と聞いていたので
楽器の知識がほとんどない私にはハードルが高くてあきらめました。

もしもアルタスに差して相性の良い頭部管が見つかったら、教えてくださいね。
イメージ的にはヤマハのほうが他のメーカーとも仲良くやれそうな感じ。
懐が深そうな、「みんなのヤマハ」(笑)

Re: NoTitle 

いつりんさん

私もアルタスメインで吹いていた時、頭部管を変えたらいいんじゃないかと、ずいぶん考えました。(同じですね~)でも変えなかったのは、頭部管を変えたらアルタス独特の音色が無くなってしまうかも、と思ったからです。
でも試してはいないので、今回は試そうと思います。私もヤマハはアルタスの音程に合いそうな気がします。

アルタスに他社製頭部管 

昨年末までアルタスのALを吹いていましたが、ナガハラのグラナディラ製頭部管を入れて吹いていたことがあります。
音色はとてもよかったのですが、音程のバランスが変わってしまって、入れ替えた時に戸惑ったことがあり、しばらくして手放してしまいました。それがなかったらずっと吹き続けていたと思います。また、ムラマツにドイツの頭部管を入れて吹いた時も同じようなことがありました。
音程のバランスは頭部管の絞りに関係が深いのですが、その度合いを測定することが可能ならば、同じタイプの絞り具合のものを選べばよいのですが、各社企業秘密ということもあるでしょうし、簡単なことではありませんね。あとは、ヘッドコルクの位置を調節して最適な音程バランスを取る方法もあるみたいですが、これも難しい方法ですし、確実に結果が得られるわけではないようです。

Re: アルタスに他社製頭部管 

IWARINさん

オリジナルと違う頭部管を着けると、音色や音程の問題が出てきますよね。頭部管の絞りはメーカーによってずいぶん違うのではないかと思っています。ただ、ヤマハやパールのように何種類かのテーパーを持っているところもありますし、その中からボディに合う頭部管を選ぶしかないかなと思います。頭部管専門のメーカーでも、どのボディだったら合うとか合わないとかがあるらしく、試奏して判断できる人でないと頭部管の交換は難しいですよね。

こんにちは 

はじめまして、こんばんは。いつも楽しみに拝見させていただいております。現在所属しているアンサンブルを指導されている先生の影響で、昨年20年以上吹いたムラマツからアルタス1507に乗り換えました。想像以上の違いに戸惑ってばかりなのですが、先生いわく「どうしてもムラマツを吹いていた時のように強く息を吹き込みたかったら頭部管をアリスタにしてみたら良いですよ」とのアドバイスをいただきました。PSを吹いていらっしゃるデニスブリアコフさんも頭部管はアリスタだそうです。貧乏サラリーマンにとっておいそれと買い換えることも難しい金額なのでしばらくは現状の楽器と悪戦苦闘しようと決めてはおりますが、ちょっと気になります。

Re: こんにちは 

くり坊さん

はじめまして!コメントありがとうございます。

私もムラマツでフルートを始めましたから、アルタスに変えた時は、ずいぶんその違いに悩まされました。頭部管を変えようと本気で思ったこともしばしば…。でも買い替えずにアルタスを20年吹き続けました。今では自分の奏法の幅を広げることができたと思っています。

アリスタの頭部管を試奏なさった人によると、かなり良いらしいです。買えるお金が貯まるまでは今の頭部管を吹きこなせるように頑張ってください。きっと自分の奏法の幅が広がりますよ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートアンサンブル倶楽部に再び参加しました】へ
  • 【音楽は口でやるもんじゃないでしよう…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。