スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←頭部管変えようかな… →ピッコロのピッチを取るのは難しいもんだなあ…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

指揮

音楽は口でやるもんじゃないでしよう…

 ←頭部管変えようかな… →ピッコロのピッチを取るのは難しいもんだなあ…
 この記事は私の旧ブログに書いたものです。当時の原文のまま再掲させていただきます。


 表題のセリフは私がスクールバンドの指導をしていた時に、よく口にしていた言葉です。私の指揮の師匠の師匠である故斎藤秀雄先生もレッスンの時に似たことをおっしゃっていたようです。もっとも、もっと激しい言葉だったそうです。「口でこうしろって言ったってよくならねえだろ、バカヤロー、指揮で教えんだ」

 指揮のメソードは「斎藤メソード」だけではなく、むしろ「斎藤メソード」は、技術に偏ったものとして当時は批判もされました。しかし、結果として世界で通用する音楽家が育っていったのです。

 音楽は誰でもが楽しめるものですが、それだけにどんなに優れた演奏でも批判をすることは可能です。ときどき、その批判が当たっていることもあるのですが、評論家だったらまだしも、自分がアマチュアでも演奏家のはしくれだったら、簡単に批判はできないと思います。

 私はある時、このことを教わりました。それまで私はいいたい放題、指揮についてもフルートについても持論を展開していたと思います。まあ、言ってみれば「口だけ」の人間だったわけです。それにたまりかねたある方から、こんなことを言われました。

 「あなたは自分ではできるのですか?私からしたら、あなたが批判している人の方がよほど上手に思いますけど」

 …堪えました。いくら自分の頭の中で演奏している音楽が、素晴らしいものだったとしても、表現できなければ意味がありません。自分が表現した音楽が、その人の実力なのです。プロとして通用している人の音楽から良い所を学ぶ姿勢が、アマチュアとはいえ音楽家のはしくれとして必要なことなんだなあ、と最近忘れかけていたことを、ひしひしと感じています。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

この記事に関してはmixiの方で実に多くのコメントをいただきました。そのコメントに対する私のレスをご参考のために載せておきます。私自身は狭い意味でこの記事を書いたつもりですが、音楽評論などは言葉で表現するわけですし、音楽を創る現場でも言葉は不可欠です。そういった観点からいただいたコメントは非常に有益でした。コメントしてくださった方の内容は私のレスからご想像ください。

「コメントありがとうございます。この記事は私が指揮法レッスンで学んだ「指揮者は口で音楽を表現するのではなく、棒で音楽を表現するんだ」ということを書いたつもりです。今読み返すと書き直したいところもあったのですが、そのまま載せるのもいいかと思いました。」

「広義に解釈すると相当難しい問題になりますよね。
音楽の批評は演奏家に対するリスペクトがあるべきだと私は思っています。それならば厳しい批評も演奏家の力になると思うのですが、一部のアマチュアは演奏にケチをつけ、演奏家の個人攻撃をしているとしか思えない人もいます。日本人は自分で演奏の良しあしを判断しないで、他人の言葉を気にする人が多いから、「口がものを言う」ようになっているのかもしれません。
もしかすると音楽評論家の中にもそんな方がいらっしゃるかもしれません。他の人が高い評価をしている演奏家にケチをつければ自分の格が上がるとでも思っているのでしょう。でもこういう人はいずれ淘汰されるのではないかと思いますが…。甘いかもしれませんね。
聞く側よりも音楽を創り出す側の方が難しいと思います。おっしゃるように主観と客観のバランスが大事でしょう。いずれにしてもそこに言葉は介在しないのではないでしょうか。音楽で勝負!だと思います。 」

「おっしゃること、よくわかります。音楽を言語化するのも、ひとつの表現手段ですよね。ただ私は秋山和慶先生のレッスンで忘れられない思い出があります。それはメンデルスゾーンの曲を、「ハイドン風」「モーツァルト風」「ベート―ペン風」と三種類、秋山先生は振り分けたのです。伴奏のピアニストとは事前の打ち合わせもなしに、です。「私の棒の通りに弾けばいいから」とだけ秋山先生は言って指揮し始めました。それはもう見事に振り分けてました。世界的な指揮者のレベルはこんなに高いのかと思ったわけです。考えて見れば、外国のオケを指揮するには、まず言語の壁があります。リハーサルの時間も限られています。棒で音楽を示すことができなければ、次のオファーはないそうで…。 」

「いますねえ…。普通の高校生なのに自称マエストロ(笑)。私が指導していた高校生バンドでも学生指揮者を置いていました。学生指揮者の役割がよくわかっていないんでしょう。そのうちに外部ブログにこのことを書こうと思っていますが、学生だけでなく大人でも、指揮台に立つとみんなマエストロ…。トスカニーニかフルトヴェングラーかという感じです。指揮がヘタクソでも巨匠と呼ばれた人は、世界でごくわずかだと思うんですけど…。」

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【頭部管変えようかな…】へ
  • 【ピッコロのピッチを取るのは難しいもんだなあ…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。