スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アンサンブル倶楽部に備えて練習中です! →頭部管を変えると何が変わる?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

参考音源付き記事

Alain Marion plays Sankyo Flute

 ←アンサンブル倶楽部に備えて練習中です! →頭部管を変えると何が変わる?
今回はサンキョウユーザーの故アランマリオンさんと高野成之さんのフルートの動画をご紹介します。アランマリオンさんが約30年前に初来日して、その時のコンサートを私は聞きに行きました。アランマリオンさんの音に魅了されたことを、いまだに覚えています。東京の厚生年金会館だったと思うんですが(うろ覚えです)、あの大ホールがフルートの音でいっぱいでした。伴奏のピアノの音が邪魔な時がありましたけど。当時のサンキョウハンドメイドは生半可なアマチュアには吹きこなせない手強いフルートだったと思います。それをあれだけ鳴らすのはすごいなと思ったものです。

Alain Marion plays Sankyo Flute


高野さんは一昨年山野で行われたフルートワールドで、この動画と同じサンキョウフルートの吹き比べをしてくださったのを聞きました。その時、私はフルート購入のために各メーカーのフルートを精力的に吹いていたのですが、久しぶりに吹いたサンキョウのハンドメイドが、すごく良い音で鳴ってくれたのにびっくりしました。ふと気付くと後ろで高野さんがニコニコしながら、私の方を見ていらっしゃいましたけど。今年の東京交響楽団のニューイヤーコンサートで、高野さんのフルートとピッコロの音を聞かせていただきました。昔から私は東京交響楽団に何かと縁がありますねえ。

Shigeyuki Takano plays Sankyo Flute #04 - Wood Flutes




関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

おお・・・・・・・ 

下の動画、サンキョウの木管フルート。私が試奏して、魂を奪われちゃったフルートですね。グラナディラとコーカスウッド、とじちらも試奏しましたけど、私はグラナディラの方が好きかな。でも100万。確かコーカスウッドは140万くらいだったと思いますが、グラナディラだってとても手が出ません。せめて、どこかでまた試奏くらいはしたいなあ。

Re: おお・・・・・・・ 

inti-solさん

私は高野さんの生演奏で、この二つの木管フルートの音を聞きました。なかなか良い音でした。サンキョウというメーカーは技術力があって新しいことに積極的に取り組むんですが、その分、当たり外れもあるメーカーだと私は思っています。でも私も木管フルートが試奏できたら、してみたいです、

三響木管吹いてます 

昨年の夏~秋にかけて黒と茶を試奏、10月には工場にもお邪魔して、最終的に黒のH管を購入しました。
まだまだ鳴りませんが、時々びっくりするくらいいい音が出ることがあって、買ってよかったなと思ってます。

Re: 三響木管吹いてます 

IWARINさん

IWARINさんのブログで黒のサンキョウ木管の写真を拝見しました。「いいな~」なんて正直に思いました。高野さんは茶のコ―カスウッドの方がお好みのようですが、黒もなかなか良い音がすると思います。(高野さんの生の音を聞きました)私は次にフルートを買うとしたら木管がいいと思っています。でも資金が…(涙)。よくご存じだと思いますので、言わずもがななんですが、木の楽器は割れることがありますので、大事に吹いてください。

グラナディラとコーカス 

私もグラナディラかコーカスかで結構悩みました。もし両者の価格が同じか10万円くらいしか変わらなかったらもっと悩んだと思います。でも納得いくまで吹き比べて、一番自分にとってしっくりくるのが価格の安いグラナディラの方でした。
工場ではローズウッドの試作品もあって、
私はむしろこちらがいいと思ったのですが、これは製品化される予定はないとのことでした。
木管の割れについてご心配いただきありがとうございます。実は昨日、足部管側のジョイント・プロテクターが割れてしまいました。
とても薄いものなので、無理もないかと思いましたが、直接演奏には支障ないものの、やはり気をつけていかなければいけないと思いました。このことについては記事にしようと思っております。

Re: グラナディラとコーカス 

IWARINさん

私も選ぶとしたらグラナディラの方かなと思ってます。ローズウッドが出たらわかりませんけど(笑)。

>実は昨日、足部管側のジョイント・プロテクターが割れてしまいました。

それは残念でした。木管はどんなに気をつけていても割れてしまう時があるんですよね。しかも気がつかないで放っておくと、どんどん割れが広がっていったりして…。楽器になってから木が落ち着くまでに、2年はかかるそうです。楽器が違いますが、ローズウッド製のコントラアルトクラリネットもバリバリ割れてしまいました。木が落ち着いて割れなくなったのは4年目位からでした。

またブログにお邪魔しますね。差支えなかったらリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

 

ジョイントプロテクターは本来コルク・ジョイントのコルクの乾燥を防ぐためにつけているもので、私のメタル・ジョイントにはついていないものとのことでしたが、ジョイントのコンディションにすごく神経質なので、プラスチックでもいいのでつけてくださいとお願いしたところ、「若干色味が違うかもしれませんが同じ材質で作りますよ」と言われました(^_^;)プラスチックだなんて職人魂が許さない!と言わんばかりに。
ちなみに前のサクライは管体はキングウッドでしたが、プロテクターはグラナディラでした。コルクジョイントでもサクライはプロテクターは通常付属せず、その楽器は注文主のわたしみたいな特別な注文でつけたものだろうと櫻井氏がおっしゃってました。
足部管とのジョイント部分は、金属の内側に木部があるため、そのジョイントを覆うプロテクターはどうしても薄くなってしまいます。瞬間接着剤で修理して使うつもりですが、繰り返し割れが起こる場合は交換してもらおうかと考えています。
長くなりましたが、リンク是非お願いいたします。今後とも様々な情報交換よろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし 

IWARINさん

IWARINさんのコメントを良く読まずにレスをしてしまってすみません。ジョイントプロテクターが割れたのですね。グラナディラで作るとはサンキョウもやりますねえ。

IWARINさんのブログ、さっそくリンクさせていただきました。こちらこそよろしくお願いいたします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アンサンブル倶楽部に備えて練習中です!】へ
  • 【頭部管を変えると何が変わる?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。