スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←G管のアルトフルートでinCの楽譜を読むには →クラッチ式のEメカの使い方は?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

指揮

小澤征爾さんのTV番組を視て思う

 ←G管のアルトフルートでinCの楽譜を読むには →クラッチ式のEメカの使い方は?
 昨日(1/3)の夜、NHKで小澤征爾さんが闘病生活から復帰して、指揮活動を再開したことを特集した番組を放映していました。もう素直に喜びました。それにしても指揮者というのは音楽表現にかける執念は並大抵ではないと改めて思いました。小澤征爾さんの師匠は言わずと知れた齋藤秀雄先生です。私の師匠である秋山和慶先生、櫻井将喜先生の先生でもあります。

 小澤征爾さんが復帰予定だったのが、昨年夏の長野県松本市で行われたサイトウ・キネン・フェスティパルです。残念ながら腰痛のため一曲だけ指揮なさったのが、チャイコフスキーの弦楽セレナーデでした。私はこの曲に特別な思いを抱いています。櫻井先生が大病を患い、それを克服して指揮活動に復帰し、先生ご自身が創立なさった弦楽オーケストラを指揮なさった時の曲でもあります。齋藤門下として、この曲はとても馴染み深いものだったのでしょう。テレビでこの曲を聞いていて、あの時の櫻井先生の指揮も生命力のほとばしる指揮だったことを思い出しました。

 大病を患って、復帰できるかどうか全く分からず不安だっただろうと、私にも経験があるだけに、そう思いました。それだけに音楽が出来る喜びに満ち溢れてましたねえ。リハーサルはまさしく真剣勝負。いいリハーサルでした。しかし、小澤さんの髪もすっかり白くなりました。秋山先生はもともと白髪でしたが。秋山先生は今度私の住む埼玉で東京交響楽団を指揮なさいます。もちろん私は勉強しに行きます。「指揮者は死ぬまで指揮者としての勉強をするものだ」とは亡くなった櫻井先生の座右の銘でした。私もそれを座右の銘としたいと思います。

追記です。

 この記事をアップした1/4夕方のニュースで、小澤征爾さんが腰痛の手術のため、今月末の公演をキャンセルなさったとの報道がありました。なんとも残念ですが、あせらず治療に専念なさって、また情熱的な指揮を見せてください。

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

明けましておでめとう! 

たかさん!今年もどうぞ宜しくお願いしますv-221

小澤さんの指揮私も大好きなんですよ!
早く元気になって欲しいですね☆

今年もお互いに楽団でエンジョイしましょうねv-91

はじめまして 

はじめておじゃまします。
オーケストラやアンサンブル、ソロなどでフルートを吹きながら勤務する高校の吹奏楽部の顧問を務めております。
いろいろと情報交換させていただければうれしく思います。
小澤さんの番組は私も観ました。ジャック・ズーンのフルートが見事でした。

Re: 明けましておでめとう! 

未来さん

あけましておめでとうございます。

未来さんは元気になられたようで嬉しいです。
おたがい音楽をエンジョイしましょうね。

今年もよろしくお願いします。

Re: はじめまして 

IWARINさん

はじめまして!私の方は現在高校の吹奏楽部顧問からは外れていますが、いずれ復帰したいと考えています。いろいろと情報交換ができれば、ありがたいです。よろしくお願いします。

小澤さんのオーケストラには、世界のトッププレーヤーが集まるんですよね。すごい演奏が聞けます。そんな中Tpに前任校で講師に来ていただいていた人の姿もありました。今年も呼ばれたんだなと思いましたが、かなりの実力者です。旧知の先生の教え子なんですが、その先生の自慢の教え子です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【G管のアルトフルートでinCの楽譜を読むには】へ
  • 【クラッチ式のEメカの使い方は?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。