スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ピッコロ…いいなあ →木の楽器の不思議
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音楽全般

ジャズフルート・ライブの魅力

 ←ピッコロ…いいなあ →木の楽器の不思議
 今年になってジャズを本格的にやってみたいと思うようになった頃でした。以前からの知りあいで、今も精力的にライブ活動をしているまつばらさんを、たまたまインターネットでお見かけしました。これも何かの縁と早速演奏を聞かせてもらいに行きました。

 ライブハウスは私にとっては縁遠い存在でした。昔からジャズには興味があったものの、サックスやウッドベースが主役というイメージがあったので、フルートは向かないかななんて思ってました。特に私はクラシック畑でしたので、ジャズのスタンダードである「ムーンライトセレナーデ」をフルートで録音してみたのですが、うまく行きませんでした。CDの伴奏は、ドラムとピアノとウッドベースという素晴らしい伴奏だったのに…。(悔しいので再チャレンジしようと思ってます)

 それが、パユの「夢のあとに」というCDを手に入れて聞いてみると、あらら…、なんて素晴らしいんでしょう。曲はクラシックのスタンダードが多いんですが、ばっちりジャズになっている。しかもそのイメージが真夜中の薄暗いパーの中で演奏しているかのような、まっ黒けのフルートの音色。これもちょっと暗めなカクテルライトを浴びて、フルートの銀の輝きが赤にも青にも変化する中での演奏が頭の中に浮かんで来ました。(オーバーな表現は勘弁してくださいね)

 実際のライブハウスは、そのイメージに近いものでした。音楽を聞きながら、食事をしお酒を飲むというのも私には新鮮でした。客にとっては演奏者との距離が近いだけに楽しめるのですが、演奏する方は大変だなあ、なんて思ったのも確かです。大きなホールでは問題にならないようなミスも、マイクが増幅してくれますから…、昔結婚式の披露宴会場でマイクを使ったことを思い出しました。(汗)


 何度か聞いているうちに、これはこれで難しいぞと思ったのが、PAの使い方でした。録音されたものをスピーカーから流すのと同じ音質のライブでは、なんのための生演奏だかわかりません。楽器から出てくる生の音とスピーカーから出てくる音がバラバラに聞こえてくることもありました。一番いいなと思ったのは、マイクを使って電気的に増幅しているのに生の音以上に迫力のある生の音を聞かせてくれたことでした。言ってることがわかりにくいと思いますが、まさしくそんな感じなのです。それだとフルートの音が生き生きとしてきます。生音だとドラムの方が絶対大きいはずなのですが、フルートの方が大きかったりするんですよね。こういうところはミキサーさんの腕の見せ所ですね。

 すごく奥が深いと思いました。ちなみに、まつばらさんはゴールドフルートを吹いていらっしゃいますが、これもカクテルライトの中では輝いてました。今年の演奏活動は終了だそうですので、また来年楽しみにしたいと思います。来年もがんばってくださいね。

 ちなみに、まつばらさんはジャズナビ♪厳選リンク集の国内プロ・ジャズフルート奏者に登録されてます。(このサイトには赤木りえさんや菊池康正さんも登録されています。) 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

ありがとうございます。 

記事に紹介していただきまして、ありがとうございます。
ライブは、食べながら、飲みながら、音を楽しめて、とってもいい空間だと思います。
初めてライブを聴きに行ったときに、リラックスして自然に聴けました。

マイクは効果的に使えるといいですが、毎回、場所によって機材、壁の響きなどによって、ちがいますから、難しいですね。
どんな環境でも、いい音楽を聴いていただけるように、日々前進したいと思います!!

来年も頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

Re: ありがとうございます。 

まつばらさん

コメントありがとうございます。いい演奏の陰には、さまざまな努力と工夫があることを改めて知りました。来年の今年以上のご活躍を期待しております。

ライブハウス 

ジャズを演奏したことはありませんけれど、ライブハウスは昔は頻繁に演奏していました。
わたしも、大きなホールよりライブハウスの演奏の方が(演奏する側としても聞く側としても)好きかも知れません。
何よりも、ステージと客席の間に距離がない、これがいいんですね。(演奏する側としては、あまり目の前に観客がいると緊張するってのはありますが)
純粋に音響的なことだけで言えば、多分ライブハウスよりコンサートホールの方が音がいいのでしょうが、臨場感という意味では、ライブハウスの方があるかな。

2年くらい前に、ボリビアからカリャワヤというグループが来日したとき、大ホール(ってほど大きなホールではなかったですが)のコンサートと、ライブハウスでの演奏と、両方見に行ったのですが、演奏の迫力がもう全然違うのです。(彼ら自身も、明らかにライブハウスの方が気合いが入っていましたし)

その代わり、お客さんが演奏ではなく食事とお酒に集中してしまうと、こりゃもう悲惨ですけどね。

Re: ライブハウス 

inti-solさん

私はライブハウスでの演奏の経験がないので、いいなあ~と思いながら聞いてました。演奏者との距離が近いというのも、いいところだと思います。ちょっと暗くて雰囲気があるし…。でも確かにお客さんがお酒と料理に夢中になってしまうと、ちょっとさびしいかな
。あーでもチャンスがあったらやってみたいと思ってます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ピッコロ…いいなあ】へ
  • 【木の楽器の不思議】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。