スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←新年あけましておめでとうございます! →小澤征爾さんのTV番組を視て思う
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

G管のアルトフルートでinCの楽譜を読むには

 ←新年あけましておめでとうございます! →小澤征爾さんのTV番組を視て思う
 当ブログのコメンテーターの方から、タイトルのような質問をいただきました。ここで詳しく説明させていただきたいと思います。吹奏楽で使われる楽器の楽譜の読み方については、以前の記事に書きました(こちら)。これは一般論ですので、今回は実際にどうしているかを書きたいと思います。

 楽譜の読み方には「固定ド」と「移動ド」の二つの読み方があります(詳しくはこちら)。簡単に言うと「移動ド」で読めるようにするのです。フルートの楽譜は第三間が「ド=C」です。アルトフルートはG管ですので、「ド」の指使いで「G」の音が出ます。フルートの楽譜の第二線の実音Gを「ド」と読むわけです。inCの楽譜のGdurを「移動ド」で読むのと同じです。最近の学校では「移動ド」で歌う事を教えないところも多くなっているそうですので、「移動ド」自体が難しいかもしれません。

 調号(♭や♯)にも気をつけなければなりません。♭はシ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファの順番で付いていきます。♯はファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シの順です。鏡のように順番が逆ですね。詳しくはこちらをご覧ください。フルートの楽譜をアルトフルートで吹く時は、♯の数を一個減らします。♯が二個あれば一個に、♯が一個だったらゼロ。♯が一個もなければ♭を一個付けます。例えばDdurの楽譜(♯2個)をアルトフルートで吹く場合、♯はアルトフルートの「ファ」に付けるだけです(実音Cis)。Cdur(♯♭なし)は、同じくアルトフルートの「シ」に♭を付けます。

 基本はこれだけです(これだけでも難しい…)。難しいと感じるのは、ト音記号の固定ドでしか楽譜を読んでいないからです。ピアノをやっている人はト音記号とへ音記号の両方を読みますから、間接的に移動ドの読み方をしていることになります。ト音記号の実音Cは五線譜の第三間ですが、へ音記号の場合は第二間だからです。

 ですから、あとはひたすら慣れるだけです。フルート用のinCで書かれた音階練習の楽譜を見て、アルトフルートをさらいます。これが慣れるのに最も効率が良いでしょう。アルトフルートを吹こうという場合、アルトフルート用に移調された楽譜もありますから、第三間を「ド」と読む読み方と第二線を「ド」と読む読み方の二通り読めるようにしておく必要があります。

 私は金管楽器(ユーホニウム)の経験があるせいか、これは得意なんです。ユーフォ二ウムは最近こそinCのへ音記号の楽譜しか使いませんが、私の頃はト音のinB♭、へ音のinC・inB♭と三種類の楽譜を読まなくてはなりませんでした。それにハ音記号が出て来たらもう、五線譜のどこが「ド」になってもOKてな感じです(笑)。

 蛇足ですが、アルトフルートの値段もピンキリです。私は最廉価版のパールのリップ銀モデルを買いました。私がオーナーにも関わらず、旅に出ていたことが多く(つまりあちこちに貸していた)、吹奏楽の演奏会でも十分通用したそうです。日本のメーカーのものでしたら、どれを選んでも実用的には十分でしょう。プロが仕事に使うというのなら別ですが…。
10551759203.jpg
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

あけおめです[e:342] 

明けましておめでとうございます

アルトフルートでフルートの楽譜を読む方法がなんとなくわかりました。楽典をもっと勉強します
ありがとうございました。今年もよろしくお願いします

Re: あけおめです 

よっちゃんさん

明けましておめでとうございます。

難しいとは思いますが、楽典を通して音楽を学ぶいい経験になると思いますよ。
アルトフルートも手に入れやすい価格のものがありますから、ぜひ練習してください。

今年もよろしくお願いします。

NoTitle 

以前アルトフルートのシステムをざっくりと説明していただいたとき、
「読み替える」ということばかり頭に残ってしまってコンランしてしまったのですが、
「読み替える」というよりはむしろ「移動ドで読む」というほうが正しいのですね。
慣れるのはきっと別物なのでしょうが、
ただやみくもに読み替えようとするより移動ドで理解するほうが無理がないですねー。
感動です。
機会があればアルトフルートも挑戦してみたいです。

Re: NoTitle 

ひゃらりさん

ソプラノリコーダーとアルトリコーダーの関係は「読み替える」と言った方がわかりやすいのかも知れません。これ以上書くとわからなくなってしまうので書きませんが(笑)。私が小学生の頃は、これで混乱して音楽がキライになったこともありましたっけ…。

最終的には「慣れ」しかないと思っています。ギャラリーに行けばアルトフルートを試奏させてもらえますよ。グランドフルートとは違う音色なので、これはこれで楽しいかも…。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新年あけましておめでとうございます!】へ
  • 【小澤征爾さんのTV番組を視て思う】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。