スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←リングキーのピッコロ →銀座でのお買い物は…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

アルトフルートひさびさに練習中

 ←リングキーのピッコロ →銀座でのお買い物は…
12月27日は、アルトフルートに本腰を入れて吹きました。考えてみたら、昨年11月の手術以来、全くアルトフルートを吹いてませんでした。これでよくフルートアンサンブルの時にアルトフルートを吹けたなあと思いました。

ひさびさに吹いた自分のアルトフルートは…、「吹きづらい」の一言でした。2004年に購入したので、丸6年経っています。バランスがぐちゃぐちゃなんだろうなと思いました。おまけに足部管のキーに手が届きにくいこと!右手が痛くなってしまいました。

この間借りて吹いたのは、こんなことなかったので、やっぱり改良されているのかも知れません。おまけに音色がずいぶん違います。私のアルトの音だとグランドフルートを支えにくい音なんですが、借りて吹いたのはグランドフルートと音色の統一感があったなあなんて思いました。

とりあえず、アルトフルートをオーバーホールする資金も出来たので、来年早々にパールに頼もうと思っています。右手のキー何とかならないかなあ…。それと音色。新しいアルトとは歌口の形がずいぶん違うので、頭部管を変えればちょっとは変わるかな。それだったら、いっそ新しいのを買う?いやいやそこまでのお金はありません。

翌日「御用納め」の日、私は休暇をとってアルトフルートの調整をしながら音出しをしました。なんといっても休暇が余ってましたので…。

アルトフルートはG管ですので実音と違うのですが、グランドフルートと同じキーの呼び方をした方が分かりやすいので、その呼び方で表記します。

音が出しにくかった原因はGキーとFisキーがちょっと浮いていたことが原因でした。ここを直して吹いてみると音色がずいぶん良くなりました。やっぱり音色が良くなかったのは調整不足か…。でもこの間吹いた新しいものと比べるとポイントが狭いなあ…。パールのエプロンおじさんに調整してもらったら、もっと吹きやすくなるのか、それともこの楽器の特性なのか、見極めたいと思います。

さて、少し音が出やすくなったところで来年のフルートアンサンブルの曲を練習しました。inCの楽譜をアルトフルートで吹くのは、昔、笛師匠に鍛えられたので、かなり得意です。バッハの「G線上のアリア」はフルート二本のアンサンブルですが、そこにアルトフルートのパートを勝手に作ってしまおうか、なんて考えると楽しくなってきました。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

こんばんはo(^-^)o
いつも答えにくい質問でごめんなさい~(^_^;)

inCの楽譜をどうやってアルトフルートで吹くんですか

Re: タイトルなし 

よっちゃんさん

> いつも答えにくい質問でごめんなさい~(^_^;)

いえいえ、核心をついた質問なので慎重にしたいだけです。遠慮はなさらないでくださいね。さて、ご質問の件ですが、答えが長くなりそうなので、後で記事としてアップしようと思います。1月2日の予定です。年をまたがりますが、来年もよろしくお願いします。

 

わたしもよっちゃんさんと同じ質問持ってました!
年明けの記事を拝読するのが楽しみです。
どうやって吹くんだろ??

Re: タイトルなし 

ひゃらりさん

ひゃらりさんも同じ疑問をお持ちなんですね。
これは年明けの記事を相当練らないといけませんねー。
あまり期待しすぎないようにしてください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【リングキーのピッコロ】へ
  • 【銀座でのお買い物は…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。