スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←歌劇 「ローエングリン」 第2幕より エルザの大聖堂への行列  →プロの技量に年齢・性別は関係ない…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

パール・マエスタ

今日はマイマエスタ誕生日イヴです・録音付き

 ←歌劇 「ローエングリン」 第2幕より エルザの大聖堂への行列  →プロの技量に年齢・性別は関係ない…
 昨年の12/25に私のところに注文していたマエスタがやってきました。その時の記事はこちらです。自分に対して、いいクリスマスプレゼントになったと思います。(キリストの誕生日がいつかなんてことは正確にはわからないんですが通説に従いました。イギリスではサンタさんがプレゼントを配るのは12/25とされているようですし…)

 さて、一年間吹いて来てマエスタの音がずいぶん成長したように思います。下の写真は現在のマエスタの写真です。一年経ったくらいではピカピカですね。この写真ではローズゴールドっぽく写っていて、なかなか素敵です(まさしく自画自賛)。

CAS7DZIK.jpg

 私のマエスタは、最初からいい音で鳴ってくれていたんですが、金メッキのせいか、ちょっと音が重かったのと、乾いた感じの音でした。それも次第にしっとりとした音色になって来ました。びっくりしたのは、パールのエプロンおじさん(ブログ仲間のひゃらりさんの表現をお借りしました)の調整技術の高さです。今年の3月に初めて調整してもらって見違えるように吹きやすく、優しい音になったのが印象的でした。

 それ以来、この楽器の調整は全部お任せしようと思いました。また、調整する人によって音色が少し変わるのも体験しました。たぶん吹いている人にしかわからない位、微妙な違いでしょうけど。アンサンブル倶楽部の先生もエプロンおじさんに調整をお任せしているとのことでした。北海道や大阪にも行っていらっしゃるとのことで、エプロンおじさん、大忙しですね。

 さて、私のマエスタ、12月11日のアンサンブルの時は絶好調でした。特に吹くのに不都合はなかったのですが、満一年で無料調整期間が終わりますので、クリスマスイヴにパールに調整に持って行くことにしました。調整の予約をした後でマエスタを吹いてみると、あら不思議…。いろいろと微調整してほしいところが出て来ました。(特にGとAキ―)それでもクリスマスなので、ちょっと録音してみました。曲はクリスマスらしく「清しこの夜」です。これはクリスマス・イヴに聞くのにピッタリですね。
   
    「清しこの夜」byマエスタGP←ここをクリックしてください。

追記です。この録音にブログ仲間のSonoreさんが加わってデュエットにしてくれました。なかなかの出来なので、これもアップしちゃいます。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

たかさんさんのマエスタちゃん、ハッピーバースデーです!!

きよしこのよる、いいですね♪
優しくてあたたかい、ステキな演奏です。
エプロンおじさんの手でみごとに調整されて、
また年末年始にさらにステキな音でたかさんさんが演奏できますように(^人^)

Re: NoTitle 

ひゃらりさん

> たかさんさんのマエスタちゃん、ハッピーバースデーです!!

ありがとうございます。パールらしい優しい音色でしょ。今日(12/24)に調整に行って来たのですが、エプロンおじさんではなくて、若い女性のリペアさん(多分ひゃらりさんと同じくらいではないかと思います)に、私のマエスタの調整をやってもらいました。その時のやりとりは明日(12/25)のブログにアップしようと思いますが、彼女、なかなかの腕前です。私が望んだように調整してくれました。クリスマスが終わったらメンデルスゾーンの「春の歌」を練習して、お正月にアップしようと今画策中です。

NoTitle 

「聖夜」聴きました!
たかさんのソロ吹き込み、
Sonoreさんが加わったデュエット・バージョン、
どちらもよいです!
デュエット版は音色も息も優雅に合ってとても素敵、
(ネット送信による二重奏なのでしょうが)まるで現地共演したみたいです。
クリスマス・イブの夜、とてもよいものを聴かせていただきました。

NoTitle 

聞きました。相変わらず、マエスタは吸い込まれそうな、いい音色です。そして、Sonoreさんとの二重奏、これは凄い。ソロもいいけど、二重奏はやっぱり音の厚みが違いますねえ。
わたしも、某所で、ケーナ版の「きよしこの夜」を公開中ですけれど、この曲に関しては、やっぱりケーナよりフルートの方が合います。

Re: NoTitle 

FALさん

お聞きいただいてありがとうございます。
デュエットの方は、私がアップしたものを元にSonoreさんが私の吹き方に合わせて吹いてくださったもので、おっしゃる通りネットを通じての二重奏です。良く聞くと私がアップした録音より響きが良くなっています。PC上でそういう操作をなさったのでしょうが、こちらも奥が深いです。

我が家では今夜クリスマスケーキを食べる時に、これを流しました。自分で言うのもなんですが雰囲気がありましたねえ。あとは自分の音で満足の行かない所があるので、今後修正していきます。

またよろしくお願いします。

Re: NoTitle 

inti-solさん

お聞きいただきありがとうございます。もともとツ―コーラス目はカラオケがメロディをやっているんですけど、この音が弱くて…。伴奏CD製作上のちょっとしたミスだと思うんですが、それをSonoreさんが見事に埋めてくれました。フルートの二重奏はなかなかいいですよね。お互い遠くに離れていてもネット上で、こうやって合わせられるのは良いですね。

ケーナ版の「清しこの夜」はどちらで公開なさっているのですか?YouTubeには見当たりませんでしたけど。

NoTitle 

ケーナ版は
http://homepage3.nifty.com/ryo-folklore/Ra/Navidad.MP3
↑です。
一応、年内いっぱいの公開予定です。昨年の同じ時期にも、まったく同じ音源を公開していました。もう10年以上前の演奏ですが。

Re: NoTitle 

inti-solさん

URLありがとうございます。さっそく聞かせていただきました。
以前に聴いたことのある演奏でした。クリスマスって欧米の文化ですから、それぞれの楽器を育てた文化の違いがあるんでしょうが、これはこれでなかなか良い演奏だと思います。同じ笛なのに、その違いの奥の深いこと!
宮城道雄の「春の海」も尺八での演奏が日本らしくて良いと私は思っていますが、フルートでやるのも違った味がしていいもんだと思っています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【歌劇 「ローエングリン」 第2幕より エルザの大聖堂への行列 】へ
  • 【プロの技量に年齢・性別は関係ない…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。