スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マーチ「ブルーインパルス」 →吹奏楽のフルートって案外ラク?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

クリスマスコンサート無事終了しました

 ←マーチ「ブルーインパルス」 →吹奏楽のフルートって案外ラク?
 2010年12月19日(日)我が楽団が普段練習している場所で、クリスマスコンサートが開催されました。前日の仕込みでクリスマスツリーなどをホールに運び込み、ようやく気分も盛り上がって来ました。夕方から音楽監督である笛師匠の指揮でのリハーサルが行われました。私は今回ピッコロだけを吹きます。すべての曲でピッコロがあるからなんですが、誰か他にもピッコロを吹いてもいいという人が出て来てくれないかなーと心の底では思っています。(ブログで書いちゃっているのに「心の底」もないですけど…笑)

 リハに先だってのチューニングで、私のピッコロにいきなり笛師匠から「抜け」の指示が…。「たかさんは管を入れて口で下げてピッチを合わせているんだけど、管を多めに抜いて口で上げて吹いてよ」笛師匠にかかるとピッチさえ合っていればOKというわけじゃないんです。チューニングの前にバッハのシチリアーノをさらっていたのを、聞かれていたか…。笛師匠の指示は「もっと明るい音でよく響く音を出せ」ということなんです。

 吹奏楽ではそういう音の方が合っていると思うんですが、私は「落ち着いた温かい音」を出したいんですよねー。フィンダの頭部管もそういう音がするものを選んじゃったし…。それにしても、ヤマハ62オリジナルの頭部管だと、バンドがテュッティの時に自分の音がわからなくなったりするんですが、フィンダの場合はバンド全体がフォルティシモでも聞こえます。「落ち着いた温かい音」でも、ホールの中に響いてくれていると思うんですが。

 結局、ベート―ペンの「第九」や「運命」、デュカスの「魔法使いの弟子」、ストラビンスキーの「火の鳥」のダイジェスト版の曲は、笛師匠の指示通り、「アメージンググレース」や「ディズニー映画のメドレー」などは、私の望む音で吹く事にしました。これはなかなか難しい…。でも楽しく吹きました。リハで満足してしまったからか、次の日の朝、起きたら月曜日だと勘違いしてました。これから本番なのに、もう終わった気でいる(笑)。気を取り直して、コンサート会場に向かいました。

 クリスマスコンサートは、定員400人ほどのホールで行いました。開演直前に客席を見たら「超満員!」でした。客席の後ろの方は立ち見の人がずら~りと並んでいます。なんとありがたい…。メンバーのテンションも急上昇。こういう時にアガル人がいないのが、うちの団の特色です。演奏も今までにない出来でした。超満員のお客様に楽しんでいただけたコンサートになったと思います。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

こんにちはクリスマスコンサートご成功おめでとうございます

あの、ピッコロの吹きかたって、何通りかあるんですか

Re: タイトルなし 

よっちゃんさん

> クリスマスコンサートご成功おめでとうございます

ありがとうございます。いつも率直で答えるのが難しい質問ありがとうございます(笑)ピッコロの吹き方と言ってもフルートとそうは変わりません。もちろん少しは違いますが…。笛師匠との会話は簡単に言うと「外吹き」と「内吹き」の違いと言ってもいいでしょう。そのうちに詳しいことを記事に書きますね。

クリスマスコンサートお疲れ様でした! 

ご成功おめでとうございます♪

全曲ピッコロ登板なんて、
しんどそー。
だけどたのしそー。
クリスマスコンサートみたいにお祭り的プログラムのときのピッコロって、たまらなくスキです!
その時の作り方次第で、
キラキラ系の明るい音色でもほっこり系の暖かい音色でも、
どっちもステキにはまりそうな気がします。
それがお祭りプログラムのよいところだとも思いますし。

NoTitle 

たかさん、
もう年の瀬ですね。
ずっといつも楽しみにこのブログを読んでおります。
本年もほんとうにお世話になり、ありがとうございました。

それにしてもたかさんと愛読者のやりとり、
いつ見てもほんとにいいですね。

今日のよっちゃんさんからの質問、
マル祝と花火(クラッカー?)の絵文字も可愛く、
ストレートな質問がまた(よい意味で)面白いのですが、
それに対するたかさんの応答も楽しいです。

【いつも率直で答えるのが難しい質問ありがとうございます(笑)】
とは傑作でした。たかさん、ユーモアがありますね。

私はフルートやピッコロの専門的な内容は分からないのですが、
どんなやりとりでも常に明るく正しく!、いつも読んでいて気持ちの良い
落ち着いて端正な文章が流れるこの音楽教養ブログが大好きです。

それではまだ少し早いですが、
どうか来る年もよろしくお願い申しあげます。

Re: クリスマスコンサートお疲れ様でした! 

ひゃらりさん

> ご成功おめでとうございます♪

ありがとうございます。全曲ピッコロはキツイです。楽器は小さいけど音は隠れようがないですもんね。フルートみたいに複数の人間がいるわけではないし…。
でもやりがいはたっぷりです。いろんな表情がつけられますからね。10万円台のピッコロだとちょっと表現力に乏しいですが、フィンダ頭部管にするだけで、ずいぶん違います。もっと表現力が欲しいと贅沢なことを考えていたりしますが、そうすると新しいピッコロが欲しくなったりしちゃうんです。
でも、今はピッコロだけじゃなくマエスタも吹きたいなーと私は思っていますので、62フィンダで行けるところまで行こうと思います。楽団の誰かピッコロ買ってくれないかな。お祭り騒ぎの曲はピッコロ楽しいんですけどねー。
>
> 全曲ピッコロ登板なんて、
> しんどそー。
> だけどたのしそー。
> クリスマスコンサートみたいにお祭り的プログラムのときのピッコロって、たまらなくスキです!
> その時の作り方次第で、
> キラキラ系の明るい音色でもほっこり系の暖かい音色でも、
> どっちもステキにはまりそうな気がします。
> それがお祭りプログラムのよいところだとも思いますし。

Re: NoTitle 

FALさん

いつも当ブログを楽しみにしていただきありがとうございます。

> それにしてもたかさんと愛読者のやりとり、
> いつ見てもほんとにいいですね。

私は絵文字を使うのが苦手なんですが見るのは好きです。面白いですよね。
私にユーモアがあるかどうかはわかりませんが…。
私の記事でわかりにくい表現をした時に率直な質問をされると、こちらも助かります。
なるべく理解しやすい記事にしたいと思っていますので、
これからもどうぞよろしくお願いします。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マーチ「ブルーインパルス」】へ
  • 【吹奏楽のフルートって案外ラク?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。