スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートアンサンブルに参加して来ました! →寒くて管が鳴らない時は…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

日々雑感12/13~「宇宙戦艦ヤマト」を観てきました

 ←フルートアンサンブルに参加して来ました! →寒くて管が鳴らない時は…
 当ブログでも時々話題にしていた、実写版の「宇宙戦艦ヤマト」を息子と一緒に観てきました。息子は「観たいわけじゃないけど観たくないわけでもない」という、これ以上ない曖昧な返事…。とりあえず私一人で行くのもなんなので、息子を連れだしました。12月のうららかな日曜日だというのに、映画館はどの映画も空いていました。当然「宇宙戦艦ヤマト」もガラガラ…。客層は私くらいの年代の人が仲間と来ているか、私みたいに子ども連れでした。ううむ、やっぱりこの映画を知らない世代にはウケないのかなと思いましたし、「宇宙戦艦ヤマト」世代にも、これを見ると、アニメ版のイメージが壊れると思う人が多いのかなと思いました。

 実際に映画を観てみると、これはこれで結構面白いと思いました。ただ筋書きはアニメの一本目(テレビ公開のダイジェスト版)と二本目「さらば宇宙戦艦ヤマト」(最後にヤマトが自爆するストーリー)の合作でした。「さらば宇宙戦艦ヤマト」が公開された時に、この最期がかなり批判されたんですが、どうしてもヤマトを沈めたかった人が企画制作の中にいたんでしょうね。しかし、なんでこれが文部科学省推薦なんだろう。まあ、私としては斬新な森雪役を演じた黒木メイサが印象に残りました。

CAIT4Y10.jpg
 この写真は赤坂TBS前に作られた宣伝モニュメントです。ある方から写真をいただきました。ううむ、すごいリアル。私が高校生の時の体育祭の入場行進の時に、宇宙戦艦ヤマトのハリボテを作ったことがありました。私の高校は体育祭の入場行進で仮装行列をやるのです。当然、私達は主砲や波動砲に「花火」を仕掛けて派手にパンパンとやったのですが、それがハリボテの宇宙戦艦ヤマトに燃え移り、消化活動が大変でした(笑)。懐かしい思い出です。

inti-solさんとのコメントのやり取りであった私の考えるアニメ版のクライマックスの動画をアップしておきます。ご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

実は私も・・・・・・・・・ 

実は、先日見てしまったのです。
正直な感想は、「見ない方がよかったかも」です。
戦闘シーンは(旧ヤマトのイメージと合うかどうかは別にして)それなりの迫力でしたけれど、艦内でのシーンがどうも、生活感がないというか現実感がないというか、絵空事感がプンプンと臭う。
あーーーーーーーーあ、と思ってしまいました。

あと、ガミラス星人がいわゆる「人間」ではない。もちろん、異星人があんなに地球の人間とそっくり(肌が青いだけ)という描写はご都合主義もいいところなのですが、それでも、「敵」もまた人間と同じ感性を持つ存在であるという描写は、ヤマトという作品のストーリー構成上必要不可欠な設定だと私は思うのです。

それと、改めて実感したのは、宇宙戦艦ヤマトの魅力は、実は半分以上は宮川泰の音楽の魅力だったんじゃないか、と。部分的には旧ヤマトの音楽も使われていましたけれど、エンドロールのテーマ曲はちょっと・・・・・・。あそこは是非「真っ赤なスカーフ」にしてほしかったです。

Re: 実は私も・・・・・・・・・ 

inti-solさん

> 実は、先日見てしまったのです。

おお、そうですか!やっぱりヤマト世代は、実写版がどうなのか気になりますよね。

どこまでアニメ版の設定を活かすかは、人によって意見がさまざまだと思いますが、私は小説版のヤマトも持っていて、そのストーリーは実写版に近いものでした。ものすごくSF的で沖田艦長が「コスモクリーナー」のあてもなくイスカンダルに出発するところとか、「コスモクリーナー」は実在せず、人間を放射能に耐えられるよう人体改造することをイスカンダルに行って教わってくるとか、この映画の製作者は宇宙戦艦ヤマトに関する資料は片っ端から研究したんだろうなと思いました。「ヤマト」建造の当初の目的が、選ばれた人間と動物・植物を乗せて地球を脱出する「ノアの箱舟」だったというのも、原作通りでした。これは私が面白いと思った点です。

戦いに勝利してガミラスを滅ぼしてしまったことを主人公が後悔する場面が、アニメ版のクライマックスだと私は思っています。それだとガミラス星人は人間ぽくないとダメですよね。エイリアンだと殺るか殺られるかだけになってしまうので、ああいう結末になるんだろうと思いました。

ヤマト艦内はどこかで見たことがあると思ったら、ナントカランドのStarナントカや、私の家の近くのナントカ動物公園の似たようなアトラクションのセットと画像にそっくりでした(ナントカばかりですみません)。あれはあれで遊園地に行ったようで楽しみました。宇宙戦艦ヤマトとは思えませんでしたが…(笑)。

エンドロールの歌は…いい曲なんですけどね。宮川泰さんは偉大だったなあと私も思います。それから今度は「明日のジョー」の実写版が登場するようですよ。もう観に行かないんだ…。マンガのラストシーンの、ジョーが真っ白に燃え尽きるシーンは実写版では無理でしょう。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートアンサンブルに参加して来ました!】へ
  • 【寒くて管が鳴らない時は…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。