スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←我が青春の思い出の曲~5 →マーチ「ブルーインパルス」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

楽器が奏者を育てる

 ←我が青春の思い出の曲~5 →マーチ「ブルーインパルス」
 フルートの試奏をして、いつも思うのは「よく考えられているなあ」ということです。フルートの歌口の構造は非常にシンプルなものですが、メーカーによってグレードによって千差万別、材質の違いだけでなく歌口の削り方もかなり違うのではないかと思われます。

 そして入門用と思われる10万円以下のフルートの音の出しやすいこと。ポイントをかなり外して吹いても音が出ます。フルートを練習し始める最初の時期は、まず音を出すことが先決ですから、こういう楽器の方が向いているでしょう。10万円以下のフルートを作っている国産メーカーは、そう多くありません。楽器屋さんの店頭で見かけるのは、ほぼヤマハでしょう。ヤマハのフルートで練習を始めたという方も多いと思います。

 ほとんどの国産メーカーがラインアップしている入門用フルートは頭部管銀のモデルになります。このクラスはさまざまな特徴を持っているフルートがたくさんあって、選ぶのに困ってしまいます。中には入門用と思えないほど、鳴るポイントがはっきりしていて、パワーの要るフルートがあります。もし、この時期にポイントの狭い楽器で練習していたら、なかなか良い音が出せなくて嫌になってしまうのではないでしょうか。

 入門用フルートで物足りなくなったら、次のフルートに買い替えということになります。実は入門用フルートでも、かなり良い音がするんですが、入門用フルートしか知らないと、なかなかそういう良い音が出せなかったりします。自分の技術の向上のためにも楽器のグレードアップを考えるわけです。その時には、入門用フルートよりも表現力に富んだ楽器を選ぶのがいいと私は思います。技術向上のためには、正しい吹き方をしないと途端に音が悪くなって、吹き方が違うことを教えてくれる楽器が良いと私は思います。

 最近の傾向として、ハンドメイドの楽器でもイージーに音を出せるものが増えてきたように思います。それはそれで良いことなのかもしれませんが、どうも私には、イージーに音が出る楽器=表現力に乏しい楽器というイメージがあります。フルートの製作技術の進歩で、この方程式も崩れる時が来るのかもしれませんが、でも最終的には奏者の技術がものをいうのは変わらないでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

初心者でも鳴らしやすい歌口は自転車に補助輪が付いているようなものだと感じています。簡単には転ばないようになっていて、息が歌口の鳴りやすい位置に誘導されるような構造になっています。これはとても楽に音が出ますので、とにかく楽器を鳴らして一定の範囲内で演奏を楽しむためにはすばらしいことだと思います。
ところが、補助輪があるとハンドルを大きく切って急旋回しようとしても・・・・曲がりません。
たかさんのご説明のとおり、表現力に制限があると思います。
また、そういう傾向の楽器が増えてきていて、フルートという楽器が過去に持っていた音色感がずいぶん変わってきています。
ソロで演奏している分にはまだ許せるのですが、オーケストラや他種楽器とのアンサンブルの中で、過去の楽器より音量などは圧倒的に進化しているとは思いますが、明らかにクラリネットなどとキャラがかぶりつつあります。

NoTitle 

mixiの方でいただいたコメントに私がつけたレスを載せておきます。ご参考になれば幸いです。


一昔前のサンキョウアーチストは手ごわかったですねー。私も吹いていたことがありますから良くわかります。
フルートを吹いている人の中には、自分が「鳴らせない」のに、この楽器は「鳴らない」と思う人もいて(その人にとっては真実なんですが)、それだと進歩はしないわけです。
一昔前の総銀製のモデルって、ほぼどのメーカーのものも鳴らすのが難しかったので、奏者の技量が足らないんだと総銀製のフルート自体が教えてくれたんですが、最近の総銀製は上手な人でなくても、そこそこの音が出てしまいますからねえ…。
鳴らすポイントがわからないままだったりするのは、どうかなと思うんですけど。
まあ、頭部管を一センチ以上抜かないと合わなかったり、夏と冬で抜き加減の違い過ぎる人は「鳴らせていない」ということなんですが…。

Re: NoTitle 

Sonoreさん

もう、本当におっしゃる通りです。いくら総銀製でも「鳴らしやすいフルート」だと、どうも表現力に乏しく合奏体では、どうかなと思っている次第です。

世間では「洋銀フルート」の定義があいまいで、洋銀を使っていれば「洋銀フルート」と呼ばれたりしますが、鳴らしやすい総銀製のフルートより表現力の優れた洋銀フルートもあります。

あるアマチュアオケのフルートのトップの方(女性)が素晴らしい音で素晴らしい演奏をなさっていましたので、その人が使っているフルートメーカーを私の師匠に尋ねました(その人の師匠でもあったので)。ムラマツのEX(頭部管銀)を使っているそうです。いやもうオドロキ…。なんと言っても総銀製のハンドメイドクラスの音がしていましたから。

この間のフルートアンサンブルで吹いたパールアルトフルート(リップ銀)も良い音がしましたねえ。私のよりも音色が一段と良くなった感じです。私のアルトフルートは某大学に貸して全国大会でも立派にソロを務めてきましたから、洋銀製でも総銀製に劣るということはないはずだと思っています。

NoTitle 

EXはとても素晴らしい楽器です。(たぶん。吹いたことはない!)
というか、他にこういう楽器が少なすぎるだけなのですが。
総銀の楽器となれば、そこそこの作りこみがされていますが、洋銀でそれをやったら、価格が総銀と大差なく(世間では貴金属としての「銀」価格への過大な思い込みがあります)とても「商売」になりません。EXはムラマツだから商品化できたとも言えます。

僕の洋銀ハンドメイドは総銀と同じ価格でした。別に文句はありません。
こういう鳴りの楽器を市販品で見たことがありませんから、満足しています。
でも、最初の楽器の次にどんな楽器を買えばいいか?と聞かれたら、「総銀」と答えます。モイーズもそんな回答をしていたと記憶します。
ゴールドを選ぶのもいいでしょう。でも、ひとつだけ言っておきたいと思うのは、銀からゴールドにしたときに、得るものもあれば失うものもあるかもしれないということ。オールマイティーなどというものは、楽器に関していえばありえないと思います。要はバランスの問題なのであって、ミラクルな素材などというものはないでしょう。



Re: NoTitle 

Sonoreさん

私は頭部管銀の楽器は一通り吹きましたので、EXももちろん吹きました。ハンドメイドクラスの作り込みがされている凄いフルートです。メーカーも言ってますが、EXはほとんど儲けがないでしょう。Sonoreさんのフルートのように総銀と変わらない価格になってしまうと思います。

材質によって音色が違って、それぞれ一長一短があると思うんですが、たぶん奏者の技量が占める要素の方が遥かに多いでしょう。私もアマチュアのフルートアンサンブルを聞いた時、ゴールドフルートの音が他の銀製のフルートより抜けて聞こえて来たことを覚えています。でもプロレベルの金と銀のフルートのデュエットを私はよく聞いていますが、実によく調和してます。最終的には奏者の技量ですよね。

NoTitle 

inti-solさん

なんらかのトラブルでinti-solさんのコメントが承認できませんでした。そのうち復旧するかもしれませんが、コピペしたものを載せておきます。

EXは素晴らしい楽器です、が
EXユーザーです。素晴らしい楽器だと思っています。非常に音が出しやすいし、音色が深い。しかし、その後ムラマツの他の色々なランクの楽器を試奏して思ったのは、EXもDSもゴールドフルートも、吹き心地、音色、音量にほとんど差がないのではないか、ということです。
ソルダードトーンホールのSRと、プラチナメッキのPTPは、音色の違いを感じましたが、それ以外の機種は、、あまり差を感じない。
そして、SRもPTPも含めて、ムラマツのフルートは総じて音が出しやすい。
そう考えると、値段との対比でいうと、ムラマツで一番いいフルートはEXなのかもしれない、なんて思ってしまうこともあります。

ちなみに、私が吹くEXは、「総銀製のハンドメイドクラスの音」は、出ないと思いますけれど、その代わりケーナの音がする(爆)と、人に言われます。音色そのものよりも、吹き方のクセがそう聞こえさせるのでしょうが。

Re: NoTitle 

inti-solさん

コストパフォーマンスで言ったらEXが一番ですね。
私が聞いたオケのトップの方のフルートは音だけ聞いたら、
頭部管銀のフルートだなんて誰も思わないと私は思います。
inti-solさんのフルートの最近の音は、
ずいぶんフルートらしい音になっていると思います。
よく鳴っているし音程もよいです。最終的には奏者の技量ですね。

お邪魔します。 

最近フルートに興味を持ち始めて色々調べていたら、たかさんのHPを見つけて読ませていただいています。楽器についても研究しているもので、不躾ながら是非お聞かせください。
文中にある「中には入門用と思えないほど、鳴るポイントがはっきりしていて、パワーの要るフルート」とは、具体的にはどのフルートですか?また、「技術向上のためには、正しい吹き方をしないと途端に音が悪くなって、吹き方が違うことを教えてくれる楽器」とは、どのフルートですか?そしてムラマツのEXは「ハンドメイドクラスの作り込みがされている凄いフルート」とのことですが、例えばサンキョウのエチュードなど他のメーカーの同クラスの楽器はどうですか?やはりEXが素晴らしいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: お邪魔します。 

hippoさん

ようこそいらっしゃいました。ご質問ありがとうございます。不特定多数の人が見るブログでは書けることが、どうしても制限されてしまいますが、私の独断と偏見ということで書かせていただきますね。

「中には入門用と思えないほど、鳴るポイントがはっきりしていて、パワーの要るフルート」とか「技術向上のためには、正しい吹き方をしないと途端に音が悪くなって、吹き方が違うことを教えてくれる楽器」とかは、具体的にはムラマツEXのことを指しているとお考えいただいて結構です。ムラマツのEXは、総銀製ハンドメイドクラスのDS(引き上げトーンホール)と同じ作り込みがされていると思います。頭部管以外が洋銀で作られているという材質の違いだけです。
他のメーカーの引き上げトーンホールの総銀製フルートは二種類あります。サンキョウで言えば、アーチストとセミハンドメイド。パールで言うと、カンタービレとマエスタです。ヤマハは700シリーズと800シリーズがそうです。アルタスはТSと1207がそうです。
同じ総銀製ですが価格が違っています。それは作りを簡略化してコストを下げているからだと思われます。当然価格が高い方がシビアな奏法を要求されると私は試奏して感じました。これらのメーカーの頭部管銀モデルの基本設計は、価格が安い方の総銀製と同じ作りだと私は思っています。
したがってムラマツよりはシビアな奏法が要求されないと思います。最近のサンキョウは、だいぶ吹きやすくなってきたというものの、エチュードも頭部管銀モデルの中では難しい楽器の部類に入ると思います。しかし、入門用ということで考えると、あまり難しいフルートは適さないでしょう。人によってベストなフルートは変わると思います。

Re: Re: お邪魔します。 

hippoさん

そうそう、もうひとつ追加です。コメントをいただいた人の中でEXユーザーの方がいらっしゃるんですが、その方はEXは非常に吹きやすいと書いておられました。実はその方、ムラマツを買う前にヤマハの頭部管銀モデルを吹いていらしたのです。ケーナも吹いていらして、とてもパワフルな音を出します。その人にとってEXは吹きやすいフルートだということなんでしょうね。

ありがとうございました。 

こんなに早く回答いただき感激です。
そうですか、ムラマツEXは本当に良い楽器なのですね。確かにムラマツは商品構成がシンプルで、他メーカーのようにラインナップが二種類あったりしないですもんね。たしか以前に雑誌(The Fluteだったか?)のムラマツ特集で、「違うのは材質のみで製造工程はどのクラスも一緒だ」といった記事があったような、、、、、まあ実際には各クラスによって携わる職人さんのランク(技能)が違ったりするのかもしれませんが。
EXを買って、EXを信じて練習すればきっと正しい方向に導いてくれる楽器のようですね。大変参考になりました。
これからも「フルート日記」毎日楽しみに愛読させていただきますので、頑張ってください。ありがとうございました。

Re: ありがとうございました。 

hippoさん

ムラマツというメーカーは、「これがベスト」というフルートを作っていると私は思います。醤油ラーメン一本で勝負しているラーメン屋みたいなものです。他の店のように味噌ラーメンとか塩ラーメンとかありません(笑)。ですから奏者によって「合う合わない」が多少あるかもしれません。これは実際に吹いてみた方が良いと思います。EXも作りが精巧過ぎて故障することもあります。うっかりキ―オイルを差しただけでキ―が動かなくなるとか、ジョイント部分にちょっとした埃がついたまま、楽器を組んでジョイントが外せなくなるとか…。もしEXをご購入なさるのなら、取り扱いは十分お気をつけになった方が良いと思います。

> まあ実際には各クラスによって携わる職人さんのランク(技能)が違ったりするのかもしれませんが。
 
 昔はこの差がはっきり出ていたと思います。私が20年前に買ったフルートはハンダ付けが下手だったり、キーとトーンホールのセンターがずれていたりしていましたが、最近はそういう差が少なくなったと思います。職人さんの技能が向上したのでしょうが、世相を反映してか、新規採用があまりないらしいです。

> これからも「フルート日記」毎日楽しみに愛読させていただきますので、頑張ってください。ありがとうございました。

 ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【我が青春の思い出の曲~5】へ
  • 【マーチ「ブルーインパルス」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。