スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←価格からみる総銀製のフルート →日々雑感~11/19
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感・音源付き

我が青春の思い出の曲~2

 ←価格からみる総銀製のフルート →日々雑感~11/19
私が吹奏楽を始めたばかりの頃、この頃はトロンボーンやユーホニウムをやっていたのですが、トランペットのニニ・ロッソさんに憧れていました。特に有名だったのが、この「夜空のトランペット」です。あの頃は地元の楽器屋さんにあったトランペットが欲しくて欲しくて、その楽器屋さんによく行ったものです。高校に行ってトランペットをやらせてもらえることになり、自分の楽器も買ったのですが、私はトランペットと相性が悪かったようで、結局今はフルートを吹いています。人生まさしく何が良いのかわかりません(笑)。




関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

リベンジ 

ニニ・ロッソ、僕もよく聴いていました。LPも2~3枚持っていたと思います。クラシックの名曲をアレンジしたアルバムなどもあり、けっこうそこから好きになった曲もあったりしました。彼の吹き上げるような歌い方はひょっとしたら、どこかで影響を受けているのかもしれないと、たかさんの日記を拝読しながら、ふと思いました。
小学5年生の頃、母校小学校の鼓笛隊にトランペットが導入され、体格のよい子がトランペット吹きに任命されました。それにもれたことはとてもショックだったのですが、そこからリコーダーを、ファイフというプラ製横笛を、フルートをと、リベンジが進行することとなるのでした。

Re: リベンジ 

Sonoreさん

> ニニ・ロッソ、僕もよく聴いていました。

おお、そうですか! それは嬉しい。私はニニ・ロッソを聞いてトランペットにすごい憧れを持つようになりました。でも、それって右手の指三本で吹ける楽器だからということもあったと思います(笑)。

私の小学校は鼓笛隊でしたので、花形はリコーダーでした。でも私はリコーダーが全く吹けなかったので太鼓に回されました。リコーダーの吹ける子に憧れてましたねえ。

中学校で吹奏楽部に入った時も木管楽器は出来ないと思っていたので、今の自分に驚いています。



管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【価格からみる総銀製のフルート】へ
  • 【日々雑感~11/19】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。