スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←メンタル・トレーニングの勧め →日々雑感10/30~もうすぐハロウィンですね
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

定期演奏会を開こう…4

 ←メンタル・トレーニングの勧め →日々雑感10/30~もうすぐハロウィンですね
 今回は選曲のお話です。定期演奏会はアマチュアにとって年に一回でしょうから、選曲にも一段と力が入ります。あの曲をやりたいとか、この曲もやりたいとか、いろいろ希望が出て来ます。ただ、やりたい曲ばかりを並べても良い演奏会になるとは限りません。他にもいろいろ考えなければならない要素があるのです。

 ①メンバーの力量を考える

 やりたい曲は大曲・難曲であることが多いので、やりたい曲ばかり選曲すると練習が大変過ぎたり、曲が仕上がらなかったりする可能性があります。これでは定期演奏会が成功するのは難しいでしょう。逆にあまりに平易な曲ばかり選ぶと、メンバーのモチベーションが下がるかもしれません。

 ②聞きに来るお客さんのことも考える

 客層によっても違うと思いますが、お客さんがどういう曲を聞きたがっているかを考えるのも必要です。演奏する方だけ盛り上がっていても、お客さんが盛り上がれなかったら、自己満足の演奏会になってしまうでしょう。演奏会は演奏者と聴衆で作るものだと私は思います。では、どのようにしてプログラムを決めていったら良いのでしょうか。

 演奏会のプログラムは料理のフルコースと同じ

 まず、演奏会のメインになる曲を決めます。これはメンバーの力量より上の曲を選んでも良いでしょう。当然この曲が演奏会までの練習のメインにもなります。このメイン曲は演奏会の宣伝用のチラシにも書ける曲で、チラシを見た人が、「この曲をやるなら聞きに行きたい」と思える曲を選ぶのが理想です。演奏会が3部構成なら、それぞれでメインになる曲を選んでもいいのですが、オリジナル・クラシック系統で一曲、ポップス系で一曲はメイン曲を選ぶといいと思います。

 このメイン曲を中心に他の曲を選びますが、メイン曲よりは練習時間を割けませんので難度の高くない曲を選びます。それともうひとつ、曲想の違うものを選ぶ必要もあります。アップテンポの明るい曲ばかり聞かされても聞いている方は疲れてしまいます。スローテンポの曲とか、静かな曲も用意するといいと思います。そうでないとやっている方も疲れてしまいます。

 演奏会のラストの曲は、アンコールの拍手をもらいやすいように盛り上がれる曲を持ってこれるといいでしょう。アンコールも、そのまま盛り上がって終わるパターンが私は好きなんですが、このあたりは企画の腕の見せ所です。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

ハイスクールオケで定演委員をしていたひゃらりの耳には、
たかさんさんの『定演開こうシリーズ』、なかなか甘酸っぱいです(笑)
特に今回の話は…、
あぁ、17歳の自分に読ませてやりたい!(爆)

 

>やりたい曲は大曲・難曲であることが多い

ホントですよね~(T_T)

うちの楽団はいつまでたってもレベルが上がらないので、
やれる難易度の曲にネタが尽きてしまい、「いつかやりたい曲リスト」だけが増えていきます(-_-)

仕方なく10年以上前にやった曲をくりかえしてみたり。半数以上メンバーが代わってるからいいか、と…(^_^;)
リードさんの曲はもう増えないしなぁ(笑)



Re: タイトルなし 

ひゃらりさん

定演の選曲はなかなか難しいものですよね。「やりたい!」っていう気持ちを大事にしないとモチベーション下がるし、やりたい曲が全部できるわけではないし、最後はどう取捨選択するかだと思いますよ。

Re: タイトルなし 

いつりんさん

スクールバンドは3年でメンバーが全部入れ換わってしまいますが、社会人バンドはそのスパンが長いので選曲も大変ですね。リードさんには、もっとたくさん曲を書いて欲しかったなあと私も思います。「アルメニアンダンス」とか名曲ですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【メンタル・トレーニングの勧め】へ
  • 【日々雑感10/30~もうすぐハロウィンですね】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。