スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←定期演奏会を開こう…3 →洋銀って本当に鳴りやすいの?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

参考音源付き記事

バッハ・トッカ―タとフーガ 二短調

 ←定期演奏会を開こう…3 →洋銀って本当に鳴りやすいの?
 フルートアンサンブルの記事で「フルートとパイプオルガンは遠い親戚」と書きました。パイプオルガンの動画を貼り付けておきます。この壮大な音の洪水をフルートアンサンブルでやるのは難しいでしょうが、どこか挑戦してもらえないかと思っています。


ちなみに金管アンサンブルだとこうなります。


それから吹奏楽版では、この演奏がありました。

1967年の出雲一中の演奏です。他にも色々な団体が吹奏楽コンクールでこの曲を演奏していますが、録音の良し悪しを除いても、この演奏がピカ一だと私は思っています。これが中学生の演奏ですから驚きです。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

吹奏楽で 

こんにちは。

トッカータとフーガを聴いたのは高校生の頃だったと思います。
ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のレコードでした。
吹奏楽でオルガンのような音だだせるのか!と驚いた事を覚えています。

出雲一中の演奏はこれとはタイプが違いますが、凄いですね!これが中学生か?!という感じです。

Re: 吹奏楽で 

よんちゃんさん

こんにちは。最初にギャルドのサウンドを聞いた時は、びっくりでしたねえ…。吹奏楽ってこういう音なのか
と私も思いましたよ。

出雲一中の演奏は時代を考えると、すごいなあと今でも思います。録音機材も技術も今よりは劣っていたでしょうし、中学生が使える楽器もたかが知れていたと思います。それでこの演奏ですからね。ほんとびっくりです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【定期演奏会を開こう…3】へ
  • 【洋銀って本当に鳴りやすいの?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。