スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日々雑感~11/1 →日々雑感~11/3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

アマチュアの場合、練習計画が命です~その2

 ←日々雑感~11/1 →日々雑感~11/3
 前回の記事(こちら)でも書きましたが、社会人バンドの場合、練習時間がどうしても限られます。その中で効率の良い練習をして、良い演奏に仕上げるためには、練習計画を綿密に練ることが必要です。バンドのメンバーのほとんどが学生か20代の独身者なら、多少の無理も利くでしょうが、家庭を持ち仕事面でも重い責任を持たねばならない立場の年代が多くなれば、なかなか練習に自分のプライベートな時間を割けないことも多くなります。子どもが成人して仕事も定年退職後であれば、思いっきり活動できるでしょうが、それまではどうしても制約されるでしょう。それでも、万障繰り合わせて練習に参加しなければ良い演奏はできません。この兼ね合いが難しいのです。

 解決策のひとつとしては、活動の時間帯を夜にすることが考えられます。平日の昼間は仕事、休日の昼間は家族サービスで、練習のある夜だけは勘弁してもらうのです。本番の日は一日活動に費やすことになりますから、スケジュール管理をきちんとしてもらい、3週間~4週間の間隔を空けるようにしたら、良いのではないでしょうか。また、そのくらいの間隔を空けないと、練習日にどうしても来れないという人が一回も合奏練習に参加せずに本番を迎えることになってしまいかねません。一曲につき3回位の合奏練習は欲しいと思います。

 もうひとつは、本番で演奏可能なレパートリーを増やしておくことでしょう。ただ、これでも最低一回は本番前の合奏練習をしたいものです。前にも書きましたが、演奏が未熟なのは仕方ないとしても「ぶっつけ本番」は演奏を聞いてくださる方に対して誠意が足りないと思います。ややもするとプロでもそういう演奏をする時があります。学校の芸術鑑賞会でのオーケストラの演奏で、そんな演奏を実際に耳にしたことがあります。これはいただけません。アマチュアでも、この点では甘えられないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日々雑感~11/1】へ
  • 【日々雑感~11/3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。