スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日々雑感9月 →吹奏楽にアレンジされた曲は原曲を研究すべきです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

マエスタでフォーレとバッハを録音しました

 ←日々雑感9月 →吹奏楽にアレンジされた曲は原曲を研究すべきです
 夏が終わり秋雨がうっとうしい9月下旬、ひさびさに自分の演奏を録音してみました。(たくさんの「拍手」&コメントありがとうございます)

 まずは小手調べ…のつもりで、フォーレの「シチリアーノ」を録音しました。去年、録音した曲ですので、すぐできるだろうと思っていたのですが、甘い!結構苦労しました。去年はアルタスで録音したのですが、マエスタとは楽器のコントロールが微妙に違います。基礎練習だと問題ないのですが、アルタスで練習した曲だと無意識にアルタスの吹き方になるのでしょう。マエスタとでは、楽器のコントロールの仕方が微妙に違います。当たれば反応も良く響いてくれるのですが、ちょっとでも外れるとスコーンと音が出ません(涙)。もっと練習しないとなあ…。録音の前の日はヤマハ281FTを吹いていたのですが、これも良くなかったかもしれません。何しろこの楽器は簡単に鳴る鳴る…。人間は易きに流れますので、技術がなくても鳴るフルートばかり吹いていると、ダメですね。

 ということで、録音はこちらです。フォーレ「シチリアーノ」byマエスタGP

 以前に録音したのとは違う伴奏CDなのですが、私が考えているテンポよりも速い速い…。私が参考にしたのは、ラリュ―の演奏なのですが、あのくらいのテンポの方が良かったなあ。伴奏とところどころ合ってません。う~ん、ちょっと残念。録音を聞き直して見ると思ったよりも私の音が近くに聞こえますが、レコーダーとは5メートル位離れています。もっとびっくりなのは、録音中の私の耳には伴奏の音ばかりがやたらとでかく聞こえて、自分の音は聞き取りずらかったのです。今聞いて見ると伴奏よりフルートの方が大きめですね。おかげで音程の悪いところがあちこちにあるのがバレバレですね。フルートのコントロールが完璧でない証拠です。

 小手調べでこのテイタラクなので、本腰を入れてやろうと思っていたバッハ「フルートソナタ」はもっと大変でした。第一楽章をさらっていたので、それを録音しようと思ったのですが、指が全く追いつきません(涙)。それから曲が長過ぎて口が持ちません。頭の回転もテンポに追いつきません。どうしても途中でへばってしまいます。伴奏なしでさらっていた時はまあまあだと思ったのですが…。音符の長さを正確に吹かないとチェンパロの細かな音符と合いません。プロってのは大したものだなあと改めて感心しました。

 そこで仕方なく急遽第二楽章をさらって録音することにしました。テンポがゆっくりなら大丈夫だろうと…。しかし、やっぱり甘い!装飾音とトリルがどうしてもバッハらしくなく、フルートの音もほとんどノンビブラートにして、バッハという雰囲気を出したいと思ったのですが、ところどころ中途半端なビブラートがかかってしまいました。本当はフルートトラベルソのイメージもあったんですけどね。私が参考にしたのはランパルの演奏なのですが、吹いている時の気分はランパルでしたが、録音を聞いて見ると似ても似つかずの演奏になってしまいました。いろんなことを欲張って成功してません。まあ、実力的にもそうでしょう。この日初めてさらっての録音ですからこんなもんです。譜読みの甘いところはご容赦を…。でも、このままでは終わりません。いつかそのうち全曲録音できるように曲を仕上げます。いつの日か…(笑)

 ということで、録音はこちらです。バッハ「フルートソナタBWV1030第二楽章」byマエスタGP

 伴奏のチェンパロはシンセサイザーで作ったものだそうです。私が聞いても本物と区別がつきません。演奏の出来は置いといて、この伴奏でバッハを吹くと気分は最高です。第一楽章も録音できるように練習しようっと。この楽譜と伴奏CDのセットは、リコーダージェービー有限会社(TEL06-6675-7771 FAX06-4701-6566)発行のFlute Music Seriesです。定価は1800円です。伴奏のチェンパロは、通常テンポの他にゆっくりめのテンポの伴奏もあります。もちろん模範演奏もついています。

 それからお気づきのことと思いますが、私のフルートの呼び方を変えました。シンプルに「マエスタ」とか「アルタス」とか普通に呼ぶことにしました。ブログを始めてから自分のフルートに名前を付けてみたのですが、どうも私の性格からすると無理があったようです。名前を付けること自体はいいことだと思うのですが…。でも自分のフルートに愛着はありますから、これでいいかと思ってます。

 追記です。この記事をアップした後でパユの演奏を聞き直しました。コワイ思いをするとわかっててもどうしても見たくなる「コワイモノ見たさ」ですね。自分で演奏してみて録音を客観的に聞いてから、パユの演奏を聞くと何が足りないのか良くわかります。(足りないものだらけ!)ああ、コワイコワイ、でも楽しい。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

拝聴しました♪ 

聴かせていただきました~!
2楽章、長ーいフレーズがとっても素敵ですね。

バッハ…本当に!難しいですね(T_T)
私も1楽章は長すぎて
リピートなしでも持ちません。
吹きだしのルンルンさはどこへやら…でヘトヘトになります。

今、3楽章をやっていますが(決して1、2ができたから、というわけではありません(笑))
没頭できる感じで、いつまでも吹いていたくなっちゃいますよ。実際には子どもが何やかんや言ってくるのでのめり込むことはできませんが(T_T)

ぜひ1、3もUPしてくださいね~!たのしみにしてます♪
伴奏…私も買っちゃおうかな!

Re: 拝聴しました♪ 

いつりんさん

聴いてくださってありがとうございます。

> バッハ…本当に!難しいですね(T_T)
> 私も1楽章は長すぎて
> リピートなしでも持ちません。

やっぱり長いですよね。最後まで持つように練習しないといけませんね。

> ぜひ1、3もUPしてくださいね~!たのしみにしてます♪
> 伴奏…私も買っちゃおうかな!

この録音は「練習の記録」なので、2楽章ももうちょっと良くして再録音しようと思います。もちろん1、3もがんばります。いつりんさんもぜひこの伴奏CD買ってください。チェンバロの伴奏、楽しいですよ。

お久しぶりです 

こんにちは。

演奏聞かせていただきました。
澄んだ音ですごくキレイですね。

先週の木曜日のレッスンで私もたまたま第一楽章をやるように言われたんです。
でも家に帰ってみると以前練習したことのある曲だったと気づきました(笑)

じゃあ、出来るか?って言うとたかさんと一緒で長いので最後のほうは疲れちゃって。。。
途中指の回らない箇所もたくさんありました。
以前の練習で完璧に仕上がっていない証拠ですよね。

お互い頑張りましょうね!

Re: お久しぶりです 

ディアさん こんにちは。お久しぶりです!

> 演奏聞かせていただきました。
> 澄んだ音ですごくキレイですね。

ありがとうございます。やっとコントロール出来るようになっては来たんですが、楽器の能力からしたら、もっといい音が出ると思います。目標は遠いです。はぁ…。

ディアさんも、この曲、練習しているんですね。すごくやりがいがあって(ありすぎで)、面白いといえば面白いんですけど、大変です。

> お互い頑張りましょうね!

はい、がんばりましょう。

 

シチリアーノ、大好きな曲です。
そして、この音色!
私のEXも好きですが、マエスタの音色は素晴らしいですね。何というか、厚みがあって奥が深くて複雑な音という印象です。一言で言うと、「吸い込まれそうな音色」って感じです。

実は、私もただいま録音中です。過去に録音したある曲に再アタック中です。しかし、なかなかうまくいきません。以前の版よりは改善しているのですが、フルート4重奏の音のおしりがどうしてもピタッと合わないんです。フォルクローレのケーナ二重奏だと、ピタッと合わせられることが多いのですがねえ。
録り直し、と思うのですが、家庭環境的になかなか難しいです。相棒と子どもが外出しているときでないと、雑音が入ってしまいますから。

Re: タイトルなし 

inti-solさん

シチリアーノ、私も大好きです。

> 私のEXも好きですが、マエスタの音色は素晴らしいですね。何というか、厚みがあって奥が深くて複雑な音という印象です。一言で言うと、「吸い込まれそうな音色」って感じです。

ありがとうございます。マエスタを買った当初とは、ずいぶん音色が変わってきたかも知れません。もっといい音色が出せるんじゃないかと欲張りなことを考えています。パールとムラマツはともにヘルムートハンミッヒを目指しているのでダークでディープな音色は共通しているかも知れません。ムラマツの方が個性の強い頑固な音かもしれないですね。

> 実は、私もただいま録音中です。過去に録音したある曲に再アタック中です。しかし、なかなかうまくいきません。以前の版よりは改善しているのですが、フルート4重奏の音のおしりがどうしてもピタッと合わないんです。フォルクローレのケーナ二重奏だと、ピタッと合わせられることが多いのですがねえ。
> 録り直し、と思うのですが、家庭環境的になかなか難しいです。相棒と子どもが外出しているときでないと、雑音が入ってしまいますから。

いい環境で録音するってなかなか出来ないですよね。私が録音した時も余計な音が入ってしまったり、いろいろありました。ぜひ四重奏の録音を完成させて聴かせてください。私もそのうち多重録音できるようにしたいと思います。

 

遅ればせながら拝聴いたしました!

済んだ音色を堪能させていただきました。
「シチリアーノ」は今練習中なので、
たかさんさんのこの演奏を目標に精進したいと思います。

バッハの演奏もとてもシックですてき!
(タイヘンそうですけど/汗)
他の楽章がアップされるのをわくわくしながら待ってます♪

Re: タイトルなし 

ひゃらりさん

聴いてくださってありがとうございます!

マエスタの音は、こんなもんじゃないと思います。まだまだ楽器の力を出し切れてません。
「シチリアーノ」はひゃらりさんも練習中なんですね。いい曲ですよね。
バッハももっと練習してまた録音します。ご期待に添える演奏になるかどうかは、わかりませんが(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日々雑感9月】へ
  • 【吹奏楽にアレンジされた曲は原曲を研究すべきです】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。