スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートのオプションについて考える →次のメインフルートをどうやって選ぶ?その2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・購入のポイント

次のメインフルートをどうやって選ぶ?その1

 ←フルートのオプションについて考える →次のメインフルートをどうやって選ぶ?その2
 最初に買うフルートは何が良いかについては、今まで述べてきました。ファーストフルートは吹きやすくて比較的安価なフルートを買って腕を磨き、それから次にメインで吹くフルートを買った方が良いと私は思っています。最初に買ったフルートはサブにします。メインのフルートを修理調整に出す時に必要になりますし、たまにファーストフルートを吹いてやるのも良い気分転換になると思います。

 でも次のメインフルートをどう選んでいったらいいかについて具体的にまとめたものを書いてはいませんでした。ここでは、メインフルートをどう選んでいったらいいかについて私が考えたことを述べていこうと思います。ファーストフルートの仕様(スペック)は、総洋銀か頭部管銀モデルでカバードキー・ドローントーンホール・Eメカニズム付きというのが一般的でしょう。次のフルートを選ぶ際には、

 ①どんな材質を選ぶか
 ②どんな音のフルートを選ぶか
 ③Eメカを付けるか付けないか
 ④カバードキーにするかリングキーにするか・
  リングキーの場合、H管にするかC管にするか
 ⑤トーンホールはドローンにするかソルダードにするか

といったところがポイントになるでしょう。ファーストフルートと同じスペックを選んでもいいし、違うものを選んでもいいわけです。いろいろなフルートを試奏してみると、ファーストフルートと同じスペックのものは吹きやすく、違う部分が増えれば増えるほど吹きにくくなる傾向があると思います。まず①から考えるのですが、「総銀製」のフルートを選ぶのが一般的だと思います。材質が総銀で他はファーストフルートと同じスペックのものから試奏を始めると良いと思います。総銀製でも銀の含有率が異なるものがあります。同じメーカーのフルートでも銀の含有率が違うと音が違いますので、別物のフルートとして試奏するといいでしょう。

 ②が試奏の中心になります。音の要素である「音程・音色・音量」を中心に見ていきます。この三要素はメーカーごとに微妙に違っています。それぞれのメーカーでコンセプトが違っているからです。音程は音階を吹いて吹きやすいか吹きにくいかで判断します。音色は自分の好みの音色がどういうものかイメージを持っている必要があります。それに近い音色の出るものを試奏して確かめるわけです。音量もそうです。自分が求める音量が出るかどうか確かめます。自分のすべての理想を満たしたフルートはないでしょうから、何を最も重視するかを考えます。

 私の場合、アルタスとは違った音色を持っているフルートが欲しいと思いました。必然的にパールかムラマツかという選択になりました。私が吹いたところでは、パールは優しいダークな音色ですが音量が足りない、ムラマツは芯の太いダークな音色で大音量といった感じです。これも人によって違うのが面白いところです。ムラマツを明るい音で吹く人もいますし、パールを大音量で吹く人もいます。あくまでも吹く人の個性でフルートの音が違うと思います。

 私は吹奏楽で大ホールでの演奏が活動のメインですから、音量の出るフルートが絶対に欲しいところです。吹き手が豊かな音量の持ち主であれば、音色重視のフルートを選んでもいいでしょうが、私はそんなに音量が出るタイプではありません。しかし、試奏を通じてパールマエスタの音色に惚れ込んでしまいました。自分の力量ではマエスタを音量豊かに吹くのは難しいので、頭部管を最も音量が出るタイプにしました。そして金メッキをすることによって、音の遠達性と音色の両方を手に入れようとしたわけです。

 長くなりましたので、③④⑤については明日アップします。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

次のフルート 

今使っているムラマツEXは、2年半ほど使ったところです。当分「次のフルート」を買う予定はないですが、単なるあこがれのレベルで言えば、次はサンキョウの木管フルートが欲しいです。試奏して、すごく気に入りました。
が、お値段は100万円、とても買えません。
ついでに、銀と洋銀は、色があまり変わらないのでパッと見て区別は付きにくいと思いますが、木管や金のフルートは誰がどう見ても一目瞭然。私程度の実力でそんなものを人前で吹くのは、いささか恥ずかしいという気もします。

そんなにたくさん試奏したわけではないのですが、その範囲内で言えるのは、アルタスはどうも自分には若干吹きにくいようだ、ということ。それから、自分の音色の好みにはムラマツが一番あう、ということ。でも、次のフルートもムラマツというのは芸がなさ過ぎるし、だいたいムラマツは高い。さて、何を買うことになるんでしょうね。以前は、次のフルートはEXの5年後と思っていたけれど、最近は10年後でもいいかな、と。(それまでオーバーホールしないで済めば、ですが)

Re: 次のフルート 

inti-solさん

inti-solさんの使っているEXは定期的にメンテナンスして過酷な状況の中で吹いていなければ10年はオーバーホールしなくても大丈夫じゃないでしょうか。

ムラマツとアルタスはクセが全然違います。両方吹けるという人もいると思いますが、ムラマツの吹き方だとアルタスはキツイですねー。この間の試奏でアルタスの吹き方でムラマツを吹いたら全然鳴りませんでした。

木管フルートはいいですねー。お金があったら私も買いたいですが、なかなか買えません。見た目が違うのは気にしないのが一番です。

はじめまして、とても参考になりました。 

はじめまして、こんにちは^^
また覗かせていただきますね。

Re: はじめまして、とても参考になりました。 

心奏さん

こんにちは。ようこそおいでくださいました。またいらしてくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前田綾子の教室いらずの自宅で簡単フルートレッスン

JUGEMテーマ:楽器 どうしてこうもフルートが上手くならないの? 学生時代に憧れたフルートだけど、やっぱりとても難しい・・・ そんな悩みを抱えていませんか? フルートは敷居が高いイメージはありますが、それほど難しい楽器ではありません。 せっか
  • 【フルートのオプションについて考える】へ
  • 【次のメインフルートをどうやって選ぶ?その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。