スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ムラマツフルートと吹奏楽とジャイアンツ →ピッコロ選定の基準?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

新・社会人バンドは本当に初心者OK?

 ←ムラマツフルートと吹奏楽とジャイアンツ →ピッコロ選定の基準?
 今年、スクールバンドから離れて、社会人バンドで活動するようになってから、つくづく思うことがあります。社会人の吹奏楽団って、本来は広く門戸を開放すべきものであるはずですが、なかなか難しいんだなということです。

 社会人の吹奏楽団って私の知っている限りでは、中学校や高校などで吹奏楽を経験して、卒業後も吹奏楽を続けたいと思っている人が中心になって結成されたところが多いようです。吹奏楽は人数が多いほど、合奏をしていても楽しいですし、お金もそれなりに集まりますから活動もしやすくなると思います。ですから「初心者OK」なんて歌い文句で、団員を集めたりするんですが、いろいろと問題が出て来ます。

 私の経験上、大部分の社会人バンドは、中高大の卒業生バンドが母体になっていると思います。私が昔、設立に関わったバンドも設立しようという時には、ある高校の卒業生ばかりでした。当然、そのバンドは、特定の高校の運営の仕方、練習の仕方を継承するわけです。社会人バンドになった時に、最初に述べた理由(人数が多い方が楽しい・資金も集まる)で、卒業生以外にも門戸を開放するわけです。

 これがまず最初の関門です。

 応募してくる吹奏楽の経験者は、別のところで違うやり方で吹奏楽をやっています。端的にいうと、運営のやり方、練習のやり方に戸惑うことが多いのです。ましてや、某学校の卒業生同士だけで仲良くしてしまったら、最初の関門で、もう運営は暗礁に乗り上げてしまいます。もちろん応募してくる人の中には、吹奏楽をやってみたいという初心者もいます。「初心者OK」なんて看板出していたら、そういう人は応募してきますよね。中学の吹奏楽は、ほぼ全員が最初は初心者です。高校だって大半は初心者がいます。大学だって話を聞くと似たりよったりです。高校生だと中学校で経験した子より、高校から始めた初心者の子の方が上手になったりします。

 だから、「初心者OK」なんて看板を出すんですが、これが第二の関門です。

 スクールバンドは毎日練習しますから、練習量は豊富です。上級生はある程度できますから、一緒にやっているうちに下級生も出来るようになってきます。(それに若いから頭も体も柔軟性がありますし…)でも、社会人バンドはせいぜい週1~2回、2時間程度の練習です。管楽器はフルートみたいな楽器を除き、図体も大きく音も大きい楽器ばかりですから、練習場所に困ります。当然練習できるのはバンドの練習のある時に限られたりします。

 そうすると、まず上達することは難しいと思います。吹奏楽の経験者は「練習すれば上手くなる」と思ってますから、「うまくならないのはやる気がないから」なんて簡単に結論づけてしまいます。でも、やる気がないなら応募しないでしょう。週1~2回の練習時間のほとんどは合奏練習ですから、初心者はよく吹けないまま合奏に参加します。個人で練習しない(個人で練習したとしても何を練習したらいいかわからない)まま、次から次へと新曲が渡されて、数回の合奏で本番の演奏なんてなったら、「できなくても仕方がないや」と初心者が思うのは当たり前のことです。そうなったら、初心者と経験者の間に溝が出来てしまいます。

 第三の関門は、編成と練習場所、活動資金の問題です。

 社会人バンドは、楽器は「個人持ち」が原則です。そうすると、どうしても個人で所有しやすい楽器ばかりが集まります。ある楽器はやたらと多くて、違う楽器は全然少ないバンドとかが普通だったりします。大体、大型楽器は自分で買おうとしても高価だし、家に置く場所もないし、もちろん練習だってなかなか出来ないので、個人所有している人は少ないでしょう。(個人所有している人がいたら、その人はバンドの宝です)バンドが活動するために必要なお金をどうするかだって、大問題です。

 これらの関門をクリアーしていかないと、社会人吹奏楽団で活動するのが楽しいとはならないかなと思います。特に第二の関門をどう克服していくかですよね。長くなったので今回は問題点だけなんですが、この記事をお読みの方で、こんな方法でやっているという方はぜひ教えてください。コメントをいただいてもなかなかお返事できないかもしれませんが、克服法の記事を書くときの参考にさせていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

はじめまして、この記事を読んですごく納得しました。
とある離島のビッグバンドに一年前入団しました。パートはとろんぼーんです。仕事柄、自営業なのでなかなか思うように練習にいけないのですが
かろうじてまだやめていません。週2回の練習で役2時間です。
自分は30分とかしかいけなかったりするので、別室で練習というかんじです、合奏にはまだ3回くらいしか入ってないです。練習がない日などは
毎日海や山でロングトーンをひたすらやっていました。
最近楽譜を練習できるようになった感じです。メトロノームを使って一人で
やっています。バンドの練習のでもそんな感じでやっています。
そして年末とある催し物に副団長さんからでてみろと言われました。
それでとりあえず、できそうな曲を一人で練習して、合奏はほぼ一回しか
合わせられない状況でした。俺だけずれまくってました。3月にコンサートが予定されているんですが数曲だけでもという感じです。トロンボーンの
経験者から今教えてもらっているのですが、一人で楽譜からちゃんとできるようになってからといわれますが、合奏でわかってくる部分もあると思います。3月のコンサートが終わるとトロンボーンの経験者は転勤でいなくなり俺だけになります。バンド自体も経験者だのみのところがあり、
催し物やコンサートがある時だけ来ているといった感じです。
個人的なぐちになってしまって非常に申し訳ないですが、くやしいんです。

Re: NoTitle 

1年目初心者さん

コメントありがとうございます。なかなか御苦労なさってますね。

学生時代は毎日練習できますから、1年もすれば結構吹けるようになると思いますが、社会人の場合、1年やっても3~4カ月分の練習時間しかありません。しかも週に2回くらいだと次の練習の時は、前にやったことを体が忘れていたりしますから、なかなか上達しませんよね。でも頑張ればそのうちに上手になっていきますよ。

周りの人達はどうですか、温かく見守っていてくれれば、続けていけますよね。社会人バンドで一番大事なのは、初心者を長い目で見られるかだと私は思っています。

NoTitle 

コメントありがとうございます。実は俺が入団して少したってぐちを
言ったり腐ってしまいまして。副団長さんに激怒されました。
周りのメンバーからもあまり相手にしてもらえない状況だったのですが、
なんとか最近メンバーとも打ち解けてきたかなという感じです。
やっとスタートラインに立てた気がします。コメントありがとうございました。

Re: NoTitle 

1年目初心者さん

上手く吹けなくてグチったり腐ったりするのは、裏を返せば「できない」のが悔しいという向上心があるからだと思いますよ。これからですから、頑張ってください!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ムラマツフルートと吹奏楽とジャイアンツ】へ
  • 【ピッコロ選定の基準?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。