スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←リングキーは難しい? →ヤマハのスタンダードシリーズ(211・281)にサンキョウの頭部管を付けたらどうなる?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

ビブラートはどうやってかける

 ←リングキーは難しい? →ヤマハのスタンダードシリーズ(211・281)にサンキョウの頭部管を付けたらどうなる?
 今さら気付いたことですが、私のブログで「ビブラート」について述べたことはありませんでした。うーむ、何でだろう…。たぶん「ビブラート」って技術のうちなんですけど、音楽が伴わないとビブラートにならないから純粋にビブラートについて論じにくいんでしょう。

 ビブラートには二種類あります。種類の区別のつかないビブラートもありますが、音の「高低」と「強弱」です。音の「高低」に変化をつけるものが一般的でしょう。弦楽器は「高低」型です。管楽器の場合、顎を動かしてビブラートをかける「高低」型もありますが、基本的には「息」の量をコントロールしてビブラートをつける「強弱」型だと言われています。

 私はリコーダーを吹く時もビブラートをかけます(本当はビブラートをかけないのが普通だそうです)が、そのビブラートは「強弱」型です。リコーダーは構造上、息の強弱でビブラートをかけるより他ないのです。息のスピードが速くなればピッチが上がり、息のスピードが遅くなればピッチが下がります。リコーダーでは息のスピードが遅くなった時のピッチを上げることはできませんから、結果として「高低」も付くわけです。

 それでは息の「強弱」をどう付ければいいのでしょうか。私は昔「お腹でかける」と教わりました。「腹圧」が弱いとビブラートがかからないのは確かです。それでも腹筋を小刻みに動かして息の量をコントロールしているわけではありません。喉を震わしているわけでもありません。それなら口しかないのですがリコーダーでは無理です。よく考えると、圧力のかかった息を口の周りから喉にかけての筋肉を微妙に震わせて息の強弱をつけているようです。私の場合はフルートでも同じような方法でビブラートをかけていると思います。フルートの場合、顎を動かしてのビブラートはまず無理です。緊張して口がガクガクしてかかるのは「ビビラート」です(笑)。

 面白い実験がありました。フルーティスト(二コレさんのような一流フル―ティストも含む)が、実際にどのような方法でビブラートをつけているのか、科学的に分析しようという実験です。おおむね私の感覚と同じ結果で、お腹でビブラートをかけていた人は誰もいなかったそうですし、体のどこをビブラートのために使っているのかは、はっきりしなかったそうです。だからビブラートをどうかけるかは、教える人によって言う事が違っていたりするわけですね。

 しかもビブラートって時代や演奏スタイルによっても微妙に違います。例えば、バッハの曲を演奏する時にどういうビブラートが適当なのか、あるいはノンビブラートなのかとか、このあたりのことを研究し始めるとキリがありません。今後はこれが研究対象になるかなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

私も、ビブラートが染みついてしまって、リコーダーでもビブラートがついてしまいます。以前ホームページにビブラートのことを書いたとき、いろいろと調べてみたのですが、私も自分のビブラートをどこでつけているか、よく分かりませんでした。腹も動いているし、胸も動いている、喉もあごも動いています。ただし、少なくとも喉やあごが「起点」でないことは確かです。腹か胸か、どちらかなのですが、どちらかはわかりません。多分、腹と胸両方同時に動かしているのでしょう。ただ、感覚としては、腹でビブラートをかける「つもり」で吹くのが一番いい気がします。
ゴールウェイも、自分がビブラートをどこでかかけているかはよく分からないと言っている、と読んだことがあります。

Re: タイトルなし 

inti-solさん

> ゴールウェイも、自分がビブラートをどこでかかけているかはよく分からないと言っている、と読んだことがあります。

やっぱりビブラートってナゾなんですね(笑)。ゴールウェイでもよくわからないなら、私がわからなくても当たり前ですね。良かったあ…。


管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【リングキーは難しい?】へ
  • 【ヤマハのスタンダードシリーズ(211・281)にサンキョウの頭部管を付けたらどうなる?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。