スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←当ブログが「電子書籍」になりました! →ドイツ式とかフランス式とかはもう古い?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音楽全般

自分を甘やかしたら上達しません!

 ←当ブログが「電子書籍」になりました! →ドイツ式とかフランス式とかはもう古い?
 いくら音楽が好きでも音楽を続けるのが嫌になってしまう時があります。「いくら練習しても上手くならない」ということは、多くの人が経験されているのではないでしょうか。私にもそういう経験があります。冷静に考えれば「いくら練習しても上手くならない」のは、上達の過程では必ずあることですから、これをどう乗り越えるかが肝心です。もっとも今でも「練習してもなかなか上手くならないなあ」と思っていますが。

 でも私は「一生懸命練習したんだから仕方ない」とは思いません。「仕方ない」というのは「あきらめ」の言葉でもあるからです。同時に「自分には才能がないんだから」とも思わないようにしています。私に才能があるとは思ってませんが、「できない」ことを才能のせいにしたら、やっぱり「あきらめ」に繋がってしまいます。こういう時に私は「一生懸命練習したのに何で出来ないんだ、悔しい」と思ってしまいます。ということは練習するたびに悔しいと思っているわけです。

 4年前に大病を患って、フルートを吹くどころか立ちあがって歩くことも出来なかった時に私が思ったのは、「何で歩けないんだ」ということでした。苦しいリハビリをこなしたのも、それがエネルギー源だったかも知れません。リハビリのためにフルートを再開した時は、息はすぐ切れるし指も動かないので、吹きたくなかった時もありましたが、吹けないのがイヤだったので、ひたすら練習してました。おかげで昨年、再入院してしまいましたが…。

 今はだいぶ回復してきたので、もっと上達しても良さそうなものですが、なかなかそうなりません。よく考えると「悔しい」という気持ちが薄れているように思います。病気も小康状態でこれ以上良くはならないと思っているのと同じで、音楽に関しても「病気したんだから仕方ない」という気持ちになっているかもしれません。自分が上達しないのを病気のせいにしていてはダメですね。出来ない言い訳をせず、自分を甘やかさず「もっと良くしたい」と頑張ることが大事だと思っている今日この頃でした。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

甘いです、僕 

お久しぶりです。

「悔しさ」が足りないship-papaです。
いつも自分を甘やかしてますぅ~。(^^;)

トロンボーンもフルートも、絶対的な「伸びしろ」が、
自分には存在しているとは思っているのですが……。
もっとも僕の場合は、練習時間が少なくて、
結果的に「出来ない」ことの方が多いですけど。

演奏会の後は、いつも思います。
「次は、もっと上手に吹いてやる!」と。
このモチベーションをどれだけ長く持ち続けられるか。
それが、たかさんのいう『悔しさ』かなと思いますが、
どうでしょうか?

やっぱり「音楽は楽しく」と思ってて、
その快感を得たいが為に努力するってことかなと、
そんな風に思っています。

また、お邪魔します。

私も・・・ 

よく分かります。

「上手くなりたい」
いつも、思っています。

プロ演奏を聴くたび、自分の足りない諸々を痛感させられます。

やるべき事が多い。
自分の得意とする部分は・・・
残念ながら、何も・・・
でも、「これが限界」とは思っていません。
「やるべき事がいっぱい」あるから、基礎練習が楽しいです。
基礎練習は、自分の進歩が分かりやすい!

好きな曲の楽譜もたくさん買い込んでいますが、あまり練習していません。
聞き慣れたCDよりも、ヘタクソで、吹いててしんどいです。

音階、アルペジオ、ハーモニクス、etc.
頑張ってます。

そうですねー。 

その通りですねー。
甘やかさないでやりたいですが、時々悪魔のささやきが。
結構甘やかしていたかも。耳が痛いですが、ありがたい記事でした。

才能、、、。あればいいのですが、特別素晴らしいものは、持ち合わせていないので、努力で、勝ち取れるものは、少しずつでも。
と、日々思って生きてます!

諦めては、可能性もなくなりますものねー。ちょっとでも、可能性があると信じて頑張りたいですね!

Re: 甘いです、僕 

ship-papaさん

ship-papaさんのブログは毎日拝見していますが、トロンボーンもフルートもがんばっていらっしゃると思いますよ。

> 演奏会の後は、いつも思います。
> 「次は、もっと上手に吹いてやる!」と。
> このモチベーションをどれだけ長く持ち続けられるか。
> それが、たかさんのいう『悔しさ』かなと思いますが、
> どうでしょうか?

その通りです。それが大事ですよね。「悔しい」と「楽しくない」は同義ではないと思いますよ。
また、いらしてくださいね。

Re: 私も・・・ 

フルト二ウムさん

そうなんですよね。プロの演奏って目標なんですよね。「自分はプロじゃないから」と思ったら自分で自分の限界を作ってしまいます。限られた練習時間で充実した練習をしたいものです。

> 音階、アルペジオ、ハーモニクス、etc.
> 頑張ってます。

私もがんばります!

Re: そうですねー。 

まつばらさん

誰でも悪魔がささやくもんです…笑。
口はばったい言い方ですが、どんな才能も努力なしには開花しないと私は信じています。どんな才能があっても他の人の半分の努力で通じるほど、この世界は甘くないですよね~。「あ~、努力がたりないや」と思うより「自分は努力してるよ!」なんて思う方が自分を甘やかしていたりして…。ライブ予定が立ったら知らせてくださいね。私も勉強したいのでよろしくお願いします。



似たようなことが… 

そうですね。
おこがましいと知りつつ、頭のどこかで「いつか師匠と同じようにできるはず」と思っている自分がいるのは確かです。だからそれとかけ離れた音が出ると悔しかったり自己嫌悪になったりするんですね。

以前、師匠に「自分で自分の可能性を押さえ込むようなことを言わないe-262」と言われたのを思い出しました。その頃、口癖のように「できない」とか「無理」とか言っていたので;;;
自分を甘やかす、というより「やればできるようになるから」と励ますことが多くなったような気がします。…これも一種の甘えかも知れないですけれど…

Re: 似たようなことが… 

春子さん

自分の可能性を信じるっていうと格好がいいですけど、いつかは師匠を超えてやるということですから、ある意味おこがましいのかも知れません。私はこの手のおこがましさは持っていてもいいんじゃないかと考えます。「やればできる」も一種の甘えかもしれませんが、「できない」とあきらめるよりはいいんじゃないかと思います。こんなことをいいながら自分で自分を叱咤激励してます。はい。

こんばんは! 

読んでいて心に沁みました。気持ちが分かります。自分もそういう時あったし、自分も種類は違うけど、病気持ちで・・・色々な波を通って来ました。あきらめず、好きな事を私も楽しみながら
やっていきたいです。

それからごめん!遅くなりました!電子書籍おめでとうございます☆素晴らしいですよ★
良かったですね☆これからも応援してます。

Re: こんばんは! 

未来さん

どんなに好きなことでもつらい時がありますよねえ。でも好きなことをやれるから、つらいことも乗り越えられるわけで、病気とも付き合っていけるかなと思っています。私は体調が崩れた時には激しい頭痛と目まいがしますし、左手と右手の人差し指が動かしにくくなったりするんです。吹くのは大変なんですけど、「吹きたい」という強い意志を持つと動かせたりするんです。不思議ですよ~。

>それからごめん!遅くなりました!電子書籍おめでとうございます☆素晴らしいですよ★
> 良かったですね☆これからも応援してます。

全然遅くなんかないです。ありがとうございます。嬉しいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【当ブログが「電子書籍」になりました!】へ
  • 【ドイツ式とかフランス式とかはもう古い?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。