スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日々雑感8月 →次のメインフルートをどうやって選ぶ?その1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・購入のポイント

フルートのオプションについて考える

 ←日々雑感8月 →次のメインフルートをどうやって選ぶ?その1
 当ブログの過去ログ「日本のフルートのモデルはヘルムート?」の記事で、ドイツ式フルートのようにオプションをいっぱい付けたフルートもいいなあ、なんて書きました。ヘルムートはEメカ、G/Aトリル、Disキーローラーがほぼ標準なのです。今回はフルートのオプションについて考えてみたいと思います。パールのカタログにラインアップされているのは以下の通りです。

p04.jpg

p06.jpg

untitled2jp.jpg

Eメカニズムがもっともポピュラーでしょう。なぜこのメカニズムを付けたフルートが多いのかというと、高音域第3オクターブのE音は、楽器の構造上出にくいのです。それをEメカを付けることによって出しやすくしたわけです。そのことについての詳しいことはこちらです。

 このEメカニズムを付けると高音域のトリルで出なくなる音があります。それが第3オクターブのG/Aのトリルです。オーケストラ曲のドヴォルジャークの「新世界より」やR.シュトラウスの「ツァラトストラはかく語りき」などに出て来ます。ブラームスの交響曲第1番の第4楽章には有名なフルートソロがありますが、これが3Eから始まります。フォルテで出しますのでEメカ無しだと相当怖い音です。オーケストラ奏者にはEメカとG/Aトリルキーは必要なわけですね。まあ、3EをEメカ無しで吹ければ、G/Aトリルキーも必要ないわけですから、そういう選択肢もあります。私がマエスタを選んだ時、Eメカ無しのフルートでブラームスのソロを吹いて確かめたりしたのもそれが理由です。

 もうひとつオプションにあるCisトリルキーですが、これはG/Aトリルにも使えます。それ以外にもいろいろ変え指の可能性が出て来ますので、とても使い勝手の良いオプションです。アメリカのフルートには良く付いているそうです。ただ、このキ―を付けると他のトーンホールの位置も変えないと音程に悪影響がある上、このキ―を付けると低音の倍音が少なくなると言っているメーカーもあります。このあたりは自分で吹いて試してみないとわかりません。

 Disローラーキーは、第1オクターブのDis(Es)とCis(Des)の音の移り変わりを少しでもやりやすくするためのキ―です。ドビュッシ―の「シランクス」のように、♭がたくさん付いている曲ををやる時にあったらいいなあと思うキ―です。それから。♯が4つ以上あってフルートの低音域を使う曲をやる時にも便利だろうなあと思ったりしてます。

 そうするとこれらのオプションは主にオーケストラ奏者向けということになります。H管もオーケストラ奏者には使い勝手が良いのですが、これはカバードキーとは相性が悪いので、全てのオプションを搭載したフルートは、オフセットリングキー(いちおうオフセットもオプションということで…)・H管・Eメカ・Cisトリルキー・Disローラー付きのフルートということになります。う~ん、これは重たいだろうな。

 現実的には、このオプションの中から自分の演奏スタイルに合ったオプションを選ぶことになるでしょう。一般的にはカバードキーを選ぶならEメカ、G/Aトリル、Disローラーキーといったところでしょうか。リングキーを選ぶならH管、Cisトリル、Eメカというところだと思います。ただ、EメカとH管以外はメーカーにオーダーして作ってもらう事になるでしょう。えっ、私?。ドイツフルートだったら、いろいろとオプションをつけたいところですが、今吹いている楽器は、インラインリングキーC管で何のオプションも付いてません。何と言っても安いですから。(笑)
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

ためになります! 

なんと!
昨日私がフトンの中でパールのカタログを見ながら悩んでいたことをそのまま噛み砕いて説明してくださるとは!

Eメカがらみのチェックを3Eスタートの曲で行う、って、目からウロコです。
今度楽器屋さんに行ったときに確かめてみたいと思います。
その他のオプションも、説明を読んでいると欲しくなっちゃうんですよねぇ…

熟慮せねば。

Re: ためになります! 

ひゃらりさん

今日の私の記事はタイムリーでしたか!この記事を着想したのは、ずいぶん前です。ヘルムートハンミッヒに、これらのオプションがみんな付いているのはどうしてだろうというところから考えました。

新しいフルートについて、いろいろお考えのようですね。昨日も書きましたが手が小さいとか指が細すぎるとか、物理的にリングキーが押さえられないのでなければ、リングキーのフルートをお考えになった方が後悔しないと思います。高音域のG/Aトリルの出てくる曲なんて限られてますから、オフセットリングキーH管Eメカ付きのフルートに絞って試奏なさったらいかがでしょう。

在庫があるかどうかはわかりませんが、気を長くしていれば巡り会えますよ。11月27・28日にパールが展示試奏会をやりますから、その時にはあると思います。

 


なんと!!
フルートっていろんなキーがあるんですね!!
オプションの存在も知らない私です(^_^;

私のは…Eメカはどうか覚えていないですけど
他のオプションはついていない気がします
いや…おそらくEメカもついていないはず

私とフルートの出会いは、
中1のときに突然、家にアルタスのフルートが送られてきたというエピソードなので
フルートを選んだことがないのです(汗

そういえば、この間
内吹きでフルートを吹いてみたら音色がすごく良くなりました!!
ただ慣れていないので、口周りが不安定ですけど
これからは内吹きで演奏したいと思います!!

Re: タイトルなし 

ノリコさん

そうなんです。いろんなオプションがフルートにはあるんです。他の楽器はこんなにたくさんのオプションはありません。でも無くても吹けますから私はいろいろ考えた末にオプションは何もなしにしました。あえて言えば金メッキか…。突然フルートが送られてきたというのも、すごいエピソードですね。アルタスは内吹きの方が良いフルートなので、早く慣れるといいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日々雑感8月】へ
  • 【次のメインフルートをどうやって選ぶ?その1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。