スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートのメッキについて →アンサンブルコンテストへの取り組み方
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

社会人バンド

久しぶりに吹きました~8/19楽団の練習

 ←フルートのメッキについて →アンサンブルコンテストへの取り組み方
 お盆休み明けの8/19に楽団の練習がありました。私が楽器を吹くのは2週間ぶりです。7/24の定期演奏会が終わってすぐにピッコロを調整に出しました。梅雨の時期から夏にかけての気温と湿度にすっかりやられて、あちらこちら調子が悪くなっていたからです。もちろん調子の悪いピッコロを吹いて私の調子も悪くなってました。その後、フルートを真夏の暑い中エアコンのない所でひたすら吹いてましたので、楽器も私も疲れがたまったのでしょう。8/5の楽団の練習後は楽器を吹かずに、ひたすら休養してました。

 8/19は調整から戻って来たピッコロと、これから調整に出すマエスタを持って練習場に向かいました。まずは練習場でたっぷりマエスタの音出しをしました。前回の練習ではタンポの具合が安定しないなと思ったのですが、この日は安定してました。しかも疲れが取れたのか絶好調!練習場は400人ほどが入るホールなのですが、これだったらリサイタルが出来そうなくらい…(かなり大袈裟)、ホールの隅々まで音が響いています。う~ん、今さらながら自分の楽器をほれ直しました。

 その後、調整から戻って来たピッコロを吹き始めました。こちらもいい感じでした。自分の思ったような音が出ないとストレスがたまるもんですが、この時は思ったような音が出ていました。やっぱりピッコロの方は調整不足だったなあ。ちょっと音色に不満があるけれど、それでもフィンダ頭部管だったら、まあまあ満足のいく音でした。

 楽器選びっていうのは難しいです。試奏したくらいでは、その楽器のすべてがわかるわけではありません。試奏した時の自分の調子によっても、その楽器の印象が左右されます。マエスタを選んだ時は半年間、試奏を繰り返しました。ある程度、候補を絞り込んだ後でも何度か試奏を繰り返して決めました。ピッコロの場合はすぐにでも手に入れたいという気持ちがありましたから、試奏を繰り返している余裕はありませんでした。それでも今吹いている楽器を吹いた時は、これでいいかなと思ったものです。考えて見たらピッコロの試奏をした時は、しばらく本格的にピッコロを吹いていなかった時なので、自分の力が発揮できなかった時なのかもしれません。すぐに物足りなくなったのもこれが原因でしょう。自分の出したい音を出そうとして、無理にいろいろやって楽器が悲鳴をあげたのかもしれません。

 一時間半ほど吹いたところで、全体練習に入りました。この日は8月最後の土曜日の依頼演奏のための練習でした。私はその日どうしても都合がつかず、「練習は出られるけど本番は出られない」状態だったので、合奏には参加しないつもりでいました。フルートパートの他の人が「本番は出るけど今日の練習は出られない」とメールで連絡が入り、急遽フルートで基礎合奏に参加しました。曲の合奏の時は指揮を頼まれました。どうも本番の指揮を誰がやるかまだ決まっていないそうです。ああ、出られなくて申し訳ない。本番が終わった後はビール飲み放題らしいのに。

 今週の木曜日にも練習があって、本番に向けて最後の仕上げになるのですが、今度は見てるだけで大丈夫ですよね。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは☆ 

カギコメさん

メッセージありがとうございます。がんばってくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートのメッキについて】へ
  • 【アンサンブルコンテストへの取り組み方】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。