スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アンサンブルコンテストへの取り組み方 →281FTとマエスタを吹き比べました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

参考音源付き記事

マイクを使うとフルートの吹き方は変わるか

 ←アンサンブルコンテストへの取り組み方 →281FTとマエスタを吹き比べました
 これは以前から気になっていたテーマです。このブログでも時々このテーマで記事を書いていましたが、この記事はその集大成です。

 クラシック音楽では基本的にマイクは使いません。これはそういう電子機器の発達する前の文化ですから当然と言えば当然です。最近のポピュラーミュージックはマイクを使うのが前提です。ですから場合によっては「東京ドーム」でもコンサートができるわけです。クラシックの歌手とポップスの歌手(こういう言い方が適当かどうかわかりませんが)で、発声法が違っているのもわかります。

 フルートの場合も、クラシック音楽をやる場合は当然マイクを使いませんが、ジャズ等をやる場合はマイクを使います。そうするとフルートの奏法も違うのだろうかと疑問に思いました。思いたったらいろいろ研究してみたくなります。私の場合、基本はクラシックの奏法ですから、ポピュラー音楽のフルートについて研究して比較すれば理解できるのではないかと考えて、そこから研究を始めました。

 まずはジャズフルートのCDをいくつか聞いて見ました。音は確かにクラシックのフルートの音とは違うようてすが表現の仕方も違っていますので、音そのものが別物とは判断できませんでした。サックスの場合、使うマウスピースからして、クラシック用とジャズ用があります。生音で聞いても、出てくる音は全く別物です。トランペットやトロンボーンもジャズでよく使われるメーカーがありますし、使うマウスピースもクラシックとは違います。

 フルートの場合は、ジャズ用の頭部管とか聞いたことがありません。サックスプレイヤーでもありフルートプレイヤ―でもある菊地康正さんは、パールのLegato頭部管をムラマツEXに着けて使っているそうです。パールのLegato頭部管は、クラシカルなカットで古典音楽をやるのにピッタリな頭部管だと私は試奏して感じました。それをジャズに使っているわけです。ジャズプレイヤーには洋銀フルートを使っている人が多いのも確かですが、これは別に洋銀の音がジャズ向けと言う訳ではなく、実用上、なんの問題もないからでしょう。総銀製のフルートを使っている人もゴールドフルートを使っている人もいます。赤木りえさんはミヤザワのAZを使っています。独特の味のするフルートなんですが別にクラシックで使っても問題ありません。

 赤木りえさんは、もともとクラシックの奏法を学んだ人です。録音をよく聞くと表現方法がクラシックと違うだけで基本的な奏法は変わらないようです。あのパユさんが「夢のあとに」というCDを出しました。これはパユがジャズに挑戦した「珍しい」というか「エポックメーキング」なCDです。もともとクラシックの名曲をジャズにアレンジしたもので、聞いていて非常に心地よいと私は感じました。ところが、このパユの演奏も、あるジャズ専門のプレイヤーが聞くとあまり良くないそうです。ちなみにYouTubeにその演奏がアップされていましたのでお聞きください。



 このように考えてくると、クラシックフルートとジャズフルートは、楽器の上での区別もなく奏法上も「表現方法」が違うだけのようです。でもクラシック奏法のままで、歌口のすぐ近くにマイクをセットしたら、マイクが拾うフルートの音はあまり「いい音」ではないのではないかという疑問も湧きました。

 これは実際に近くで聞いてみるしかありません。クラシックからジャズ・ラテンまで幅広く演奏活動を行っているプロフルート奏者の、まつばらさんのライブを何度か聞かせていただきました。マイクのセッティングやフルート向けのマイクの選択、PA機器の性能等に左右されることはあるものの、基本的に奏法は変わらないように見えました。率直にそのことをお聞きすると、「マイクがあることは意識するが、音を遠くに飛ばそうとする意識を常に持って演奏している」とのご返事でした。なるほど。「遠鳴り」する音って「うるさい音」とは違いますもんね。まつばらさんのライブでフルートとPA機器がうまくマッチした時は、マイクを使っていることを感じさせない、生き生きとした音でフルートの音が聞こえてました。生音だとフルートはピアノやドラムにどうしても負けてしまうのですが、負けてませんでした。CDの音とはまた違った演奏が味わえました。やっぱり音楽は奥が深いですね~。

 どうやらマイクを使う場合、演奏会場自体の響き方以外にもPA機器やマイクなどの質によって、フルートの音が相当左右されそうです。数日前にYouTubeの音源を集めて研究しようと思ったのは、「どんなマイクを使っているか」でした。私はこの方面には疎いので自分でもいい勉強になるなと思っています。次はマイクについての考察です。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

確かにマイクのりのいい音ってあるようですけどね~実際PA使って演奏したことないのでよくわからないんですけど。
マイク使ってスピーカーから音を出時に、スピーカーが自分から離れたところに客席をむいてある場合、自分の音(スピーカーから出る)は聞こえませんよね。
そういった場合、バックの音に自分の演奏が合致しているのか、どうやったらわかるんでしょう。
ちなみに私の持ってるDR-1はマイクの設定で
オーバーダビング時に自分の音を拾うことが出来るのでいいんですけど、
舞台の上だとそうもいかなそう。
吹いてる自分の音を感じるだけなら、乱暴ですが耳栓すればいいとか?(爆)

やっぱり・・・・・・ 

研究テーマはマイクでしたか。
音楽のジャンルによって吹き方の差はあっても、マイクのあるなしでは差はあまりないでしょうね。マイクやPA機器の差は大きいです。それに、多分調整の仕方が音楽のジャンルによってかなり違うと思います。ある音楽イベントで演奏してきたのですが、ロック系の音楽と同じステージでフォルクローレを演奏したら、音響が非常に厳しかったです。

Re: NoTitle 

シラスマさん

バックの音がよくわからない場合、自分の前にそれ用のスピーカーを置いたりするようです。あとは経験とカンみたいなものが大きいかも…。吹奏楽だとフルートはバックの音が聞こえますが、トランペットはホールによっては周りの音も自分の音もよく聞こえないことがあるそうです。そういうホールで演奏する時って、経験とカンと度胸が要りますね。

自分でもマイクを使ってみないとわからないので、まずはヤマハから出ているピックアップマイクを試してみようかなと思っています。

Re: やっぱり・・・・・・ 

inti-solさん

> 研究テーマはマイクでしたか。

はい。その通り。正解です。

> 音楽のジャンルによって吹き方の差はあっても、マイクのあるなしでは差はあまりないでしょうね。マイクやPA機器の差は大きいです。それに、多分調整の仕方が音楽のジャンルによってかなり違うと思います。

確かにそうでしょうね。ロック系とフォルクローレじゃ全く違いますから。同じ人のライブでも会場が違うと音も違ってくるので、なかなか奥が深いです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アンサンブルコンテストへの取り組み方】へ
  • 【281FTとマエスタを吹き比べました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。