スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←久しぶりに吹きました~8/19楽団の練習 →マイクを使うとフルートの吹き方は変わるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

アンサンブルコンテストへの取り組み方

 ←久しぶりに吹きました~8/19楽団の練習 →マイクを使うとフルートの吹き方は変わるか
 吹奏楽コンクールが終わると、アンサンブルコンテストに向けての準備が始まります。そこでアンサンブルコンテストにどう取り組んでいったらいいかを述べようと思います。

 アンサンブルコンテストは3人~8人までのメンバーで指揮者を置かずに演奏します。アンサンブルの形態は大まかに打楽器、木管楽器、金管楽器、混合、に分かれます。吹奏楽コンクールでは人数によって部門が分かれますが、アンサンブルコンテストは規定の人数内であれば全部同じ基準で審査します。それぞれ楽器の機能が違いますので、同じ基準で審査することに少し無理があると思いますが、運営上やむを得ないところでしょう。

 しかし、それだとやはり有利不利が出て来ます。埼玉では人数が8人という上限ぎりぎりのアンサンブルに高評価が集まりがちです。メンバーの力量が大して違わなければ、人数が多い方が表現力は増しますから。ただ、やみくもに8人集めても仕方ありません。個人の力量が高いメンバーでアンサンブルを組む必要があるのです。

 しかもそのメンバーは、アンサンブルの基本である四声部整っている方が良いのです。そしてこの四声部は出来るだけ音域が広い方が良いと私は考えています。

 金管楽器の音域で使える音域は大体2オクターブです。同族の楽器でアンサンブルを組むと、その音域は当然2オクターブです。でも1オクターブ上の音域を持つ楽器と組み合わさると3オクターブに音域が広がります。代表的なアンサンブル形態であるパリ・チューバ四重奏はこの音域です。金管五重奏になると4オクターブになります。このくらいの広さの音域があったほうが、いろいろと表現の幅が広がります。

 木管楽器の音域は楽器によっていろいろです。サックスは金管楽器と同じくらいですが、同族の楽器は五度しか音域の差がありません。アルトサックス2、テナーサックス1、バリトンサックス1の四重奏は3オクターブの音域しかないわけです。ソプラノサックスを入れて3オクターブ半になります。クラリネットは使える音域が広くておおむね3オクターブ半はありますから、クラリネット3、バスクラリネット1の四重奏で4オクターブ半の音域を持つわけです。Esクラリネットとコントラアルトクラリネットを入れた八重奏になると実に5オクターブ半の音域があって、クラリネットアンサンブルならではの表現力があります。

 私が吹いているフルートは、残念ながらアンサンブルコンテストでは不利と言わざるを得ません。以前はフルート四重奏でも良い評価をいただけたのですが、これだと音域は3オクターブで木管楽器としては広くありません。そして他の楽器のアンサンブルと同じ基準で採点されてしまいますと、音量の面でどうしても不利になってしまいます。ピッコロからバスフルートまで入れた六重奏以上のアンサンブルでどうか、という感じです。

 アンサンブルの形態以上に重要なのは「選曲」です。私の経験ですと、クラリネットアンサンブルは四重奏と七~八重奏に優れた曲が多く、五重奏の良い曲はそれほどありません。金管アンサンブルの五重奏は良い曲が多いのですが、「名人芸」を要求する曲が多くて、中高生だと苦しいかも知れません。必然的に金管は八重奏が多くなってしまいます。同じことは木管五重奏にも言えます。このアンサンブルは名曲があるのですが、「名人芸」が要求されるので、相当慎重な選曲が必要です。「選曲」面では、アンサンブルコンテストを念頭に書かれた邦人作曲家の作品を選ぶのが無難ということになります。

 しかし、アンサンブルコンテストに参加する目的は、これだけではないでしょう。アンサンブルコンテストに参加できるのは1団体2チームまでです。大方の学校は部員全員がアンサンブルコンテストに参加するということは出来ません。しかし、部員全員が何らかのアンサンブルを組みアンサンブルの練習をするのは、技量の向上という点で非常に有益です。むしろこの方が本道という気がします。

 埼玉では吹奏楽コンクールA部門に出てくる学校が非常に強く、人数の少ない学校はなかなか食い込めないのが現状です。しかし、努力と研究次第でアンサンブルの楽しさも実感できるでしょう。

  
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【久しぶりに吹きました~8/19楽団の練習】へ
  • 【マイクを使うとフルートの吹き方は変わるか】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。