スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←指揮者とトレーナーの違い →瞬間運動で振らねばならない曲~「剣の舞」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

教え子の結婚式に行ってきました

 ←指揮者とトレーナーの違い →瞬間運動で振らねばならない曲~「剣の舞」
 猛暑の中、教え子の結婚式に招待されて行ってきました。こういう仕事をしているとよく教え子の結婚式に呼ばれます。とても嬉しいことなんですが、仕事の関係でせっかく招待されても行けないこともあります。昨年招待された教え子の結婚式には、残念ながら行けませんでした。やむを得ないことなんですが、つらいところです。

 招待状を受け取ったのは6月です。昔は教え子の結婚披露宴でフルートを吹いていたので、依頼されたらやろうと思っていました。でも特に依頼されませんでした。本人は私の病気のことをよく知っているので、体調を気遣う電話がありました。なんと優しい! 招待状には「式から参列してほしい」とありました。ということはキリスト教式の結婚式です。私はキリスト教の結婚式に参列したことは何度かあります。これもいいもんです。

 当日、行ってみると式場からバイオリンとチェロのチューニングの音がしてました。式はバイオリンとチェロの生演奏をバックに行われました。いやあ、これはいいもんです。生演奏に勝てるものはありません。式が終わった後は披露宴へ…。昔は派手な披露宴が流行りましたが、最近は過剰な演出がなくて却って好感を持ちました。私の親友の結婚式などは教会で式を挙げた後、街中をオープンカーで移動!披露宴も派手なイルミネーションやスモークなど、いやあ、すごかった。友人はさすがに使いませんでしたがゴンドラもありました。(すごい…)

 ほのぼのとした中で披露宴が進んで行きました。料理の美味しかったこと。同じテーブルには懐かしい顔ぶれが並んで、いろいろな話に花を咲かせました。Tさん、ありがとう。お幸せに!
 

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

私も、今までに何回か結婚式で演奏したことがあります。残念ながら、フルートを結婚式で吹いたことはまだありませんけれど。演奏仲間の結婚式で、最初から「大演奏大会兼結婚式」みたいな形式のこともありましたが、前に勤務していた部署の同僚の結婚式(の2次会)で、その場で突如指名されてケーナを吹いたときは、あせりました。(ま、私も、わざわざ頼まれてもいないのにケーナを持っていったのですが)

私自身は結婚式をやっていないんです。相棒が「やりたい」と言えばやるしかないと思っていたのですが、「別に無理してやらなくても」と言うので。だいたいは女性が披露宴にあこがれるパターンが多いようで、男性が「やりたい」ということは少ないようですね。
ちなみに、入籍した日の翌日はコンサートで演奏していました。

Re: NoTitle 

inti-solさん

フルートもそうですが、ケーナも結婚式の時はいいですね。別の友人はケーナをやってましてこの友人の披露宴の時は新郎も混ざっての大演奏会となりました。急に指名された時に演奏できるレパートリーは必要ですね。

私も別に披露宴はやりたくなかったのですが、うちのカミさんはどうしてもやりたいと言いましたので、仕方なくやりました(苦笑)。病気前に披露宴でフルートを吹かなかったのは自分の時ぐらいです。あはは。

>ちなみに、入籍した日の翌日はコンサートで演奏していました。

これはすごい!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【指揮者とトレーナーの違い】へ
  • 【瞬間運動で振らねばならない曲~「剣の舞」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。