スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートとマイクの関係 →フルートのオプションについて考える
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

日々雑感

日々雑感8月

 ←フルートとマイクの関係 →フルートのオプションについて考える
 8月は、「平和」について考えることが多くなります。このブログは音楽ブログですので、その手の話題は書かないようにしていますが、それでも「日々雑感」に少し書かせていただきました。今年の定期演奏会で「窓際のトットちゃん」もやりましたし、戦争について考えるのは良いことだと思っています。

8/1~8/7

●今年の私の夏は「吹奏楽漬け」です。所属している社会人吹奏楽団の定期演奏会を終えた後、私の娘の中学校と勤務先の高校の吹奏楽コンクールがあります。私も学生の頃は「吹奏楽漬け」で過ごしてきましたから、自分の子どもが同じような夏(青春)を送っていることに一種の感慨を持っています。吹奏楽コンクールは、スポーツの「勝負」とはちょっと違いますが、他との競争の面があります。●世の中には「勝利至上主義」の人もいて「負け」たら何もかもお終いという考えをお持ちの方もいらっしゃいますが、私はそうではないと思います。どこにも負けないのを「勝ち」とするなら、全国のほとんどの学校は「負け」なのです。「負け」たら何もかもお終いでは、何も得るものはありません。吹奏楽の世界でもスポーツの世界でも「負け」たことで何かを学ぶのだと私は思います。●このところ新しく当ブログにいらっしゃる方が増えました。そういう方がたくさんの記事を読んでくださっているためか閲覧ページ数も急増しました。8/2のアクセス数が1046ページとなりました。一日で1000ページを超えたのは初めてのことです。ありがとうございます。

8/8~8/11

●8月6日、広島に原爆が投下された日に、女優の吉永小百合さんが被爆者の詩を朗読する活動をなさっていることがテレビで紹介されてました。もうおいくつになられるのか、想像するのも憚られるくらい、その姿は美しく崇高でした。その朗読に説得力のあること。●東大生の大半が「核兵器はなくならない」とアンケートに答えたそうですが、ヒロシマ・ナガサキの後、核が使われていない(実験等を除いて)のは「核」が戦争の抑止力になっているのではなくて、「ヒバクシャ(もうすでに世界共通語になっている)」が、「核」使用の抑止力になっているのだと私は信じています。●私は何度か広島や長崎を訪れました。そこで原爆の悲惨さを見るたびにそう思います。どうか吉永さんの活動を引き継いでくださる方が現れますように。

8/12~8/19

●最近の私のブログは「吹奏楽」関係の記事が多くなっています。ついで「指揮」関係で「フルート」関係は、ちょっとお休み状態です。「今、生徒にフルートを教えています」の記事も吹奏楽といえなくはありませんし(笑)。●まあ、このブログは「日記」形式ですので、私の実生活でもっとも関心のある事を中心に書いています。この時期、吹奏楽関係が増えるのは、こういう事情ですのでご容赦ください。●昨年夏もそうでしたが、この時期はアクセス数が激増します。主に「吹奏楽」関係だと思います。8/1~8/11までの平均アクセス数は660ページでした。私ごときのブログでは信じられない数字です。何ともありがたいことです。●当ブログの「電子書籍化」ですが担当者の方にご迷惑をおかけしつつ、着々と進んでいます。いましばらくお待ちください。

8/20~8/30

●以前にも当ブログのアクセス数が増えたことをご報告しましたが、8/16~25は連日1000ページを超えました。一番多い時で1686ページでした。たくさんの方にご訪問いただき感謝申し上げます。一方で自分のブログがどうなっていくんだろうという、ちょっと落ち着かない気持ちもあります。もともとマイペースでやりたいと、このブログを立ち上げましたから。ただ、「成り行き任せ」も嫌いではありません。●今回、「電子書籍」化のお話しをいただいたのも、何かの縁でしょう。「新しい世界」を覗いてみたいという気持ちもありました。「電子書籍」と言っても普通の本のように「表紙」もあります。本のタイトルやそのデザインの原案を見せていただいて、こうなるんだと新鮮な気持ちになりました。同時に担当者の方の御苦労も偲ばれますが、さすがプロだなあと感心しています。完成まであともう少しです。完成しましたら皆様に感謝の気持ちでご報告いたします。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

はじめまして 

初めてコメントさせていただきます。
ひゃらりと申します。
ここのところほぼ毎日たかさんさんのブログにお邪魔させていただいており(いつもそのまま素通りしてしまっていました。ごめんなさい)、
最新エントリでたかさんさんが「アクセス数が増えた」と書いておられるのを拝見して遅ればせながらコメントを書き込ませていただこうと思った次第です。

現在私はフルートの購入を検討しており、
その参考になるブログを検索していてこちらにたどり着きました。
たかさんさんの書かれる文章はとても分かりやすく勉強になるので、
過去のものも遡って拝読しております。
電子書籍化のお話、とても楽しみです!

Re: はじめまして 

ひゃらりさん

ようこそいらっしゃいました。おいでくださるだけでもありがたいのに、初コメまでありがとうございます。ひゃらりさんのブログにもお邪魔させていただきました。フルートを購入するにあたって、いろいろ研究なさっているのですね。あ、それからロシア史も興味深く読みました。またお邪魔した時にじっくり読まさせていただきます。

今はYFL311を吹いていらっしゃるのですね。このフルート、私のイチ押しのフルートです。「高音がキンキン」と感じていらっしゃるのなら、総銀製のフルートを新しく購入される良い時期だと思います。新宿のムラマツと上野のパールギャラリーに行って、じっくり試奏なさると楽しいですよ。パールもムラマツもフルート教室を主宰してますから、レッスンも受けられますし、パールの方はアンサンブル教室もあります。http://www.pearlgakki.com/_blog/?p=10755

カバードがいいかリングがいいかは悩むところですね。今、フルートを吹く時に全部の指がちゃんとキ―の中央を押さえられていれば、リングキーに慣れるのも時間の問題でしょう。もしそうならばH管リングキーをチョイスなさったらいかがでしょう(もちろんEメカ付き)。もし、どこかの指がキーの中央を押さえられていないならば(手の小さい人だとそういうことがあります)、リングキーに慣れるのに相当苦労するでしょうから、カバードの方が良いと思います。このあたりは自分の手と相談ですね。

「電子書籍」楽しみにしてくださってありがとうございます。また、ぜひいらしてくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートとマイクの関係】へ
  • 【フルートのオプションについて考える】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。