スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←定期演奏会無事に終了しました! →演奏会は一日がかりの大イベントです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ピッコロ

ヤマハピッコロの品番の付け方をもっとわかりやすくして!

 ←定期演奏会無事に終了しました! →演奏会は一日がかりの大イベントです
 楽器メーカーとしてのヤマハは巨大です。ありとあらゆる楽器を作っていると言っても過言ではないと思います。管楽器もそうです。日本で管楽器がこれだけ普及したのは、ヤマハの貢献度が大きいと思います。それだけに敢えて苦言を呈したいと思います。

 ヤマハの管楽器のカタログを見ると面白いことがわかります。品番で値段と楽器の質がわかるようになっているのです。品番が三ケタのものと二ケタのものがありますが、品番の頭についている数字が楽器のグレードを表します。その後についている数字は楽器の作りの種類を表しています。

 フルートで言えば百の位がグレードです。2××だったら入門クラス・総洋銀製です(一部の企画商品を除く)。3××となると頭部管銀製、4××は管体銀製です。5××はハンドメイドタイプの頭部管銀製、6××はハンドメイドタイプの管体銀製、7××はハンドメイドタイプの総銀製となっています。8××は完全ハンドメイド総銀製、9××はゴールド、とわかりやすくなっています。

 これは他の管楽器も似たクラス分けになっています。クラリネットは管体ABSが2××、管体グラナディラが4××、管体高級グラナディラが6××、管体最高級グラナディラが8××となっています。他の管楽器も含めて現在のヤマハのトップモデルは8××台なのです。スペシャルモデルが9××と言っていいのではないでしょうか。

 ピッコロはどうでしょう。他の管楽器に比べてインフレ気味です。管体ABS(頭部管洋銀)が32、管体グラナディラが62、62をチューンナップしたのが81、頭部管銀モデルは82、さらにキーを銀製にしたのが91、頭部管銀モデルが92です。クラリネットはグラナディラの質がカタログに明示してあるのに、ピッコロの場合は、はっきりしません。62と8×台、9×台の楽器本体のグラナディラの質がユーザーにはわからないのです。違いがあればカタログに明示していただきたいと思います。

 他の管楽器とのバランスを考えると管体ABS樹脂の32は22でしょう。管体グラナディラの62は41ですよね。現行の62はほとんど機械で作りますので、ハンドメイドタイプの6×は与えられないはずです。私の62を見ると、グラナディラの質が昔の62に比べてずいぶん落ちています。しかも割れやすい頭部管の木質は「まあまあ」なのに、本体の木質はそれよりも一段落ちてます。これはコストダウンの結果なのでしょうか。私が見たところ、クラリネットの450とグラナディラの質は一緒ですから、その点からも41とするのが適当でしょう。

 また、それ以外にもコストダウンのあとが見られます。Esキーの裏側には通常コルクが貼ってあります。これが62ではプラスティックになっています。フルートではスタンダードシリーズが同様の仕様になっています。カタログを見ると「プロフェッショナルモデル」となってますが、どう考えても62は「スタンダードモデル」です。

 81はフルートとの整合性を考えても61とするのが適当だと思います。ハンドメイドタイプになるわけですから。そうするとキー銀製となるハンドメイドタイプの91が71ですよね。やっぱりインフレ気味です。音の面でも71とするのが適当でしょう。本当は管の接続部分などに一層の作りこみをしたものに8×の品番をつけて欲しいのです。現行の8×と9×のその部分は基本62と一緒ですからね。この部分にコストをかければ、キー洋銀で50万円クラスになるでしょうが、当然音も違ってくるでしょう。

 ピッコロの場合、品番の一ケタ目は、頭部管の材質を表すようです。つまり木製だったら1、金属製だったら2となります。でも62だけ例外です。こうなった過去の経緯があるようですが、単純にユーザーにとってはわかりにくいだけです。これも改めてもらいたい点です。なんとかわかりやすくしてもらえませんか。ヤマハさん!

追加でもうひとつ。ピッコロのケースと本体のサイズが合いません。
CAB1HJQM.jpg
 ケースの中で楽器本体がグラグラと動きます。これがキーバランスを狂わせる要因になっていると思われます。フルートのスタンダードシリーズのケースは中国製ですが、楽器本体とちゃんとマッチしてます。ピッコロのケースは日本製なのに、どうしてこんなに精度が低いんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

NoTitle 

たぶん・・・あまりグレードの高いピッコロを作る意欲が湧かないのではないでしょうか(笑)
とりあえずスクールバンド向けモデルならヤマハでしょうが、
今は名の知れた高校ではどれだけ使われているか・・・。
私の記憶にはほとんどもうありませんが、自分が使っていたのもヤマハじゃなかった気がする・・・。
ハンミッヒやパウエルのいいものと競争しようという意欲はあまり感じられないように思います。

Re: NoTitle 

シラスマさん

 おっしゃる通りだと思います。私の前任校で使っていたピッコロはハンミッヒでしたし…。そこまで予算がないという学校はヤマハを使わざるを得ないんです。でも昔の62はもっと良かったはずなんです。ピッコロはあまり力を入れてないのでしょうね。進歩していないどころか…。

 ヤマハは割り切りの良いところもあって、クラリネットやサックスのマウスピースやリガチャーは全く研究していないんです。それどころか出荷前の検品の際は自社製以外のマウスピースを使っているそうです。

 ピッコロももしかすると、マスターズに任せておけばいいと思っているのかもしれませんね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【定期演奏会無事に終了しました!】へ
  • 【演奏会は一日がかりの大イベントです】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。