スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←奏者とフルートのマッチング →定期演奏会無事に終了しました!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ピッコロ

私のピッコロがグレました~7/19楽団の練習

 ←奏者とフルートのマッチング →定期演奏会無事に終了しました!
 梅雨が明けたと思ったら、突然めちゃくちゃに暑くなりました。高温多湿の中で木の楽器は吹きたくないもんです。さまざまなトラブルが待ち構えていますから。私のピッコロは今年の初めに買いましたから、楽器にとっては初めての夏です。新品の木製の楽器にとって最初の一年は、コンディション維持が難しく油断がならないのです。

 特に梅雨の時期は要注意です。湿気が管を膨らませます。7/19は何しろ暑い一日でした。練習会場はいつものホールではなく、学校の音楽室くらいの広さのところでした。エアコン全開のはずなのに50人近い人間が入ると、暑くて暑くて…。こういう時、私のピッコロはご機嫌斜めなんですよねえ…。この日、特に金属製の楽器のピッチが「うなぎ登り」でした。音に芯がなく「ぶぁ~っ」と鳴ってしまうのです。広いホールで吹くと、そういう音は「響かない」のでダメなのがわかるんですが、狭い音楽室だと「鳴っている」と勘違いしやすいのです。実はピッチも異常に高かったりするんです。チューニングの時以外チューナーを使わないバンドは、こういうことに気がつかなかったりします。

 この日の指揮は笛師匠だったのですが、私には「自分の吹き方は二の次で周りに合わせろ」という指示でした。でも無理やりピッコロのピッチを上げて吹いても、楽器が反抗します。「こんなにハズれた音を出したくないよ~」とピッコロが訴えてきます。そのうちに私のいうことを全く聞いてくれなくなりました。別の言葉で言うと私が奏法を崩してしまったわけです。フラストレーションたまりまくりで、この日の練習を終えました。

 その後、ピッコロをじっくり点検しました。客観的に考えればピッコロがグレるはずはないので、何らかの原因があるはずです。まず気付いたのが、

Esキ―のポストの近くに「割れ」が入ってる~

 よく見ると他にも将来割れにまで発展しそうな箇所が…。ショック…。割れないように慎重に扱ってきたつもりなのに~。このところの気温と湿度の変化に木がついていけなかったかな。トーンホールの周りにも「ひび」が入っているのですが、これが音に影響するまでには至ってませんでした。そうするとコントロールできなくなった原因は「キ―バランスが崩れた」のでしょう。

 いろいろ試して見ると、Gキ―のタンポが微妙に浮いているのを発見しました。ヤマハのピッコロはシーズニングという処理がタンポに施されています。新品の楽器はタンポの状態が不安定なので数カ月置きに調整しなくてはなりません。1年ほど経つとタンポが落ち着いてくるのですが、ヤマハの「シーズニング」はその状態にして出荷するのです。微妙な調整はしなくてもよいはずですが、なんでこうなったのか…。

 ふと思いついたのが、楽器とケースが合わなくて、ケースの中で楽器が動いてキ―バランスが崩れたのではないかということです。メーカー純正のケースなのに原因はそれでした。ケースとピッコロ本体の長さが全然合わないのです。3ミリくらいすきまが開いていました。
CAB1HJQM.jpg
 これだとケースの中で楽器が動いてしまいます。当然キ―のどこかが当たれば、そこにストレスがかかって狂ってしまいます。よく見ると、ヤマハのピッコロのEメカの部分は、少しはみ出してるのですが、この部分がケースに当たりGキ―だけいつも押さえられた状態でケースに収まってたのです。キ―が少しだけ曲がってバランスが崩れたのでしょう。
CALZE7K1.jpg
 本番直前なので、楽器屋さんに修理に出しているヒマがありません。ヒマがあれば楽器屋さんにタダで直してもらうのですが…。仕方がないので自分で直すしかありません。直し方は、①曲がったキ―を元に戻す ②Gキ―とGisキ―の連結部を修正する の二点です。そんなに激しく曲がっているわけではないので、②の方法を採りました。ピッコロはフルートのように調整ネジはありません。ちゃんと直すなら連結部のコルクを剥がして新しいものに付け直し、少しずつ削って調整します。これは非常に面倒なので応急処置で済ませました。応急処置としてコルクの部分に紙を貼りました。紙によって厚さがいろいろなので合う紙を探すのが大変です。もっとも薄い紙を一枚貼るとちょうど良くなりました。
CAKK2B38.jpg
 そして、楽器とケースのすきまにはティッシュを詰めて、楽器が動かないようにしました。
CA5F37WT.jpg
 あとは演奏会後に楽器屋さんにちゃんと直してもらおう~。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【奏者とフルートのマッチング】へ
  • 【定期演奏会無事に終了しました!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。