スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←木の楽器を吹いている者同士は連帯感があります →改めて「内吹き」と「外吹き」を考える
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

録音技術も奥が深いなあ…(試し録音付き)

 ←木の楽器を吹いている者同士は連帯感があります →改めて「内吹き」と「外吹き」を考える
私がブログに自分の演奏をアップするようになったのは昨年の6月頃です。もともとPCに疎かった私がブログを始められたのも奇跡ですが、PCに音源を取り込んで、ブログにアップするなんてことが出来るとは、夢にも思っていませんでした。ブログを通じて知り合った方にいろいろと教わりました。ありがたいと感謝しています。

 で、最初に買いこんだ機材がこれです。
    SANYO ICレコーダー ICR-B001M(W)
top_visual.jpg
 SDカードにデータを入れればPCに取り込めるということで、これを買いました。小型で持ち運びに便利で何よりも安い!私はオーディオ関係の趣味はないので録音は出来ればいい位の考えしかありませんでしたから、最初に録音したものは音が悪くて仕方がありませんでした。まず録音レベルのことは考えていませんでした。それからできるだけ高音質で録ることにしました。後はどうしたら少しでも良い音で録れるかの試行錯誤が始まりました。

 CDラジカセ(?)の音質だと伴奏の音が悪くなるので、CDの入力端子のあるギターアンプを買ってみたりしました。これで随分伴奏の音が良くなりました。ただ、つい最近アップした「アヴェマリア」や「白鳥」のハープの音が何ともうまく録れないことが気になりだしました。実際に鳴っている音は歪んでいないのに、録音では歪んでいたりするのです。

 ふと、思いついたのが「マイクを変えたらどうだろう」ということでした。実は今に至るまでレコーダーの内蔵マイクで録音していたのです。内蔵マイクは質が良くないと聞いたので、質の良いマイクに変えれば音が良くなるかもと思って、下のマイクを購入することにしました。

    audio-technicaステレオマイクロホンAT9910
audio-technica-at9910_web2.jpg
    ライブや楽器演奏などの臨場感を高音質ステレオ収音、
    状況に合わせマイクを角度調整できるフリーアングル機構
    ライブや楽器演奏などの臨場感を収音。

 このマイクを使って録音してみたのがこれです。(いやあ、このマイクは高かった!)以前に録ったのと同じ曲の方が比較しやすいと思いましたが、違う曲の方が新鮮味があっていいなと、この曲にしました。ピアノ伴奏のものなんですが、どうでしょうかねえ。

 Yesterday Once More by Bijyu

 自分としては、こんなに音が違うのかとびっくりしました。録音場所は同じで録音機材とアンプの位置も前と同じです。私のフルートとマイクの位置は3mくらい離れていますが、まるですぐ近くで録音したみたい…。吹いている自分が気づかなかった倍音も録音されていたりしたので、びっくりです。どうも私はオーディオ関係の方は疎くて、「録音できればいいじゃん」と思ってしまったりするんですが、せっかくの自分の音をできるだけリアルに録れた方がいいですもんね。このマイクを使っての録音のベストバランスを考えなくちゃいけません。また、これも楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

たかさん、
新マイク、ほんとうにクリアなサウンド!ですね。
(もちろんフルート吹奏や伴奏の出来もよいからでしょうが)

まず一聴して分かること、「音の奥行き」が違います。
ちょっとしたスタジオ録音のように「音が生きて動いている」
みたいですよ。

連続3回、聴きました。

Re: タイトルなし 

FALさん

> まず一聴して分かること、「音の奥行き」が違います。

 マイクが違うだけでずいぶん違うんだなあと私も思いました。この録音の時、伴奏アンプの後ろに音を吸わせるためのカーテンをしていたの(前回の録音も)ですが、むしろ音を反射させるものがあった方がいいかもと思いました。

> 連続3回、聴きました。

 ありがとうございます。励みになります。プロの演奏や録音ではないので、いろいろ不満足なところもあると思います。少しずつでも良くしていきたいと思います。

 

聞きました。
音がすごくきれいになりましたね。
あとは、伴奏はイヤホンで聴いて、フルートだけ録音し、パソコン上で伴奏とフルートをミックスさせるようにできると、伴奏がもっとよくなると思います。
でも、本当にフルートの音色が良いですねえ。

Re: タイトルなし 

inti-solさん

>音がすごくきれいになりましたね。

ありがとうございます。マイクが違うだけでも、ずいぶん違うもんですね。

> あとは、伴奏はイヤホンで聴いて、フルートだけ録音し、パソコン上で伴奏とフルートをミックスさせるようにできると、伴奏がもっとよくなると思います。

問題はこれですね。どうすればこれが出来るようになるか、研究してみます。

新録音 

拝聴いたしました。やっぱりステレオはいいですね。音の表情がよくわかるように思います。カーペンターズ、とても懐かしく聴かせていただきました。  各楽器の音をダイレクトにとらえるには、inti-sol 様のおっしゃるように、別に録ってミックスするのがいいのでしょうが、臨場感が自然なので、私は、ステレオワンポイント録音も好きです。マイクスタンドはどうしてらっしゃるのですか。

 

gou56さんのアドバイスで、マイクを変えてみて正解でした。ありがとうございました。

このマイクはレコーダーに直接付けて使っています。マイクスタンドは使わず、譜面台に布を敷いてその上に置いています。

伴奏CDの音質がもっと良くなればいいなと思っている所です。

別に録音してPC上でミキシング出来れば、一人で二重奏するのも可能ですから、いずれはやってみたいです。

次回はアンプとマイクの位置などを今回と変えて録音してみます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【木の楽器を吹いている者同士は連帯感があります】へ
  • 【改めて「内吹き」と「外吹き」を考える】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。