スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フィンダとヤマハ、頭部管の違い →今度はフルートの頭部管の試奏をしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

結婚式披露宴でこの曲を吹こうかな…(音源付き)

 ←フィンダとヤマハ、頭部管の違い →今度はフルートの頭部管の試奏をしました。
 5/29の記事で突然思い立ってグノ―の「アヴェマリア」を録音したのですが、実は昔の教え子から連絡がありまして、結婚するので披露宴に出てもらいたいということでした。その時の教え子たちには「君らが結婚する時にはフルートを吹いてやる」と約束したので、頼まれたらやらないといけないなと思っています。

 私は30年近く前から人前でフルートソロをやることが多く、まあ目立ちたがり屋なのだと思います。少なくとも自分だけでフルートを楽しもうという柄ではないでしょう。フルートという楽器の性格上、結婚式の披露宴での演奏が多いのは当然なのかもしれません。生のピアノ伴奏やエレクトーン伴奏で演奏したこともありますが、大体はCDカラオケの伴奏ですので、練習を録音したついでにブログで演奏を公開するのは、とても良い練習になります。

 ネットの向こう側で1000人以上の方が聞いてくださるわけですから、大ホールでのソロリサイタルみたいなもんです。7月には1200人の大ホールでの演奏会もありますし、演奏会ではまた私のソロもありますし、演奏活動としては充実しています。

 昔の話ですが、山梨県河口湖にある某高級ホテルで演奏させてもらったことがあります。地元の名士さん(市長さんや議長さん等)も混ざった300人位の前で演奏しました。いや~、この時は精神的に「イヤ」でした。ステージに上がった時は「まな板の上の鯉」の心境でしたね。

 それでも、教え子の結婚式に呼ばれるのはいいもんです。病気をする前はあちこちで演奏しました。酔っぱらうと唇が締まらなくなりますし、料理を食べてしまうと唇が壊れてしまう感じがするので、演奏が終わるまで私は飲まず食わずのことが多いのです。ですから披露宴の最後に演奏をしなくてはならないともう大変です。依頼があったら最初にやらしてもらうことを前提に引き受けよう(笑)。

 依頼されてからだと間に合わないので、とりあえず披露宴で吹ける曲を探しました。まずはバッハ/グノ―の「アヴェマリア」がいいかなと思いました。以前に録音したものは、ピアノ伴奏だったのですが、どうもピアノの音がやかましくて、今度はハープの伴奏で「アヴェ・マリア」を録り直しました。ただこの曲は以前にも披露宴で演奏したことがあるのですが、会場がシーンと静まりかえってしまうのです。もちろんみなさん真剣に聞いてくださいました。

  バッハ/グノ―「アヴェマリア」ハープ伴奏byBijyu

 もう一曲ついでに、サン・サーンスの「白鳥」もハープ伴奏で録り直しました。この二曲はアルソ出版から出ている「美しきフルートとハープの調べ 極上のひととき ハープ伴奏CD付」の楽譜とCDです。ハープの伴奏がとても素晴らしく「白鳥」の最後のリタルダンドの部分もとても合わせやすかったです。

FLHP_main.jpg

   サン・サーンス白鳥ハープ伴奏byBijyu

 他に結婚式にふさわしいポップスがないかなと思ったのですが、まずは「結婚式パーティーで吹けるフルート曲集」の第1曲目にこの曲がありました。ちょっと譜面を見て、さっと録音したのがこれです。実はこの曲あまり良く知らないのです。とりあえず小手調べということで…。

   「未来予想図Ⅱ」byBijyu

 本番は当然緊張します。それでも演奏を成功させるためには、初見である程度、形になる曲を選んだ方が良いと思っています。この曲は「まあまあ」かな、もっと歌った方が良いですね。以前に安室奈美恵さんの「Can You Celebrate?」をリクエストされた時は参りました。そういうこともあるので、他の候補曲を含めて、がっちり練習しておこう。

 昨年12月に私の所に来たパールマエスタGP(美珠)ですが、だいぶ自分の思うようにコントロールできるようになって来ました。来たばかりの時は足部管のジョイントがきつかったり、逆に頭部管のジョイントは緩かったりしたのですが、吹いているうちにちょうど良くなって来ました。緩いのが締まることは普通考えられないんですけどね。どうしたんでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

いいです、未来予想図。
これは私的には思い入れがあるというか(昔の)
ジョシは嫌いな人はいないと思いますよ(笑)
この歌の持つ世界観がいいんですよねえ。
白鳥もアヴェマリアもフレーズが美しいのですが長くて結構辛いですよね~^^;
ドリカムのほうがゼッタイ受けます(笑)口ずさむ人多数。

Re: タイトルなし 

シラスマさん

> いいです、未来予想図。

 ありがとうございます。やっぱり、これが一番受けますよねえ。伴奏も披露宴向きですし。問題は私がドリカムをどれだけ理解できるか(笑)、ですね。録音の後、YouTubeで音源を聞きました。いくら愛していても「ブレーキランプを五回点滅」はさせられません(爆)。

 それにしても頭部管は違うものの、私のマエスタ、シラスマさんのまえすたと音が似ているところがあると思いませんか?頭部管だけでなく、本体自体が持っている音色もあるんだなあと感じてしまいました。

 そうそう、まえすたのキ―の具合はいかがですか? 「あ゛~~」ということはあるんですよねえ。私も気をつけます。

未来予想図 

3曲拝聴しました。未来予想図は、どこまでも伸びて行く美珠さんの音を、とても素晴らしく感じました。ただ、未来予想図では伴奏とのバランスがいいのに、クラシック2曲では、伴奏のSPの振動が直接マイクに伝わっているような印象で、美珠さんとのバランスがよくないように感じました。録音方法が違ったのでしょうか?それにしても、未来予想図のあの大きな伴奏に負けないんですねぇ。すごいですねぇ。

Re: 未来予想図 

gou56さん

 > クラシック2曲では、伴奏のSPの振動が直接マイクに伝わっているような印象で、美珠さんとのバランスがよくないように感じました。録音方法が違ったのでしょうか?

 伴奏のアンプの音量もマイクの位置も、もちろん私の位置も3曲とも同じです。ご指摘のようなことは私も感じています。どうしてなんだか、わかりません。МP3の方で勝手に録音レベルを上げているのかしら?それにしてはフルートの音がそんなに大きくなっているわけでもなし…。

 録音方法も工夫が必要ですね。3曲とも聞いていただいてありがとうございました。またいらしてくださいね。

 

今日、とあるお教室の発表会を聞いていて思ったのですが、
ゴールドは、誰が吹いてもちゃんとゴールドの音がします。
ということは、楽器の方向性によって差は出るということですよね。
むろんそれをねじ伏せるだけの個人技がプロの方にはあるかもですが。
美珠さんも、もともとはシルバーマエスタですから(笑)どっちかって言うと、きれいなフリル付のドレスを着たお金持ちのいとこのお嬢さん、かな(笑)
ゴールドって・・・・ほんとキラキラした音がしますね~。

 

シラスマさん

今日(6/6)、ゴールドのマエスタを試奏してきました。美珠とは違う音でした。

どっちがいいとか悪いとかではなく、やはり美珠はシルバーマエスタの仲間だと思いました。

個人的にはAg925のシルバーマエスタの音が気に入って買いましたから、これで良かったんだなあと再確認しました。

 

私も「未来予想図Ⅱ」が最高!です。
たかさんもビジュさんも冴えてますね。
それにしても良い曲を聞かせていただき、
ありがとうございました。

Re: タイトルなし 

FALさん

やっぱり「未来予想図Ⅱ」が良いですか。とりあえず、これをもっと練習しておくようにします。

ケロログにはちゃんと接続できましたでしょうか?私がさっきログインしようとしたらダメだったので、ちょっと心配してました。

一遍に3曲アップしてしまったからかも知れません。さっきアクセス数を見たら千の位が一つ上がってました。

FALさんからも励ましていただき、元気が出ます。頑張ります。ありがとうございました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フィンダとヤマハ、頭部管の違い】へ
  • 【今度はフルートの頭部管の試奏をしました。】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。