スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←イヤダなーはイイのうち?~5/27楽団の練習(記事に関係ない音源付き) →学生時代の思い出の曲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音楽全般

アレンジの違いで音楽はどう変わる?

 ←イヤダなーはイイのうち?~5/27楽団の練習(記事に関係ない音源付き) →学生時代の思い出の曲
 アマチュアで吹奏楽を楽しもうと思ったら、アレンジに通じていた方がより楽しめると思います。編成を整えることもできますが、アマチュアの場合、メンバーだけだと編成も人数も千差万別です。編成を整えると人数の多いパートは「降り番」の人が出て、少ないパートはエキストラを頼むということになってしまいます。普段の活動は、自分たちの楽団の編成に合わせて、曲をアレンジできるようにした方が良いでしょう。

 名曲の条件は二つあると思います。ひとつは作曲者が考え抜いたオーケストレーションと調でないとサマにならないものです。シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」はその例だと思います。冒頭はトランペットのCの音から始まらないと何ともサマになりません。もうひとつはどんな楽器で演奏してもサマになる曲です。バッハなどはその典型でしょう。ビートルズの曲もさまざまな楽器にアレンジされてますよね。「イエスタディ」とかはクラシック系のギターのソロ曲になってたりもして…。お聞きいただければおわかりでしょうが、この演奏には独特の雰囲気があります。
 The Beatles Yesterday 村治佳織

 今年の2月にアニメ「となりのトトロ」の「風の通り道」を演奏しましたが、これはオーケストラストーリーズと言って、管弦楽用にアレンジされたものを吹奏楽版にしたものです。吹奏楽版の音源はなかったので、管弦楽版でお聞きください。
 風のとおり道・オーケストラストーリーズ

 YouTubeを見ると他にもいろいろなアレンジがあることに驚かされます。管弦楽みたいに大人数でなくてもこの曲の雰囲気を出せると思います。私がいいなと思ったのは、やはりこれです。
 風のとおり道・フルートアンサンブル+ギター
 よく聞くと尺八と箏と思しき音も入ってたりして…。フルートとギターのアンサンブルは音量的にもいいですね。それからこんなソロもありました。
 風のとおり道・アルパバージョン
 個人的にこの曲のアルパの音色には、独特の哀感があってものすごく好きです。これにフルートを組み合わせたらいいだろうなーと思います。フルートとアルパの組み合わせは非常に表現力があって、いろいろな曲が演奏できると思いますが、特にこの曲は合っているような気がします。まつばらさんにぜひ演奏してもらいたいと思っています。いつも私の想像を超えるアレンジと演奏をなさるので期待してます。聞きにいきますからね!

 最後に「風のとおり道」の歌付きのバージョンがありました。どうもこれが作曲者のオリジナルのようです。
 Joe Hisaishi-Path of Wind original
tc3_search_naver_jp.jpg

関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

いいかもしれません!! 

話題に出して頂いてありがとうございます。
風のとおり道、いいかもしれませんねーー。
アルパとフルートあうと思います!!
今度是非演奏してみたいと思います!!

アレンジによって、本当に同じ曲なのに、イメージがかわったりしますよねー。
あっと驚く、原曲のイメージをある程度もったアレンジを目指して精進します!!

吹奏楽も楽器の組み合わせ、アレンジによって、すごーーくいいサウンドに聞こえたり、響きがやせて聞こえたりしますよね。
やりようが、いくらでもあるだけに難しいなーーと、思います。

なんの編成でも、プレイヤーをいかにうまく活かすかが、アレンジャーのカギだったりすると思ってます。
これって、自分の引き出しが多くないとできないことですよね。
終わりないのが楽しかったりもします!

Re:いいかもしれません 

まつばらさん

アレンジって奥が深いですよね。曲がそれによって生きたり死んだりしますし、場合によったら奏者まで…。

著作権の関係もあるでしょうが、ぜひとも聞きたい曲です。

 

風の通り道、吹奏楽版ありますよ。単独ではなくメドレーの一番最後ですけれど。
http://www.youtube.com/watch?v=SNsnvA191O4
http://www.youtube.com/watch?v=Y0MYZuL1EbA
二つの動画は、アレンジがまったく同じなので、多分、同じ譜面を使っているんじゃないかと思います。

私もジブリの曲は大好きで、フルートでよく吹きます。(YouTubeにアップしている曲もいくつかあります)
「風のとおり道」も大好きなのですが、あるとき上記吹奏楽の調で吹こうとしたら、右手の小指が難しくて、指が回りませんでした。

Re: タイトルなし 

inti-solさん

 教えていただいてありがとうございました。私は「ウインドバンド・となりのトトロ」で検索していたので見つけられなかったのだと思います。「風のとおり道」のフルートは指を動かすのが大変なんですが、私はとても好きです。そのうちに録音してアップ出来ればいいなと思ってます。

 

ちょっと違いますが、アレンジと言いますと最近クラシック曲をj-pop調にしたものが話題になっているようですね。
(イトーヨーカドーでよく流れています)
それは「幻想即興曲」のアレンジなのですが、他にも(クラシックでは無いですが)scatman johnの名曲や、果ては「君が代」のアレンジなどがあります。

しかし、アレンジし過ぎて元の雰囲気が消える物もしばしばありますね…
「アレンジ」なのか「インスパイアされた曲」なのかの区別がつきません(;- -)

前述のscatmanの名曲(タイトル忘れました← ski-ba-da-なんとかだったような…)をアレンジしたものを聞いたとき、「元の曲をどう考えているんだろう」と思ってしまいました。

scatmanという意味は「意味の無い音の羅列を歌う男性」のはずなのですが…
アレンジされた物にはしっかり日本語の歌詞があります(因みに女性ボーカルです)

もちろん元の曲にも歌詞はありますし意味もあります…が、やっぱりscatを楽しむ曲ではあると思います。

やっぱり、アレンジならば元の曲を生かして欲しいな…と考えてしまいます( ´ω`)

Re: タイトルなし 

樽緋ゆたかさん

>アレンジし過ぎて元の雰囲気が消える物もしばしばありますね…

 いやあ、その通りです。クラシック調でもポップス調でも、元の曲の雰囲気が残っていて新たな魅力が出てくるようなアレンジだったらいいんですけどね。ときどき「元の曲は一体、ナニ?」というアレンジもありますねえ…。原曲の邦訳だったらまだしも、勝手に歌詞をつけちゃうのは…行き過ぎですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【イヤダなーはイイのうち?~5/27楽団の練習(記事に関係ない音源付き)】へ
  • 【学生時代の思い出の曲】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。