スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルート歌口・考 →音楽に国境はない?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音楽全般

ヴァイオリンとフルート楽器比べ

 ←フルート歌口・考 →音楽に国境はない?
 このところ、ヴァイオリンについて書かれたブログを興味深く拝見しています。何しろヴァイオリンという楽器は不思議な楽器です。材料が同じ木なのに楽器の値段は、「億」の単位になるものもあります。こんな楽器は他にありません。なぜそんなに違うのか、乱暴な表現ですが「骨董品」的な付加価値が加わるからではないかと、個人的には考えています。壺などの焼き物も製作年や製作者でずいぶん値段が違いますから。

ヴァイオリンの製作の手間は、どの楽器でも大して変わらないと聞きます。木を削って材料を張り合わせてニスを塗り、ヴァイオリンにするわけです。木の削り方とか二スの質とか多少の違いははあるでしょうが、原価はそんなに変わらないでしょう。ぴっくりするくらい高価なヴァイオリンは、付加価値がついていると言っていいでしょう。人間の寿命を越えて長生きしているヴァイオリンには、経年変化により独特の音色が備わってくる、なんて話を聞くだけで人智を越えたもののように感じてしまう私です。

 昔のテレビ番組で、ヴァイオリンの弾き比べをした番組がありました。数万円の楽器とストラディパリウスの弾き比べでしたので、音の違いがよくわかりました。別の番組では、ある実力派のヴァイオリニストが、ストラディパリウスクラスのいわゆるオールドヴァイオリンで自分のイメージ通りの音が出せる楽器を探すというドキュメンタリーをやっていました。私にはそちらの番組のヴァイオリンの良い音、悪い音の区別が全くつきませんでした。

 これに対してフルートの価格の違いは、材料の価格の違いと製作の手間の違いです。洋銀製、銀製、金製のそれぞれで価格が違うのは、材料の価格差です。頭部管銀のフルートで20万円前後、総銀製のメッキありが40万円程、総銀製のメッキなしが50~60万円程です。さらに製作の手間をかけた総銀製が80万円以上というようになってます。同じ総銀製でも銀の含有率が上がると値段も上がったりするわけで、ヴァイオリンと比べるとわかりやすい価格設定です。オールドヴァイオリンにあたるルイロットなどのヴィンテージフルートもそんなべらぼうな価格ではありません。

 銀無垢の総銀製で20万円位の価格差は製作の手間の違いです。私のフルート(パールマエスタ)は、各パーツをそれぞれ専門の職人が製作して、それを組み合わせます。いわばチームで作るわけです。それに対してパールのオペラは一人の職人がすべて作ります。これで楽器の性格が違ってくるのですから面白いもんです。オペラは注文製作ですから、試奏する機会はあまりないのですが、マエスタより個性的で職人さんの思いが感じられます。それだけに、奏者に合う合わないがあるかもしれません。

 マエスタの楽器の性格はオペラほど強くなく、奏者の思うように楽器を育てられると思います。私はマエスタを選びましたが、このあたりは個人の好みですね。でも値段によって楽器の音色の差は、多少感じられます(勝手な思い込みかもしれませんが…)。 ヴァイオリンの場合は値段で音を判断することが難しそうですね。

 ところで私は子供用の1/2のヴァイオリンを持っています。
P1010869.jpg
 胴体内のラベルを見ると「Kiso Suzuki Violin Co,ltd」とあって1970年製です。子ども用なのに、このヴァイオリンは50歳なんですね(笑)。これはある骨董品店で見つけたものです。こういうお店のヴァイオリンで良いものは、なかなか見つからないのですが、これはかなり良い音を出していました。1万円以下でしたので思わず衝動買いしてしまいました。掘り出し物だと思っています。残念ながら私の子どもはヴァイオリンをやりませんでしたが…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルート歌口・考】へ
  • 【音楽に国境はない?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。