スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←鳴るフルートと鳴らしやすいフルートは違う? →瞬間運動じゃなくて瞬間的運動だぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

参考音源付き記事

TDLは音楽の宝庫です

 ←鳴るフルートと鳴らしやすいフルートは違う? →瞬間運動じゃなくて瞬間的運動だぞ!
 TDLとは東京ディズニーランドのことです。東京ディズニーランドでは、園内のあちらこちらにバンドの生演奏があります。私はこれを聞くのが楽しみなんです。バンドと言っても電子楽器ではなく管楽器を中心とする生演奏です。ディキシーランドジャズはもちろんこんな演奏もあります。
TDLバンド ハロウィンバージョン パイレーツメドレー
また、金管アンサンブル、クラリネットアンサンブル、saxアンサンブル 等も聞きました。

 彼らはプロですから演奏はとても聞きやすく、なおかつとても楽しめます。一般のゲストならそれを聞いて楽しめば良いのですが、我々管楽器奏者にとっては、ある意味勉強の場です。ディズニーランドに行って勉強するなんて、ある意味場違いですが、これを生かさない手はないです。
 私はディズニーランドがオープンした時に、ある企画に参加したことがあります。それはミュージックフェスティバルプログラムです。オーディション(ビデオ審査)に合格すると、ディズニーランドの屋外ステージで演奏ができるのです。それだけでなく演奏が終わったらディズニーランドで遊べるというおまけ付き!ディズニーランドのオープン当初は今ほど混んでいなかったので、スペースマウンテンをイヤというほど乗りました…。なつかしい!

 話が脱線したので戻します。オーディションに合格して本番当日、ディズニーランドの裏側から中に入りました。中では既にプロのバンドの方々が、準備に余念がありませんでした。我々も音出しとリハーサルに入ります。しかしプロとの音の差は歴然…。だんだん自信のない音になっていったところで、TDLの責任者からキツイ一発が…

 「あなたたちはゲストに楽しんでもらえる演奏をしなくてはならないのに、自分たちが楽しめないでどうするんですか

 「そうだ、楽しまなくちゃ、いくぞー

 本番のステージに向かう途中で、今日演奏を控えたプロのバンドの方たちが「がんばれよ~」と応援してくれます。プロだろうがアマチュアだろうが、人前で演奏するなら同じ仲間です。「カリブの海賊」前のステージで演奏をして無事終えた時は、すっかりウキウキと楽しい気分になってました。その場所はこんな雰囲気のところです。

カリブの海賊バンド(1/3)

 自分たちの演奏後は、スペースマウンテンに乗る合間に、応援して下さったプロのバンドの応援をして一日を過ごしました。ディズニーランドの裏側を見て、なおさら、その魅力にハマった一日でした。最後にその時に演奏した吹奏楽曲の中のメインの曲をご紹介します。
  ディズニーメドレー
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

TDL(&シー)園地内の各種バンド(音楽隊)、
たかさんが「さすがプロ、腕達者ばかり...」とか書かれると、
「そんなにも上手だったのか!」と、今になって何か実感するようです。

これまではそんなこと意識もせずに、
ただ雰囲気として楽しんでいただけでしたので、
今度、行った時にはゆっくりと観察?、鑑賞してきますね。

でもオーディションに合格し、そんなプロたちにも負けないような
ステージを努めあげたたかさん達も立派だと思います。

大変に興味深い記事でした。

Re: タイトルなし 

FALさん

 私が演奏したのがTDLでしたので、TDS(東京ディズ二―シー)のことは書かなかったのですが、そちらでも同じ企画をやっています。ご指摘いただいてありがたいです。この企画は音楽をやっている者だけが味わえるディズニーランドの醍醐味かもしれません。

 プロの方の演奏は普通に聞こえるかもしれませんが、普通に聞こえるようにするのが大変なんです。私はパレスレストランの先にある特設ステージで行われるディキーランドジャズの演奏が一番好きです。今度ディズニーランドに行かれたら、ぜひ聞いてみてください。

凄い話ですね☆ 

興味深く、記事を読まさせて頂きました☆
素晴らしい!たかさん!オーディションってあるんですね?合格した、たかさんが凄い!カッコイイ!
ずるーい(笑)すっごく羨ましいよー☆立派に最後まで頑張ってたかさんお疲れ様でした☆感心しました!
いつか何かのご縁で聴けそうな予感がします。おめでとう☆たかさん☆す・て・きv-349

Re: 凄い話ですね☆ 

未来さん

 ディズニーランドでの演奏って、ほんといい経験になりました。でもどこで演奏しても人前での演奏って緊張するけど楽しいんですよね。6月中旬からうちの楽団は人前での演奏の機会が何度かあります。それに向けてがんばっていきます。よろしかったら聴きにきてください。

 

昔、今はない向ヶ丘遊園で演奏したことがありますけど・・・・・・、ディズニーランドとは比較になりません。

そうそう、今を去ること17~8年前、私が初めてステージに立ったのは、愛知県犬山市にある「リトルワールド」年に1回開かれているラテンフェスティバルだったのですが、生まれて初めてステージに立つ私のグループの一つ前に演奏したのが、当時名古屋でいちばん上手いと言われたグループ。リーダーが、その後ご病気で若くしてなくなられてしまったのですが、日本のサンポーニャ奏者で3本の指に入ると言われた人。腹の底から響き渡るようなサンポーニャの音を聞いて、その次に演奏する私は、ほとんど血の気が引きました。この人たちの次に演奏するなんて・・・・・・・・、と。
案の定、そのときの私のグループの演奏は、目も当てられないような出来でした。録音したはずですけれど、どこかに行ってしまいました。

自分が楽しくなくては、人に楽しんでもらえる演奏はできない、それはまさにそのとおりです。でも、なかなかそれが難しいんですよね。

Re: タイトルなし 

inti-solさん

 信じられないほどすごい演奏をするグループの後で演奏なさった時の気持ちわかります。でも後で自分たちの力になりますよね。

> 自分が楽しくなくては、人に楽しんでもらえる演奏はできない、それはまさにそのとおりです。でも、なかなかそれが難しいんですよね。

 そうなんです。これがなかなか難しいんです。この時の言葉は「座右の銘」になってます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【鳴るフルートと鳴らしやすいフルートは違う?】へ
  • 【瞬間運動じゃなくて瞬間的運動だぞ!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。