スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←楽器のパーツ同士の相性とは? →3度目のフルートDUO&アルバのコンサートに行ってきました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

音楽全般

プロ演奏家に才能は不可欠?

 ←楽器のパーツ同士の相性とは? →3度目のフルートDUO&アルバのコンサートに行ってきました
 以前の記事で、「才能に恵まれた人はプロの中でも一握りだ」という私の師匠の言葉をご紹介しました。「才能がなくてはプロでやっていけないんじゃないの?」というご意見もおありかと思います。「才能」という言葉に対する解釈が、いろいろなのではないかと私は思います。

 プロとして活動している人に「あなたは音楽の才能に恵まれているか?」と聞けば、おそらくどの人も答えは「No」でしょう。別に謙遜しているわけではなく、心の底からそう思っているに違いありません。私の師匠の所には、これからプロを本気で目指す方も、プロの指揮者の方もレッスンに来ていましたが、彼らの勉強量は半端ではありませんでした。なぜそんなに勉強するのか聞くと「そうしないとやっていけないから」という答えでした。「才能がないから」と言い換えてもいいかもしれません。

 私くらいの年齢の人間ですと、大学の受験競争はかなり厳しいものでした。「四当五落」と言われて、睡眠時間四時間だったら受かるけど五時間寝ていたら落ちると言われていたものでした。しかしその勉強内容はかなり甘かったと思います(そんなのは私だけ?)何しろラジオの深夜放送を聞きながらの勉強でしたから、睡眠時間は少ないものの中身は大したことなかったと今では思っています。しかも昼間学校で寝てたりして…全然意味ない(笑)。

 プロ、あるいはプロを目指している人の勉強の量と質は、こういう受験生とは全く違いました。「死に物狂い」と言っていいんじゃないかなと思います。人間なかなか死に物狂いになれません。私はこの「死に物狂い」になれるかどうかがカギだと思います。

 私は子どもたちに「ウサギとカメ」の話をよくします。この話はよくご存じでしょうが、ウサギの方が「走る」ことにかけては、カメより絶対に上です。なのに競争に勝ったのはカメだったというお話です。「そんなのウサギが油断しただけだろう」と思われるのはごもっともですが、実は才能に恵まれている人は努力を怠りがちなのです。「油断」しなければいいんだろう、と考えること自体が既に「油断」だったりします。

 中島敦の小説「山月記」は国語の教科書にも載っていますので、ご存じの方も多いと思います。主人公の李徴は才能に恵まれた人ですが、努力をしなかったために詩人になるという自分の夢を叶えられませんでした。別にサボっていたわけではありません。本人なりには努力をしたつもりなのです。でも何かが足りなかった。それは私流の解釈で言えば、「俺には才能があるんだ」というプライドが邪魔をして「死に物狂い」になれなかったということです。主人公はこう言っています。「俺よりもはるかに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために堂々たる詩家(詩人)になったものがいくらでもいるのだ」と。

 「努力すれば誰だってプロになれるわけではないだろう」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。プロの練習量はアマチュアのそれとは比べ物になりません。もちろんその質も同様です。プロレベルの努力ができる人が限られているということでしょう。「死に物狂い」の努力はなかなか出来るものではないと私は思います。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

こんばんはー☆ 

>「死に物狂い」の努力はなかなか出来るものではないと私は思います。

未来も同じ考えです☆

鳥の鳴き声聞えるよー☆
たかさーんここ爽やかだねー☆

たかさん、未来は就活中です。二つ仕事したいの・・・
一つは給料が安過ぎて・・・わがままな未来です(笑)

クラリネットは吹いてますよー一人寂しく自由に!
楽団はまだ入りたくないの・・・仕事がもう一つ決まって
稼ぎたいのー

たかさん!コンサートとか演奏会がある時教えてね
行ける時は行くよー!拍手を設けたのでそこのコメントに
教えてくれれば有り難いです。宣伝OKよー
楽団の人のみOKだよーよろぴこー

Re: こんばんはー☆ 

未来さん

 おひさしぶりです!と言ってもブログの方へは毎日行ってますが、今は「フライングドッグ」なんですね。これもさわやかでいいですね。
 新しい生活も慣れましたか?楽器も吹いていらっしゃるんですね。うちの楽団の演奏がある時にはお教えします。お時間があったら来てくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前田綾子の教室いらずの自宅で簡単フルートレッスン

タンギングで音がかすれてしまう・・・ ロングトーンで息が続かない・・・ やっぱり...
  • 【楽器のパーツ同士の相性とは?】へ
  • 【3度目のフルートDUO&アルバのコンサートに行ってきました】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。