スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「アルルの女」のケロログへのアクセスが2日間で1000を超えました →プロ演奏家に才能は不可欠?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

楽器のパーツ同士の相性とは?

 ←「アルルの女」のケロログへのアクセスが2日間で1000を超えました →プロ演奏家に才能は不可欠?
 少し前の記事で、「私のピッコロの頭部管と胴部管の相性が悪いようだ」とコメント欄に書きました。安直に判断できることではないのですが、このことで私が感じている事をいろいろと述べたいと思います。

 雑誌の「THE FLUTE」の特集に、「同じメーカーの同じグレードの楽器の頭部管を交換しただけで音が良くなくなってしまう」という記事が出ていました。同じメーカーの同じグレードですから、使っている材料は一緒ですし製作にかける手間も一緒でしょう。なのになぜこんなことが起きるのでしょう。

 「個体差」という言葉を私もよく使いますが、これは楽器の出来の良し悪しや音の特徴が違う時に、この言葉を使います。あるメーカーの同一グレードの楽器を吹いてみたら、Aの方は高音域が出しやすいがBの方は高音域が出にくいとか、Aの方は華やかな音が出るがBの方は温かみのある音が出るとか、こういう時です。

 頭部管を交換したら鳴らなくなったというのは、相性の問題でしょう。同じメーカーの同じ作りの金属製の楽器でもこういう事が起こるのだから面白いといえば面白いです。でも、Aの楽器に挿したら真価が発揮できる頭部管なのにBの楽器に挿しただけで、その真価が発揮できなかったりするというのは、楽器選びがより難しくなります。

 フルートだけの問題ではありません。金管楽器(量産型)でもこういうことがあります。金管楽器の量産型のベルは、真鍮の板を機械が全部加工します。人間の手が入っていないので個性がないように思われますが、実は楽器によってかなりの差があります。ここまで書いていいのかわかりませんが、工場で機械によって大量生産された製品の中に、不良品がいくつか混じるように、中には全く良い音の出ない楽器もあるんです。出荷の際の検品でハネられればいいんですが、製作上の欠陥がないかどうか検品するだけで、音の良し悪しで判断する訳ではありません。熟練した職人さんが手で叩いて作ったベルの方が、まだハズレがないかもしれません。作った職人さんが気に入らなかったら出荷しないだろうし。

 出荷された楽器を楽器店の側で試奏して仕入れるお店があります。音の良し悪しのわかる人が試奏して、納得のいく楽器を仕入れるお店で楽器を買うとハズレはないでしょう。普通の楽器店はそんなことしませんので、確実な方法はプロの方の選定品を選ぶのが賢明です。選定品はそれなりの値段の楽器になってしまいますし、選定料などもかかってしまうこともあり、割高になってしまいます。でも、ハズレの楽器を買ってしまうよりは良いでしょう。

 以前に備品として購入したテナーサックスが良い音を出してくれなくて困ったことがありました。知り合いのサックスの先生に相談したら、「ネックを換えて見たら」ということだったので、ネックを換えて見ました。そうしたら音が見違えるように良くなりました。ネックが良くなかったのです。加工品はどうしてもバラツキがありますから。互換性のある楽器の場合、パーツを換えるだけで音が良くなるので、一番良い音の出る組み合わせを見つけ出して楽器を購入した、なんて話を昔聞きました。最近はどうだか知りませんが…。

 私のピッコロ(YPC62)はハズレというほどではないにせよ、キーの調整がいい加減だったりしてました。頭部管と胴部管の木の質が違う理由は思いつくことはあるのですが、ここでは書きません。ただ、この胴部管にこの頭部管は相性が悪いだろうなという事です。相性って科学的に解明することが難しいだけに、感覚を鋭くするしかないですね。

 もっとも楽器が鳴らないのは、相性のせいではなく奏者の責任だったりすることが多いんですが。

  
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「アルルの女」のケロログへのアクセスが2日間で1000を超えました】へ
  • 【プロ演奏家に才能は不可欠?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。