スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フルートの運指は右手小指がキモです →どうしたら活動が楽しくなるの?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ピッコロ

ピッコロの変え指に挑戦中…

 ←フルートの運指は右手小指がキモです →どうしたら活動が楽しくなるの?
 楽団の方でピッコロをメインに吹くことになった私は、どうしようか思案中のことがあります。それはフルートと音程のクセが違うのを、どのように解決していくかということです。ピッコロの場合、木製のためもあるかもしれませんが、個体差が金属製のフルートよりも激しいような気がします。同じメーカーの同じグレードでも微妙にクセが違います。ヤマハは比較的素直だと思いますが、私のピッコロは頭部管の抜き加減で音程のクセががらりと変わってしまうところがあります。正直、「えー、多少は仕方ないけど、こんなに違うのは…」と思っています。「他のYPC62はこんなに気難しくなかったぞー」と思っても、今さら交換することもできません。

 なぜそうなっているのか、考えられるのは頭部管と胴部管のマッチングです。一本の木から削り上げた楽器の方が良かろうと思って、ヤマハオリジナルの頭部管を使い続けているのですが、最近になって木目などを見て、頭部管と胴部管の木は、全く別物であることに気づきました。頭部管に比べて胴部管の方が木目が粗いのです。この木目の粗さはクラリネットで言えば、450クラスです。クラリネットもグレードによって、木を使い分けていますので(これは楽器作りとすれば当たり前のことです。カタログにも高級グラナディラ、最高級グラナディラと、ちゃんと書き分けています。)

 フルートで言えば、頭部管が銀で胴部管が洋銀みたいな組み合わせと思っていただければ、わかりやすいでしょう。もちろんこの組み合わせでもマッチングが最適な楽器もあるでしょうが、今、私が自分の楽器を吹いていると、どうもマッチングがイマイチのような気がします。フィンダの頭部管を着けて吹いていた時があるのですが、その方が良さそうです。

 まず、考えられることは楽器のグレードアップです。以前にも似たようなことを書きましたが、頭部管を変えてみることと、本体のチューンナップをすると、ずいぶん変わると思います。えっ、タンポ換えて調整したくらいじゃ変わらないだろうって?いや、それ以上に楽器本体の削り直しとか、62は機械で削ったものですから、トーンホールを中心に削り直すことまでを、チューンナップと考えています。ただ、チューンナップにも限度があるだろうなと思います。チューンナップしても満足できないことも考えられます。

 それならば、メインにしているフルートとなるべく近いクセを持っているピッコロを新たに探すことも有効でしょう。ただ、見つけるまでに時間がかかるだろうな…。最近ピッコロとフルートのクセの違いを感じるようになったのも、新しいフルートに慣れてきたからかも知れません。練習時間が豊富にあって私がもっと器用なプレイヤーなら、それぞれの楽器に最適な奏法で、吹けるようになるでしょうが、一番実現が難しいのがこれでしょう。

 新しいピッコロも、そうそう買えないし吹き分けも難しいとなれば、音程のクセを私の技量で修正可能な変え指を見つけるしかありません。前置きが長くなりましたが、こういう訳で今ピッコロの変え指を試しています。私のピッコロの音程のクセは3Esがやたらと高く、どうしても修正できないことです。3ミリ程度抜いた位では修正不可能です。倍の6ミリ抜くと合わせられるのですが、当然のことながらそれでは他の音が低くなります。特に2Cと2Cisが低くてどうしようもなくなります。

 でも、3Esは有効な変え指がありません。そこで考えたのが不本意ながら頭部管を多めに抜いて、Esのピッチを合わせることです。もちろんコントロールできる範囲内でやります。Esでチューニングするようなことをやると他の音のコントロールが出来なくなりますから。ピッコロなのに頭部管を6ミリ抜くのは、抜き過ぎだと思うんですけど、仕方ないかと思っています。そう言えばヤマハ281にサンキョウの頭部管を着けたら10ミリ近く抜かないと合わなかったなあ…。ピッコロも同じと考えようっと。

 後はこれで、CとCisの変え指をどうするかです。5/13の楽団の練習で、いろいろと試してみました。Cis、Cとも右手薬指だけ押さえるのは、ほとんど変わりませんでした。外吹きにした時に上ずりにくくなるかなーという気がしただけです。薬指と中指ともに押さえるのは、音程が下がり過ぎでした。中指はEメカニズムに連動していますので、Gisキーまで閉じてしまうからでしょう。試しに左手小指のGisキーを押してオープンにすると、音程は下がり過ぎなくなりました。

 これは、この楽器だけの特徴かもしれません。Eメカが高音域の音程に悪影響を与えているのです。ううー。Eメカを調整してもらったのは間違いだったか…。もうひとつ「あれー」と思う事がありました。高音域EとFのトリルは左手中指を動かすのですが、ほとんど音程が変わらないのです。水分が溜まっていると、キーを開けたのに塞がっているのと同じ状態になったりしますが、管内に水滴は付いていませんでした。もともとB(ベー)の音もFキーを使って出すと、かなり低くなるのです。もしかするとAのトーンホールの削り方が悪いのかもしれません。

 ますます、「うううー」と考えてしまいました。こんなの試しに吹いたくらいではわかりません。ピッコロに精通している人ならわかるでしょうが、私にはわかりませんでした。トーンホールを削り直してチューンアップするのは、ちょっと勇気が要るので、とりあえず以前のようにEメカが機能しないようにしてもらおうかな。他のYPC62を吹いて試してみたくなりました。ピッコロの試奏の時は、チューナーは絶対必要ですね。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

この指はどうでしょうか? 

高音のES、私が持っているピッコロの変え指運指表では、低くなる変え指が載っていました。正規の指から、左手⇒人差し指を離す。右手⇒小指だけ。です。
ちなみに、私は試したことありません(笑)

Cisの指ですが、僕はソロを吹く時のみ、変え指を使います。この指は音程が高くなります。正規の指から、左手⇒中指、薬指を押さえる。右手⇒中指、薬指、小指を抑えます。

しかし、ヤマハの楽器って、そんなに音程が悪いのでしょうか。。。遠い昔に本番で使った記憶しかないので、何とも言えませんが。

Re: この指はどうでしょうか? 

ラブリー♪さん

変え指をお教えいただいてありがとうございます。

> しかし、ヤマハの楽器って、そんなに音程が悪いのでしょうか。。。遠い昔に本番で使った記憶しかないので、何とも言えませんが。

実は今日(5/15)、笛師匠に私のピッコロをじっくり吹いてもらいました。詳しくは後でブログに書こうと思っているのですが、このクセは、どうも私のピッコロだけのようです。師匠の見立てでは頭部管に難があるそうです(私の考えと一緒ですね)。

今年の初めに必要に迫られてポンと買ってしまったので、仕方ないかとも思っていますが、ヤマハの楽器(というより量産品)は、時々パーツごとの相性が悪いこともあるというのは、聞いています。

師匠は「パウエルのピッコロを買いなよ」と言いましたが、そんなお金ありませ~ん。頭部管を変える位で手を打って、今年夏の定期演奏会に間に合わせようと考えています。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし 

カギコメさん

 コメントありがとうございます。私も同じことを聞いた記憶があります。後は宝くじに頼るしかありませんね(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フルートの運指は右手小指がキモです】へ
  • 【どうしたら活動が楽しくなるの?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。