スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←銀無垢のフルートと銀メッキのフルートの見分け →新入部員が入らなかったのはナゼ?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

高音Fisをどうやって出したらいいの?

 ←銀無垢のフルートと銀メッキのフルートの見分け →新入部員が入らなかったのはナゼ?
 この記事もアクセス解析の検索ワードで多かったものです。

 フルートの第3オクターブのFisは、とても出しにくい音です。同じように高音Eも出しにくいのですが、こちらはEメカニズムを付ければ、ずいぶん出しやすくなります。このあたりのことは以前の記事で述べています。以前の記事はこちらこちらです。なぜ出しにくいのかを一言で言うと、「理想的なキーアクションになってないから」なのです。それを修正したのが「Eメカニズム」なのです。

 じゃあ、「Fisメカニズム」を付けたらいいじゃないと思いますよね。オプションで付けられるメーカーがありました。私の手元にあるサンキョウフルートのカタログを見ると、「『Fisメカニズム』をオプションで付けられます」とありました。値段がはっきりしないのですが、Eメカニズムと同じくらいの価格と考えると、安くて5万円位でしょう。ほとんどオーダーはないと思われますから、もっと高いかもしれません。理想的なキーアクションになるように、特別なメカニズムを付けるとEメカと合わせて12万円前後、余計にお金を使わねばなりません。お金のある人ならいいかもしれませんが…。

 もうひとつ問題があります。それは、メカニズムがより複雑になり、楽器も重くなるということです。私の勝手な想像ですが、リングキーの場合、インライン式(画像はこちら)だとキーパイプの剛性が確保できず、オフセット(画像はこちら)にならざるを得ないのではないかと思います。H足部管にして、他にもオプションのGーAトリルキーなんぞを付けたら、重くて大変でしょう。

 まだ、問題があります。フルートの高音域で出しにくい音は他にもあります。3Gis(As)がそうです。♯が三つ以上の調か、♭が三つ以上の調になると、この音が出て来ます。ピッコロにはこの音を出しやすくするGisメカが付いている楽器があります。これをフルートにも付ける?そんなことをしたら、さらにメカが複雑になってしまいます。

 結局、メカニズムには頼れないのです。私個人の考えですが、初心者のうち(Cdurを練習している時)に、特に有効なEメカが付いていれば十分でしょう。これが無いと不安という人は、ずっとEメカ付きのフルートを吹いてても全然問題ありませんが、3Fisは、メカ等に頼らず出せるよう練習すべきだと思います。

 余談ですが、私はブリチアルディキーについても同様の考え方を持っています。ブリチアルディキーが最も有効なのはFdurの時ですから、初心者の段階でFdurを学ぶ時に、クロスフィンガリングを使わないで済みます。このキーは♯の調では使いませんし、♭が多くなるとやはり使えません。トリルの時は便利ですが…。フルートの場合、高音域では、
クロスフィンガリングは絶対必要です
クロスフィンガリングが使えるようになれば、B(ベー)の音を出すのに、右手人差し指を使えば事足りると思います。

 では、どうしたら3Fisの音が出せるようになるのでしょうか?先に「理想的なキーアクションになっていない」ことを理由に挙げました。そのために、この音を鳴らすポイントが他の音より狭くなっているのです。ならば、その狭いポイントに正確に息を当てるようにすれば、鳴るはずです。そういう奏法を身につければ、高音域全体が吹きやすくなります。

 一番有効な方法は倍音練習です。ソノリテで音作りに使う2Hの音を出して、その指使いのまま3Fisを出すようにします。また、2Fisの指使いのままで、3Fisを出すようにします。音色や音程を必要以上に気にしないで、できるだけ
アンプシュアを変えずに出せるようにします。
これで出なければ、中音域の吹き方も正しくないと考えていいでしょう。言い方を変えれば、3Fisの出るアンブシュアが正しいアンブシュアなのです。倍音練習で、3Fisの音が出せれば、正規の指使いではもっと出しやすいはずです。

 今はスクールバンドでも高音域を多用して、フルートが出しにくいこれらの音を好んで使う曲を演奏する機会も多くなりました。中高生といえども、クロスフィンガリングに慣れて、ポイントに正確に息を当てられる技術が必要になっています。

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

フルートにとって3オクターブ目は“肝”ということですね。
E、Fisの他にGisも出しにくいとは気付いていませんでした。
今やっている『Overjoyed』が大変なわけが分かりました。
最後のところは転調、転調でDdur→一瞬Amol→Edurという感じを3オクターブ目ばっかりで吹きます。曲の出だしはCdurなのに…

最近、少しだけ慣れてきたら中低音域の音色が変わったように感じていたのですが、これも記事を読ませていただいて納得です。
なぜ苦しいかが理解できたので、今日も頑張ります♪
きちんと上手になったら楽になるハズ。。。ですよね。

Re: タイトルなし 

春子さん

 3オクターブ目のGisはEやFis程ではないんですが、キーアクションから考えるとちょっと出しにくいのです。

 高音域のクロスフィンガリングは基本的に第2オクターブの指使いである一つのキーを開けてオクターブキー代わりに使います。EやFisは二つ開いてしまうので出しにくいのです。3Gisは3Gと同じキー(左手親指)を開けます。正しいオクターブキーの位置にはキーが無いので、ちょっとズレてるわけです。Cisキーも開けるのはそのためです。

 最近はCisキー(トーンホール)の進化がすごくて、ずいぶん出しやすくなりました。ピッコロの3Gisが出しにくいのは、フルートみたいにCisトーンホールを進化させにくいからでしょう。また、Hキーの形状がフルートとは決定的に違います。だからだと思いますが、ピッコロは3Fisより3Gisの方が出しにくいんですよ。


>きちんと上手になったら楽になるハズ。。。ですよね。

 もちろんです。しかし、今練習なさっている曲のコード進行は、す・ご・い ですね。

3Gisキー 

たかさん、初めまして。参考までに、私の先生が教えてくれましたキーを下記します。
3Gisキー について、私は、音程が少し高めに出ますので、先生から、標準の指に加えて、右手の中指と薬指を押しています。
3Hキーも、標準プラス人指し指と中指のトリルキーと薬指を押しています。
私の管はHキーですので4Cは標準プラス小指Hキーを押しています。
私の先生が教えてくれました、標準と異なるキーは以上でした。

3オクターブ 

私は、遊びでフルートを吹いているだけなので基礎練習というものをほとんどやりませんが、それでもある時期から3オクターブの音階練習はやるようにしています。(いつまで経っても運指が頭に入らないから)
ファ♯とソ♯は、確かに出しにくいです。でも比較すると、私にとってはソ♯はそんなに外さないけど、ファ♯は外すことがあります。
音階練習で「ミファ♯ソファ♯ミファ♯・・・・・・・」とか、「レ♯ファ♯ソファ♯レファ♯・・・・・・・・」などと繰り返し吹いていると、途中でファ♯だけ音が外れてしまうことがたまにあります。ゆっくり吹けばそういうことはないけど、早く吹くと外す率が高い。まだまだ修行が全然足りないです。

ブリチアルディキーは、このブログで「本来使わないのが正しいフルートの吹き方」と知って以降、極力使わないようにしています。ほとんどの曲はクロスフィンガリングで吹けるようになったのですが、ただ一つ、「アルルの女」のメヌエットだけは、どうしようもないのでブリチアルディキーを使っています。

Re: 3Gisキー 

TEDさん

 初めまして。ようこそおいでくださいました。

 高音域の変え指を教えてくださってありがとうございます。このブログを訪れてくださるフルート吹きの方にも参考になることと思います。また、おいでくださいませ。

Re: 3オクターブ 

inti-solさん

 春子さんへのレスにも書いたのですが、フルートの3Gisは、昔のフルートよりもずいぶん出しやすくなったのです。ちょっとコントロールしにくい音なんですけどね。3Fisほどではないと私も思います。私もちょっと気を抜くと3Fisを外します。緊張感を保つにはいいですね。 

「ほとんどの曲はクロスフィンガリングで吹けるようになった」とは素晴らしいです。もっともケーナを吹いていらっしゃるinti-solさんの動画を見ると慣れれば大丈夫だと思いますよ。

「アルルの女」のメヌエットは、正規の指使いでやるとB(ベー)の音以外でも結構難しいです。後で、このことについての記事を書こうと思っていました。変え指を使うか使わないかの微妙なテンポです。この曲の場合、私は音程音色の面でブリチアルディキーは使ってもいいと思ってます。でも笛師匠には昔「使わないでやれ」と言われたので、使わないで練習して苦しみました…。

3Fis & 3Gis... 

この二つの音は本当に難しいですよね。

去年は「禿山の一夜」での最後のソロの3Fis(しかもpp)で随分苦労した思い出があります。
最後は結局替え指で乗り切りました。

今年は3Gisで始まるppのソロに苦戦してます・・・

もっとまじめに倍音練習をやってみようと思います。

Re: 3Fis & 3Gis... 

笛吹きさん

> 「禿山の一夜」の最後のソロの3Fis(しかもpp)で随分苦労した思い出があります。
> 今年は3Gisで始まるppのソロに苦戦してます・・・

 うわぁ、これは大変ですね。この二つの音はfだとまだいいんですが、ppは、難易度ウルトラDですね。ぜひがんばってください。

TEDさんへ 

替え指、試してみました。
Fis→Gis→Fis→Cis→Fisの動きが驚くほど安定しました。
まだ指が慣れていないので要練習ですが;;;
ありがとうございました。


たかさん、すみません。
コメント欄をお借りしました。

Re: TEDさんへ 

春子さん

> たかさん、すみません。
> コメント欄をお借りしました。

どうぞどうぞ。この変え指はありがたいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【銀無垢のフルートと銀メッキのフルートの見分け】へ
  • 【新入部員が入らなかったのはナゼ?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。