スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←指揮法レッスンで学んだ思い出の曲 →ピッコロの変え指に挑戦中…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

フルートの運指は右手小指がキモです

 ←指揮法レッスンで学んだ思い出の曲 →ピッコロの変え指に挑戦中…
 フルートを吹く時に一番困るのが、速くて細かい音符がたくさん出てくることです。ベームさんのおかげでだいぶ吹きやすくなったとは言うものの、指のトレーニングは欠かせません。

 これはフルートだけでなく木管楽器はすべて同じですが、ある一つの指にいくつかのキーを操作させなくてはなりません。何しろ指は10本しかないのに(しかも右手親指は楽器を支えるのに使いますから、キーの操作に使えるのは9本です。これは、と゜の木管楽器も同じです)、12個の半音を2~3オクターブに渡って出さなければいけないのですから、指の数よりキーの数が多いのは当たり前のことです。

 キーの付いていないリコーダーに類する楽器は、クロスフィンガリングを使って半音を出しますので、指使いはもっと難しくなります。何しろある指はキーを押して、ある指は離すという動きをしますから、ややこしいですね。フルートを習い始めて最初に経験するややこしい指は、中音域のDの音です。中音域のCの指使いはこれです。
m_c.jpg
それがDだとこうなります。(青がを押さえるキーで白が離すキーです。)
m_d.jpg
そしてEの運指は、
m_e.jpg

 フルートは「ドレミ」が難しいんですねえ…。左手人指し指と右手小指が他の指とは反対の動きをします。左手人指し指は押しっぱなしでも音程にさしたる影響はないのです(ホントはダメです)が、右手小指は正確なタイミングで動かさないと変な音が出てしまいます。

 しかも、三点支持がしっかりしていないと、右手小指も楽器の支えに使ってしまって、ますます動きが悪くなります。2Dの音を中心に指使いの練習をするのは、絶対に必要です。それからよく間違えられているのですが、中音域E♭の指使いは、左手人指し指は離します。こちらは音に直接の影響はないので、いい加減になりがちなところです。

 フルートの運指で難しいもののオンパレードのような曲が有名なビゼー作曲の「アルルの女第2組曲・メヌエット」です。音源は管弦楽版でどうぞBizet L'Arlésienne Menuett & Farandole

 お聞きになった方は「ああ、これか」とお思いになったでしょう。フルートソロ曲として余りにも有名な曲です。この曲を私はフルート習いたての頃に練習しました(ということは30年近く前です)。何とか吹けるようになって、笛師匠の前で吹くと…、笛師匠は黙って私の演奏を聞いた後、ご自分で吹き始めました。

ガァーン

 この曲、指が動くだけじゃダメなんですね。口で言われないで、吹いて聞かせられるのは、ショックが大きいです。この曲の詳しい解説を後日ブログに書きますので、お楽しみに…。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

中音のD 

フルートを初めた当初、教則本を見ながら吹いていて、どうもDの音程が変だなーと思って、あるとき運指表を見直したら、初めて左人差し指は押さえないんだと言うことに気がつきました。最初は思いこみで運指表を見ていたから、そんなイレギュラーな動きに気がつかなかったんです。フルートを初めて1ヶ月くらいのことです。
今はあまり思いませんが、フルートを始めた当初は、左手人差し指を押さえたままのDの音は、かなり音程が変に感じました。

今でも、速い動きの曲では、Dで左手人差し指を外しきれないことがあります。逆に、そのことを意識しすぎて、間違えてミも左手人差し指を外してしまうことがありました。

ドとレの行き来も、最初は難しかったです。今も速い動きの時は難しいですが。
右小指も難しいですねえ。フルートは私にとって壁ばかりです。

ケーナの半音は、指穴を半分開けることで出します。これは、感覚的には非常にわかりやすい。とても単純です。ただし、音程を正確に半分開けるのは非常に難しい。それに、やってみると、指の動きにコツが必要で(単純に半分開けるのは不安定で、指を少しずらすようにする)シャープやフラットが多い曲はちょっと厳しいです。

アルルの女 

いつも参考になる内容です。
演奏のポイントの解説になるかと思いますが期待しています。

 

inti-solさん

フルートの左手人差し指の指使いって、確かにややこしいですよね。

私は正規運指が最も響きが良いと思っています。DやEsで左手人差し指を開けるのと開けないのとでは、やっぱり微妙に音が違います。

最後は「慣れ」の問題でしょうけど…。私はケーナの指はわかりませんから。

 

河童さん

「アルルの女」の演奏ポイントの解説がご期待に添えるものになるか、わかりませんが頑張ります。

 

2010-05-15 Sat 03:57 に投稿してくださった方、コメントの内容が本文と関係のないものでしたので、このまま非公開とさせていただきます。あしからずご了承ください。

 

アルルの女・・・高音域のGやEの発音に悩んで
教室では平均律なので使いませんが、純正律での
音律によると指使いを少々変えても発音し易い音
みつけたのですが、音高もしくは音程にも揃えて
音色もしくは音質にも、練習の成果として満足が
できたら、公開しましょうかね?。
  • #834 フルート・ファンタジスタ 
  • URL 
  • 2010.06/29 09:52 
  •  ▲EntryTop 

Re: タイトルなし 

フルート・ファンタジスタさん

 コメントありがとうございます。ぜひ公開してくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【指揮法レッスンで学んだ思い出の曲】へ
  • 【ピッコロの変え指に挑戦中…】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。