スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ジャズに首ったけ…(FlyMeToTheMoon録音付き) →新入部員のパート決めはどうすればいい?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽合奏理論

吹奏楽のサウンドも低音が命です

 ←ジャズに首ったけ…(FlyMeToTheMoon録音付き) →新入部員のパート決めはどうすればいい?
 数日前に「フルートは低音域の鳴る楽器が良い」という記事を書きました(その記事はこちら)。それと同じで吹奏楽という合奏体も低音を重視した方が良いサウンドがします。そのサウンドの要はバスクラリネットです。

 吹奏楽でバスクラリネットが担当する音域は第1倍音を使います(レジスターキーを押さない所謂シャルモー音域です)。クラリネットは偶数倍音が出ないとはいうものの、やはりバスクラリネットの第1倍音が鳴るとバンドのサウンドに厚みが出ます。これにコントラバスやバリトンサックス、場合によってはファゴット等を加えると、かなり豊かな第1倍音群が出来上がります。これらの楽器は偶数倍音も豊かですからバスクラと合わせると、ホントいい音がします。

 えっ、チューバはどうなのかって?実は木管楽器群は第1倍音を使うのに、チューバは第2倍音より上を使います。音量はありますが、倍音から見たら、ファゴットの方が豊かな音がするんです。同じ低音を吹いていても、木管楽器とコントラバスの作った音の倍音にチューバは乗ることになるわけです。

 金管楽器はみな同じです。第1倍音は音を出すのも難しいんです。トランペットやトロンボーン、ユーホニウムなどは、それでも音を出せますから、第1倍音(ペダルトーン)を出す練習は重要です。フルートと同じ理由で第1倍音を響かせる練習をしていると、楽器が「遠鳴り」するからです。ちゃんとした奏法じゃないとペダルトーンは出ませんからね。ホルンとチューバは管が長すぎて、ホルンは演奏不能、チューバはよほどの名手でなければ、ペダルトーンは出ません。このことは、これらの楽器は「鳴らす」ことが難しい楽器であると言えます。

 チューバを鳴らすことの出来る人がいると、サウンドが安定するのもそのためです。木管低音も同様ですね。最も安定するサウンドは、チューバのオクターブ下で木管低音を鳴らすことです。木管低音自体の音が聞こえなくても、サウンドがより豊かになる隠し味になってます。また、トランペットだけが鳴っているより1オクターブ下でトロンボーンをさりげなく鳴らしていたりすると、これもサウンドが豊かになります。

 お試しあれ!
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

中低音の響き 

ちゃんと楽器が吹けないにもかかわらず、
なぜか「副団」になっちゃったship-papaです。
お久しぶりです。

やっぱり、本当だったんですね。
「吹奏楽は『中低音』の出来で決まる」というのは。

楽団のマネージャーから「中低音が全てだ」と言われて、
テューバ、B-sax、T-sax、トロンボーンの鳴らない奴らで、
マネージャー直々の特訓を受けてます。
残念ながら、バスクラがいない楽団なんですぅ。(T-T)

ちゃんと音を出して、ハーモニーが揃うと、
音の厚みが違ってきますね~。
これは実感しました。
その上に乗るメロディの「映え方」が違ってきますからね。

たかさんの、この記事を読んだら、
「金管楽器の第1倍音域の謎」が解けました。

ペダルトーンは、ホント、鳴らないッス!
特にテナートロンボーンだと、
完3度ほど鳴らせない音域がありますから。

そうか、上の音域を鳴らそうと躍起になっていたけど、
下の音域を出す練習も大事なんだなぁ。
よし! 頑張ってみよっと。

また、お邪魔します。

Re: 中低音の響き 

ship-papaさん

 ブログ拝見してます。副団長は大変ですが是非がんばってください。金管楽器にとってペダルトーンを鳴らすのは難しいんですが、とても大事なんですよね。マネージャーさんが特訓しているのもうなづけます。

 バスクラがないのは、ちょっとイタイですね。バリトンサックスだと第1倍音の幅が狭いので、ちょっときついんですが…。うちのバンドもバスクラがいる時といない時では、ずいぶんサウンドが違います。バスクラをやってくれる人が入団してくれるといいですね。

 トロンボーンがんばってくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ジャズに首ったけ…(FlyMeToTheMoon録音付き)】へ
  • 【新入部員のパート決めはどうすればいい?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。