スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←機械的だけどメトロノームにまず合わせましょう →久しぶりの練習参加になりました~4/24楽団の練習
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

パール・マエスタ

THE FLUTE 6月号はダニエラ・コッホさんの特集です

 ←機械的だけどメトロノームにまず合わせましょう →久しぶりの練習参加になりました~4/24楽団の練習
 THE FLUTE 6月号が届きました。今月号の表紙は、当ブログでも何度かご紹介したダニエラ・コッホさんです。
fl105.jpg

 私の記事はこちらです。
  ダニエラ・コッホさんとパールフルート
  ピッコロとフルートのWケースカバー買っちゃいました

 今年の初めにコッホさんがリサイタルのために来日した時に取材したものと思います。この時はパールフルートギャラリーや銀座山野楽器も訪問なさったようです。コッホさんの楽器は言わずと知れたパールハンドメイドマエスタですが、写真を見ると今まで分からなかったことまでわかって興味深いです。

 そのスペックは、「Ag970プリスティーンシルバーH管・オフセットリングキー・Eメカ付き・頭部管は「Forte」・リップ&ライザー 14Kローズゴールド」です。楽器の輸送費もありますから、ざっと計算すると100万円クラスの楽器ですね。オフセットリングキー・H管に14KリップのForte頭部管という組み合わせは、決してポピュラーなものではないと思います。このスペックでの注文が日本の工場に入ったのではないかと思うんですが、コッホさんのことを日本のパールは知らなかったんだから、このメーカーの素朴さがうかがえます。日本の各メーカーは自社のフルートユーザーが神戸国際フルートコンクールに入賞するかどうかを、ものすごく注目しているはずなのですが…。

 そうそう、「ピッコロとフルートのWケースカバー買っちゃいました」の記事でご紹介した彼女のCDが、運が良ければ手に入ります。詳しくはTHE FLUTE6月号のプレゼントコーナーをご覧ください。ただし、幸運を掴める人は全国で1人だけです(笑)。お願いだから市販してよ~。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【機械的だけどメトロノームにまず合わせましょう】へ
  • 【久しぶりの練習参加になりました~4/24楽団の練習】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。