スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←夢中になるといい楽器が欲しくなります →マルセル・モイーズの演奏を聞く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スクールバンド運営

コンクールに参加するのは何のため?

 ←夢中になるといい楽器が欲しくなります →マルセル・モイーズの演奏を聞く
 このお話は、スクールバンドが対象で、一般バンドのことは念頭においていません。ご了承ください。

 今の日本のほとんどのスクールバンドは、吹奏楽コンクールに参加していると思います。何のためにコンクールに参加しているのでしょう。「金賞を取るため?」こういう目的でコンクールに臨んで金賞取れなかったら、コンクールに参加した意味が無くなってしまいます。「賞が取れそうもないから参加しない」という声も聞きますが、そうではないと私は思います。

 では、「いい演奏が出来たら賞は関係ない?」埼玉では参加団体が多く、賞をもらえない団体もあります。でも、入賞できない演奏は、審査員の点数が低いわけですから、それが「いい演奏」というのは、どうでしょうか。聞いている人が「いい演奏」と思わないのに、自分たちは「いい演奏」と思うのは、自己満足だったりしないでしょうか。また、こういうところから、審査に対する不満を持つこともあります。コンクールに参加して審査に不満を持つのは、参加する意味が無くなってしまうのではないかと思います。

 私は自分たちの音楽を磨くために参加するんだと思っています。ですから、「まだコンクールに参加するような実力を持っていないから」という理由で、コンクールに参加しないのは、どうかと思います。コンクールは自分たちの実力を上げるための手段なのですから、実力がついてから、実力を上げるためにコンクールに参加するのは、おかしいですよね。

 コンクールに参加しようと思ったら、選曲から始まって、曲の研究や練習方法など、いろいろ考えなければならないことが多くなります。練習も大変になります。でも、それは「練習に気合いが入る」と思って、ひと夏を吹奏楽に打ち込むのは、後で、きっといい思い出になると思います。

 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢中になるといい楽器が欲しくなります】へ
  • 【マルセル・モイーズの演奏を聞く】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。