スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マルセル・モイーズの演奏を聞く →三種類の五重奏・大研究
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・練習の記録

私の練習曲「ヘンデル・ラルゴ」

 ←マルセル・モイーズの演奏を聞く →三種類の五重奏・大研究
 モイーズの演奏を聞いていただいた翌日に、この記事をエントリーするのは気が退けるのですが…。これは私がフルートを練習する時によくさらっている曲です。ソノリテを吹いた後の仕上げとして吹いています。一番気を付けているのが音色です。私のフルート(美珠)は、豊かな音量を持っているフルートですので、美しい音色を作ろうというのが目的です。私は豊かな音量・美しい音色・音楽的な音程の三拍子揃った演奏を目標にしています(なかなか目標に到達できませんが…)。とりあえず、ソノリテ後のこの曲の演奏を録音しました。今聞くともっと煮詰めた方がいいところが…。三拍子揃った演奏は難しいなあ。

 録音は前回までのものとはちょっと変えました。今まではCDラジカセ(本当にカセットデッキが付いています)で伴奏CDを再生して、それにフルートを合わせました。今回はギターアンプを買いまして、それにCDデッキを接続して伴奏を再生しました。録音機材は今までと同じМP3です。

 伴奏の音量が大きくなったので、マイクの位置を今までよりも離しました。3mほど離したところが、響きも音質も良さそうなので、この位置で録音しました。録音場所は縦横が18m×9mの結構広い部屋です。マイクが3m離れていると思えない位、音がクリアーでミスがバレバレでした。コワイ…。前半と後半に分かれているのは、通しだと後半持たないからです。
  ヘンデル・ラルゴ(前半)by美珠
  ヘンデル・ラルゴ(後半)by美珠

 著作権の関係で楽譜の一部を見ながら、お読みください。
 前半のDの音から始まる下降形のメロディー(下の譜面の1オクターブ下)は、低音になる程たっぷりと鳴らしたいところです。レガートタンギングも課題です。もちろん音楽的な音程で吹けないと美しいメロディーが台無しです。気を付けているのが、①低音で音が痩せない。②ピッチと音程、の二つです。後はもっと表現を付けたいところですが、基礎練習の延長線ということで…。
   CAXE1RAC.jpg
 後半は上の譜面通りで演奏します。①と②に合わせて、③高音域の音色と音程、に気をつけます。
   CAIJ9IZK.jpg
 上の譜面のこの部分は、たっぷりと歌いたいところですが、GからFisという7度の音程が取りづらい上、3Fisと3Eが出て来ますので、この音をどう出すかがカギになります。

 ところが、私の持っている音源ではこの部分をこの譜面通りに吹いているものはありませんでした。きれいに吹くのが難しいんです。低音域をたっぷりと吹いた後で、この高音域を出すのは、難易度がDランクです。人前で吹く時は、サイズを変えて演奏しないとコワイです。

 自分の演奏を改めて聞いてみると、特に高音域はまだ楽器に慣れていないですね。自分がイメージした音とは違う音が出ています。これは「練習」ということで挑戦してますが、3Eも3Fisも出すだけになってます。力まなくても出るのは分かっているんですが、「フォルテ」と書いてあると、つい力んで音色を悪くしてます。録音を聞くとマイクから3m離れているとは思えないほどウルサイ…。そしてプレスが浅くなって、ついカンニングプレスをしています。バレバレですからカンニングは成功していません(涙)。しかも最後のGの音がキレイに伸ばせなかったし…。これじゃ音楽的に台無しですね。

 最後にお耳直し?に、こちらの演奏をどうぞ。
  Handel : Largo - The London Symphony Orchestra
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

2010/04/24 01:59:42に投稿してくださった方、内容的にコメントを非公開とさせていただきます。あしからずご了承ください。

 

たかさんのフルート演奏、
ほんとうに素晴らしいと思います。
(ご自分では専門的に自己研鑽指摘されてますが)
伴奏のピアノとよく溶けあって、
フルート・メロディが聴く耳に心地よいです。

なお、この記事と吹き込み、
人気集中のようですね。

今、土曜の夜10時前、
UPタグのダウン・ロードに
かなりの時間がかかり、
曲がなかなか始まりませんでした。
(そのぶん何かどきどきして楽しみも倍加します)

Re: タイトルなし 

FALさん

 いつもお褒めいただき恐縮してます。もっと安全確実に演奏できるようになればいいんですが、まだ楽器に慣れていなくて…。だんだん良くなるようにがんばります!

> なお、この記事と吹き込み、人気集中のようですね。

 そのようです。私も驚いています。ダウンロードに時間がかかるのは、「ケロログ」側の問題もあるかもしれませんが、録音を前半後半に分けたせいもあるかもしれません。300人
近くの方が聞いてくださったのですが、アクセス数は×2ですから。

 次回はちゃんと一つにまとめます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マルセル・モイーズの演奏を聞く】へ
  • 【三種類の五重奏・大研究】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。