スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←社会人バンドの活動目標は? →「旅立ちの日に」・「なごり雪」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

吹奏楽全般

吹奏楽って何のためにやるんでしょうね

 ←社会人バンドの活動目標は? →「旅立ちの日に」・「なごり雪」
 今日のお話は、スクールバンドを念頭においてのお話です。大人向けというより中高生向けですので、ご了承ください。

 吹奏楽をやりたいと思う人は、例外なく音楽が好きなはずです。楽器を自分の手で奏でてみたいと思っているはずです。だって、そういう動機以外で入部する人はいませんよね。たまに例外があって、友達が吹奏楽をやるので自分もシブシブ入部したとか、先輩にダマされて否応なく入部したとかがありますが(笑)。

 ああ、それで思い出しました。私が中学で吹奏楽部に入部したきっかけは、友達に誘われたからでした。その時の私は「吹奏楽ってナニ?」という人間でしたっけ…(笑)。高校では「絶対吹奏楽はやらない!」と思っていたのに中学の吹奏楽部の先輩に見つかって、後は否応なく…。私が例外の見本みたいなものでした。あはは。

 動機が不純とまではいかないけれど、動気がしっかりしていないと、私みたいに吹奏楽部に入ったのはいいけれど、サボってばかりで、顧問の先生に怒られ先輩には体落としで投げられ、ある時はチューバのマウスピースで殴られたりしました。(ホントです。そのマウスピースで殴った先輩が同じ高校にいたとは予想外でした。)それでも部活動を辞めなかったのは、辞めるのが面倒だったからということと、一緒に入部した友達が辞めなかったからです。

 でも辞めなかったおかげで、いいこともありました。恐いと思っていた先生や先輩が実はいい人だったことを知りました。楽器の方もよくわからないけど、それなりに上手くなりました(と思います)。吹奏楽だけでなく部活動って人間関係を作っていく良い機会でもあるのです。

 練習していると嫌なことは必ずあります。場合によっては練習が厳しすぎるなんてこともあるでしょう。でも辞めたら何にもなりません。私の場合、動機はいい加減でしたけど、続けたおかげでたくさんのものを得ることができました。一人一人がしっかりしないといけないと同時に、仲間も大事にしなくてはならないということです。このことは社会に出てから役に立つと思いますよ。

←よろしければクリックしてください。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【社会人バンドの活動目標は?】へ
  • 【「旅立ちの日に」・「なごり雪」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。