スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←笛の場合、「小は大を兼ねる」かな… →アマチュア指揮法講座~変拍子をどう振るか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート全般

ピッコロとフルートのダブルケースが欲しい…

 ←笛の場合、「小は大を兼ねる」かな… →アマチュア指揮法講座~変拍子をどう振るか
 3月7日(日)の市民音楽祭の演奏で「私の35日間・4回の本番ツアー」は終了しました。あ~疲れた。新品の楽器を慣らしながら本番の演奏というのは、なかなかに神経を使います。演奏以外で面倒だったのは、楽器を出すことと仕舞うことでした。フルートだけ吹いていた時の倍以上の時間がかかります。

 今までもそうでしたが、私は楽団の練習の前に楽器屋さんに行くことがよくあります。練習場の近くのパーキングにクルマを置いて電車で行くんですが、楽器以外のものはクルマに置いておくとしても、楽器はクルマに置きっぱなしにはできません。アルティエリのフルートバッグにピッコロとフルートと譜面台、楽譜、指揮棒、チューナー、録音機材、楽器スタンド等を入れるのも結構手間がかかります。オールインワンは便利なんですけどね。(しかし、よくこんなに入るもんだと思うのですが、整理して入れないと入らないので面倒なんです。)このバッグで銀座には行けないなあ…。でかすぎて、と思っている私でした。「面倒だ」と思うと、つい楽器屋さんに行く時に「もっと楽できるバッグはないか」と考えてしまうのが私の悪いクセです。

 ピッコロとフルートの二刀流は、これからもしばらく続きそうですし、なにげなくインターネットを見ていると、おお、あるある。まずはピッコロとフルートのダブルバッグです。私がいいなと思ったのはこれです。今使っているアルティエリの1/3ほどの大きさで掃除棒やら何やらも入ります。楽団の練習の時は、他の荷物もどーんと増えるので楽器だけが入ればいいんです。他にはこれもありました。

 それから、うちの楽団のクラリネット吹きの人が、B♭管とA管のダブルケースを買ったので、これと同じようなケースはないかなと探しました。そんなに都合のいいピッコロとフルートのダブルケースなんかないよなあ…と思っていたら、ありました。なんとパールフルートから出ているではありませんか!これです。「灯台もと暗し」とはこのことではないの!ダブルケースにケースカバーを付けて¥16,275也。これはいいなと思いました。でもこのケースカバー、ショルダーストラップ付いているのかなあ…。

 そんなことを思っていたら、マエスタを注文した時に、わざわざ木製のケースにした意味がないじゃない!その事に気づいてしまった私でした。マエスタのケースカバーはショルダーストラップが付いていないので、アルティエリのバッグに入れて運ぶ時はいいんですが、マエスタだけで持ち運ぶためには、別にショルダーストラップの付いているケースカバーを買わなくちゃなと思ってました。そしてピッコロの方はケースカバーがないんです。そうすると無難なところは、ダブルケースカバーを買う事かな…。まずは、このために銀座に行ってみましょうか。銀座ヤマハも新装開店したことだし。この後、しばらく本番のない、ちょっとのんびりした私でした。

←よろしければクリックしてください。 
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

パールのダブルケース 

おはようございます。

本文で紹介されているパールから発売されているダブルケースを持っています。

購入の理由はピッコロとフルートを別々に持ち歩くのが手間なのと別々のケースにしまうと時間がかかることもあり、購入したんですが・・・
このケース、結構重いです。(T_T)
ただ結構な長さのショルダーストラップがついており
斜め掛けすることができるので、持ち歩きはそんなに苦労はしません。

ちなみに、ケース内はスペーサー等でC管とH管を切り替えて持ち運べる利点がありますが、もともとパールのフルートに合わせて作っているので、私のフルート(もちろん他社製ですが)の場合
胴部管の高さが足りず、Bキーとブリチアルディキーの支柱があたる部分に高さを調整するものを貼り付けたり、頭部管が上手く入らなかったので、間仕切りを若干ずらすなど、パールフルートギャラリーの方にしていただきました。
ピッコロはヤマハのPC-81ですが、上手く収まっております。
もし購入されるなら参考になさってください。

ところで、最近、中古のアルタスA907Eを手に入れました。
昔、試奏したときには魅力を感じなかったのですが
この楽器を吹いたときに今までの印象がうそのようで
良い響きがするなぁと感じたんです。
製造年数がわからないのですが、結構古い感じ(製造番号が4桁)でした。
メインのフルートに嫌われないようにしないとダメだなと思いつつ
吹き方がかなり内向きに吹かないとダメなので、奏法を崩しそうで若干怖いです。
内吹きと外吹きのフルートを両立させるコツなど無いでしょうか?(><)

Re: パールのダブルケース 

たくさん

 おお、パールから発売されているダブルケースをお持ちなのですね!

 ケースカバーにショルダーストラップが付いているんだったら、真剣に考えたいと思います。私の場合、フルートはマエスタだったら、ぴったりでしょうが、アルタスのH管が入るかどうかですね。今度ギャラリーに行って試してみます。

 内吹きのフルートと外吹きのフルートの吹き分け方なんですが、私はフルートを構えた時に手の角度が同じで歌口が内と外になるように、頭部管と胴部管の角度に差を付けてます。問題は歌口に当たる下唇の感覚がフルートによって違うんですが、ピッコロはもっと違うので、あとは慣れるしかないと思います。

 私の場合、アルタスをかなり内吹きで吹くと、唇からずり落ちてしまうような感覚がありましたので、アルタスを「チョイ内吹き」で吹けるように楽器を調教しました。私のアルタスは、なかなか言う事を聞かない奴でしたが、アルタスの新品を試奏した時、この「チョイ内吹き」で吹きましたが、普通に音が出ました。アルタスは「外吹き」だと全然ダメですが、このくらいなら大丈夫そうです。ちなみに私の「チョイ内吹き」は、キーの中心線から、歌口の息を当てるエッジを少し外側にした位です。

 

ありがとうございます 

吹き分け方で試行錯誤しているので
内容拝見し、自分が思っているやり方とほぼ同じだったので
心強い思いです。

今の状況はたかさんも書かれているように手の角度は同じようにせねばと思い、頭部管の角度をおもいっきり内吹きに近い(キーの中心線と頭部管の外側のエッジが重なるように)位置にして吹いていましたが、ピッチが低く(-10くらい)音色も曇ったような雰囲気に感じました。
また、キーの中心と歌口の中心が重なるように変更すると今度はピッチが高く(+10くらい)になりましたが、音色は自分の好み(輝かしく、深みがあり、倍音の含まれた)になっていました。
今は自然とフルートを回してしまっていて、手の動きが若干ぎこちなくなることと音色は倍音の成分と深みが消えてしまい、輝かしい音色だけになってしまっています。

次に吹くときは手の角度を変えず、キーの中心線と歌口の位置を確かめて、慣れていくようにします。

音色&音程は中々奥深く、一人で悩みやすいのでアドバイスを受けると助かりました。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます 

たくさん

私の助言(というほどのものでもないです)が、ご参考になったようで嬉しいです。実は私、今日は休暇をいただいていたので、午後、早速パールフルートギャラリーに行ってきました。

たくさんのアドバイスを読んで、私の楽器に実際に合うかどうか試そうと思ったのです。この話は長くなるので、後日、記事にしてアップしますが、ギャラリーに行って良かったなと思ってます。

私の新しいフルートもたくさんのアドバイスがあったからこそ、自分に合った楽器が見つけられたと思ってます。「ギブアンドテイク」ということで、今後もよろしくお願いします。

 

こんばんは

フルートケースの話を参考にしていただき嬉しいです。

パールフルートギャラリーに行かれたのですね
またその際の話、楽しみにして待っております。

私の拙いアドバイスで
たかさんが少しでも参考になればありがたいです。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

お疲れさまです。 

 お久しぶりです。
 たかさんも「コンサートツアー」(おぉ、この語感が堪らないですな)が終わったようで、お疲れ様でした。
 僕も無事に「トロンボーン・デビュー」を果たしました。ずい分気を張ってたせいか、終わったら風邪を引いてしまいました。

 演奏会が終わると、楽器周辺の整理をしたくなりますね。僕なんかは、楽器そのものが変わったのでテンヤワンヤです。今までのフルート用のものをどうするか、新たなトロンボーン用のものをどうするか、悩みは尽きません。
 フルート2本だけは、シッカリとケースカバーを買って、神棚に鎮座してますけどね。時々は吹かないといけないですよね。

また、お邪魔します。

Re: お疲れさまです。 

ship-papaさん

 「トロンボーン・デビュー」お疲れ様でした。

 >僕なんかは、楽器そのものが変わったのでテンヤワンヤです。

 そうでしょうね。お察しします。「コンサートツアー」というのは、いい響きでしょ。今回は埼玉県の東部三か所と都内の一か所でコンサートでしたから。なんかプロになった気分です。以前には、埼玉と栃木と京都のツアーなんかもありましたねえ。その前は、あのサントリーホールで、演奏とか!場所や聴衆が違ってもコンサートはいいもんです。

 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【笛の場合、「小は大を兼ねる」かな…】へ
  • 【アマチュア指揮法講座~変拍子をどう振るか】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。