スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←実力相応か実力以上か、どちらのフルートを選ぶか、それが問題だ →フルートオーケストラの編成を考える
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

フルート・奏法

吹き方の修正はどうしていけばいい?

 ←実力相応か実力以上か、どちらのフルートを選ぶか、それが問題だ →フルートオーケストラの編成を考える
 最近の一連の記事で、フルートの「内吹き」と「外吹き」、それに関した頭部管の抜き差しのチューニングについて、お話ししてきました。私のお話は、過去の経験に基づいての話です。体験談としてお読みいただければ、ありがたいです。

 さて、その中でフルートの頭部管は3ミリ~6ミリがベストということを述べさせていただきました。これはフルートの設計上、その位の方がトーンホールの位置との関係で音程が良いのです。相当な気温の変化を考えても10ミリ以上抜くと、音程や音色に悪い影響が出てしまいます。そこで、どうすれば修正できるのかということになります。今回はそのお話です。

 頭部管を10ミリ以上抜かないと442Hzにならない原因は、歌口で442Hzのピッチが作れていないということに尽きます。頭部管だけでの練習を否定する人もいますし、その理由もわからなくはありませんが、この点に関しては、まず頭部管だけで吹いてチェックしたほうが効率が良いと思います。

 フルートは息のスピードが上がるほどピッチが上がるので、息のスピードの上がらない初心者のうちに作ったアンプシュアのまま、息のスピードを上げると当然ピッチが上がります。吹奏楽のフルート出身の人が、頭部管をたくさん抜く人が多いのは、息のスピードの遅い初心者のうちからピッチを合わせることを要求されるためでしょう。フルートに限らず、
 管楽器は息のスピードと量を適切にコントロールすることで音が合うのです。

 初心者の段階でチューニングに気を使い過ぎるのは考えものです。ただ、耳も鍛えないといけないので、その兼ね合いが難しいのですが、私が初心者に指導する時は、「ピッチが低いから、○○に気を付けて吹いて」と言います。決して「ピッチが低いから管を入れて」とか「ピッチが高いから管を抜いて」などとは言いません。もちろん抜き過ぎていたり入れ過ぎていたら注意しますが。この間は、「以前、屋外で吹いていた時のように吹いて」と言ったら音が合うようになったこともありました。

 さて、フルートの場合、息のスピードが上がってきた時に頭部管を抜くのではなくて、唇をかぶせ気味にしてピッチが上ずらないようにします。当然息のスピードの速い高音域ほど、かぶせ気味にします。(唇と歌口の距離「偏心距離」は変えません。以前の記事・図③参照)これをしないまま、息のスピードを上げて音量を出そうとすると、上ずってしまうのです。

 実際の練習はどうしたらいいのかというと、ソノリテを使って練習するのが一番です。フルートの頭部管を適正位置に保ちながら、チューナーを使って、どのくらいかぶせたら正しいピッチが出るのかを確認します。もちろん、チューナーばかりを見ないで、耳の感覚でも覚えます。アンプシュアを覚えたらそのアンプシュアで吹いて見て、ピッチが合っているか、チューナーで確認したりします。フォルテでやったりピアノでやったり音量の変化をつけてもピッチの変化がないように気をつけます。

 この時の頭部管の適正位置ですが、いきなり変え過ぎないようにします。例えば10ミリ抜いていたら8ミリ位でやります。ある程度慣れたら今度は6ミリと、せいぜい2ミリずつ位の変化で押さえるようにします。10ミリ抜いているのに、いきなり3ミリにしたりすると、唇が混乱してしまいます。これと同じ理由で「外吹き」にしていたのを、いきなり「内吹き」にしたら、絶不調に陥ることもあります(人によっては大丈夫という人もいるかもしれませんが)。「外吹き」を「内吹き」に修正しようという場合も同じで、少しずつ変えていくのが大事です。

急がば回れ・急いては事を仕損じるです。

 なお、「外吹き」でも、頭部管の位置が適正範囲内で良い音が出ているなら、「外吹き」を変える必要はないと思います。私の場合、アルタスは楽器そのものが「内吹き」を求めてますので、チョイ「内吹き」で、おおむね3ミリほど抜いてます。ヤマハにサンキョウの頭部管を挿した時は、「外吹き」で7ミリ抜きです。マエスタは、アルタスとサンマハの中間位のポジションですが、頭部管を抜くのは3ミリほどです。楽器によっても奏者によっても、適正位置が違うと思いますので、自分に合った適正位置を見つけられるようにします。

←よろしければクリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

 

私自身は冬も夏もあまり抜きしろを変えることはないのですが
抜き幅で音色が変わるというのは知りませんでした。
今度試してみよう^^;
どっちかというと、気持ちや体のコンディションで息のスピードが変わるたちのようで(これもどうかと思う)
ピッチはその時の自分自身を映す鏡のようです^^;;;

笛は簡単に唇や息の向きで音程が変わるので、チューニングの時よっぽど合わない時以外いちいち抜いたり入れたりしませんよね。
(でも多少いじるポーズはします^^;)
あのB♭の音だけを延々合わせるのが最近苦痛で(笑)

 

とてもわかりやすい説明で参考になりました。ありがとうございました。最近、先生からは、音に合った息のスピードと流れの注意をよくうけています。私の浅慮ですが、どうもフルートというのは、3オクターブ分のそれぞれの音にマッチする吹き方があるようですね。1つの音とそれに対応する吹き方が1つあるようで、イメージと違って、なんだかとてもデジタルな感じがします。そういう目でプロの奏者の演奏をアップでみると、実に忙しそうにいろいろやっておられるので、なるほどなあと思います。もっとも、なにかわかったような気がすると、先生から、「やりすぎです」との注意を受けるので、これもほどほどに気をつけたいと思います。

Re: タイトルなし 

gou56さん

> とてもわかりやすい説明で参考になりました。

 それはとても嬉しいです。

>どうもフルートというのは、3オクターブ分のそれぞれの音にマッチする吹き方があるようですね。

そうなんです。ただ吹き方をあまりにも変えると、先生がおっしゃるように「やり過ぎ」になったりします。ある音から別の音に移る時に、必要最小限の変化で移れないと速いパッセージを吹く時に困ったりしますから、そこが微妙なところです。

 フルートの吹奏(演奏ではありません)っておっしゃるように、デジタルっぽいところがありますので、フルートを吹けるロボットとかも研究されてます。結構いい音を出すらしいですよ。人間にしかできない演奏を目指したいですね。

Re: Re: タイトルなし 

シラスマさん

フルート吹きでもいろいろな方がいらっしゃるようで、一年通じてあまり変えない人もいれば、結構変えている人もいるみたいです。私も変えない方なのですが、時々変えないとコントロールできなくなる時があります。そういう時だけはちょこっと変えます。

笛師匠から全部入れてピッコロを吹けと言われた時は参りましたが、コントロールの幅を広げるには良かったかもしれません。冬はいかにしてピッチを上げるかに苦労するので、下げるのに苦労したのは、その時が初めてですから。

> 抜き幅で音色が変わるというのは知りませんでした。今度試してみよう^^;

これは、楽器と奏者によって違うかもしれません。アルタスは抜き過ぎるとてきめんに音がくすみます。マエスタはあまり変わらなかったと思います。でも試してみると面白いかもしれません。15ミリほど抜いてH管にしてみては、いかがでしょう(笑)。あ、シラスマさんのマエスタはH管だから、最低音はB(ベー) ですね。もしかすると結構音が変わるかもしれませんね。実験したら、どうだったか教えてくださいね。

> あのB♭の音だけを延々合わせるのが最近苦痛で(笑)

私も苦痛なので、私は延々B♭の音だけを合わせることはしませんよ。そればっかりやっていると他の音が合いませんから(笑)。

 

突然ですが教えてください
立って吹くと腹圧の調整がしやすくて高音が出しやすくなります。
ところが椅子に座るとちょっと難しくなってしまいます。
演奏会では座って演奏してますけど、こつは何でしょうか?

Re: タイトルなし 

河童さん

 ようこそおいでくださいました。

 実際に吹いていらっしゃるところを見ていないので、正確なところはわからないのですが、可能性として考えられるのは、

 ①座った時に骨盤が寝てしまう。
 骨盤を立っている時と同じ角度にしておくと、横隔膜を支える筋肉が使いやすくなります。猫背も横隔膜が使いにくくなります。背骨がまっすぐになっているかも確認してみてください。

 ②座った時の足の位置が悪く、重心が上がってしまう。
 椅子に浅めに腰掛けて、いつでも、すくっと立てる位置に足を置いておくことを心がけます。足を投げ出していると、腹圧が弱まります。

 ③椅子に座るとそれだけで力が入らなくなる。
 ちょっと乱暴ですが、椅子に座って足上げ腹筋をしながら吹いて見ると、案外しっかりした音が出たりします(実験済みです)。

 ④譜面台をついつい見て、視線が近くになり音が飛ばなくなる。
 立っている時って、譜面をちゃんと見ることができないため、案外、視線が上で音が飛ぶものです。座って吹いていても顔を上げて視線を遠くにするだけで、よくなったりします。

 今のところ、思いつくのはこのくらいです。確認してみてください。ご参考になれば幸いです。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【実力相応か実力以上か、どちらのフルートを選ぶか、それが問題だ】へ
  • 【フルートオーケストラの編成を考える】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。